大阪市稲田真優子死亡

稲田真優子さんのインスタ顔画像「ナチュラルメイクの美人」大阪市

大阪市稲田真優子死亡

14日午前10時40分頃、大阪市北区のビルにある「カラオケパブごまちゃん」で、オーナーの稲田真優子(いなだまゆこ)さん(25)が亡くなっていたのが発見されました。

稲田まゆこさんの胸には刺し傷、首には複数の切り傷があり、血まみれの状態でした。犯人に関する情報はありません。

稲田真優子さんのインスタはあるのでしょうか。「ナチュラルメイクの美人」に迫ってみました。

 

稲田真優子さんのインスタ顔画像「ナチュラルメイクの美人」

亡くなった稲田真優子さんの顔画像は、テレビなどでも公開されています。

 

写真:Yahoo!ニュース

25歳らしい若々しさが感じられます。

 

写真:infonews

ノリの良さも感じられますね。

亡くなった稲田まゆこさんのインスタを探してみましたが、見つかりませんでした。
そこでお店の名前「カラオケパブごまちゃん」で検索すると、すぐに見つかりました。


目を隠す加工がされていますが、名札をしていることから、左が稲田真優子さんであるとわかります。

 

左にいるのが稲田真優子さんでしょう。ノリの良さが伝わります。

カラオケとお酒を楽しむお店ですが、要請に応じてカラオケもお酒も中止していました。

お酒を出せませんが、お客様に来ていただけて、感謝しています。
いつか「カラオケバーなのにお酒もカラオケも中止してたんですよ!!!!」って大笑いしましょうね。

いつか「カラオケバーなのにお酒もカラオケも中止してたんですよ!!!!」って大笑いしましょうね。って投稿するポジティブさも稲田真優子さんの魅力のひとつです。

 

写真は「ブルーキュラソーのクリームソーダ🐳💙」
ノンアルコールです!!
ドリンク全てにアイスクリームのトッピングができます☆

 

最近は『喫茶ごまちゃん』!
ノンアルコール営業となりフードにもチャレンジしています。
本日土曜日は「ナポリタン」でした!明日は「たこ焼き食べ放題」です

稲田真優子さんは要請の解除をただ待っているのではなく、ノンアルドリンクを工夫したり、フードにチャレンジし、たこ焼き食べ放題も企画しています。

”お客様に喜んで頂く”おもてなしの心を持っていたのです。

ところどころに”ゴマフアザラシ”のぬいぐるみが映っているので、ゴマフアザラシが好きなかわいらしさも垣間見えます。

調べてみると「まゆ太郎」の名前でInstagramをやっていることが分かりました。

ほぼお店のインスタと同じ内容の投稿ですが、アイコンの写真を見ると「ナチュラルメイクの美人」であることがわかります。

稲田真優子さんのTwitterも見つかりました

インスタにツイッターのアカウントも書いてあるので、Twitterも見てみましょう。

 

一緒に働くスタッフのブログもリンクして紹介していて、お客様の「この子はどんな子?」に応えています。

稲田真優子さんは美人であるのに、それをウリにするのではなく、魅力あるスタッフが揃うお店にしていたのです。

Twitterにも「まゆ太郎」の名前のアカウントが見つかりました。

2021年1月にお店をオープンさせたばかりでした。25歳と若いのに、お店をオープンさせるのは経営のノウハウがあったのでしょう。

ツイートを見ると稲田真優子さんは、食べ歩きをよくしているようです。

食べ歩くのは高級なものじゃなくて、庶民的なもの。「おいしかった。」のツイートがあるので、なんでも、おいしそうに食べている様子がうかがえます。

食べ歩きの経験を活かして、おいしいものをお店で出せるようにと自宅でも料理をしていました。かわいらしくて、ノリが良くて、おいしいものが好きならば、稲田真優子さんのファンになるお客様も多かったでしょう。

時に忘れがちな”お客様に喜んでもらうこと”をしっかり見据えていた女性でした。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました