熱海土砂崩れ

「熱海土砂崩れ動画と原因」

熱海土砂崩れ

7月3日午前、熱海市伊豆山で土石流が発生しました。

降り続いた雨が原因と言われています。

被害を受けた建物は約130棟127世帯にのぼり、2人が死亡しています。

これまでに19人が救助されていますが、いまだ被害の全容がわかっていません。

 

404 NOT FOUND | シマリスの新聞斜め読み
気になるニュースを深堀します

 

熱海市土砂崩れ「メガソーラーとの因果関係を指摘の声」
7月3日に熱海市で土砂崩れのために土石流が発生し、2人の方が亡くなりました。土砂崩れの原因は大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設のために、木々が伐採され、山が削られたことが原因ではないかとの声が上がっています。熱海市土砂崩れ「メガソーラーとの因果関係を指摘の声」について深堀します。

 

熱海土石流の原因は盛り土だった!「めざまし8で専門家が指摘」
7月3日に発生した熱海伊豆山の土石流。台風でも地震や火山の噴火でもなく土石流が発生したのは、なぜなんでしょうか。 原因は盛り土だったと、7月5日放送のフジテレビ「めざまし8」で専門家が語りました。詳しく紹介しましょう。
河合弘之が土石流起点の土地所有者の代理人「脱原発を唱える逆襲弁護士」
7月3日に発生した熱海伊豆山の土石流災害。4人の方が命を落とし未だ64人の行方が分からず、夜を徹しての捜索活度が続いている7月5日に、土石流の起点となった土地の所有者の代理人である河合弘之弁護士が、JNNの取材に応じました。この河合弘之弁護士は「脱原発を唱える逆襲弁護士」だったのです。詳しく紹介しましょう。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました