沖縄緊急事態宣言延長

沖縄の緊急事態宣言延長「沖縄の経済がヤバイ」

沖縄緊急事態宣言延長

沖縄県に発令されていた緊急事態宣言の期限が迫った7月7日に、沖縄県は「まん延防止措置」への切り替えを国に要請しました。

それにもかかわらず、国は8月22日までの緊急事態宣言延長を発表しました。

「沖縄の経済がヤバイ」の声がたくさん聞かれます。いかに「沖縄の経済がヤバイ」のか深堀します。

 

緊急事態宣言延長で沖縄の経済がヤバイ

kenncyo

写真:沖縄県庁

沖縄県の緊急事態宣言延長は、誰もが予想していませんでした。

沖縄県の新型コロナウイルスの感染防止対策は、まん延防止等重点措置へ移行するはずが、急転直下、緊急事態宣言の再延長方針が固まった。

引用:琉球新報

沖縄県はまん延防止措置への切り替えを国に要請していましたが、県の意向を無視して国が決定したことになります。

国としては、オリンピックが原因で感染拡大を招いたという批判をかわすために、オリンピック期間+2週間の幅を持たせたのでしょうが、なぜ沖縄が東京と同じように緊急事態宣言の延長となったのか、説明が十分ではありません。

そのため各方面から、緊急事態宣言延長に反発する声がたくさん聞かれます。

 

沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長は「残念としか言いようがない」と肩を落とす。緊急事態宣言が解除されワクチン接種が進むことで、8月の入域観光客数は50万人まで回復すると見込んでいたが大幅な減退は避けられない状況だ。「延長には反対だ。政府方針を変更してほしい」と話した。

 

県内で複数のホテルを展開するかりゆしの恩納村のホテルでは、7月22日からの4連休で、予約率が70~80%まで伸びる施設もあった。8月の予約率は3~4割程度で、宣言が解除されればさらに伸びる見込みだった。玉城智司社長は、「夏を逃せば、今年度は厳しい。一番大事な時期で大打撃だ。どういう判断なのか」と戸惑った。

 

県レンタカー協会の白石武博会長は、「冗談じゃない。みんなで協力して新規感染数も減らしてきているが、どういう根拠なのか」と憤った。

引用:琉球新報

沖縄の経済は観光業が占める割合が高いので、緊急事態宣言が延長になると多方面に影響が出ます。

沖縄緊急事態宣言延長で【沖縄の経済がヤバいの声】

Twitterでは、沖縄の経済がヤバイの声が溢れていました。

 

tweet1

新規陽性者数と重症者数は低下。 死亡者数と実行再生産数(一人が何人にうつしたか)が横ばい。 実行再生産数に至っては、ここしばらくは1人台。 これで何故、緊急事態宣言を延長する必要があるのか? まさに全体主義国家! 「沖縄の声無視」と批判が上がるのは当然。

 

tweet2

沖縄、これで8/22まで緊急事態宣言延長で、夏の稼ぎみんなぶっ飛ばされてしたがうんかな。普通に生きていけないでしょ。

 

tweet3

 

沖縄は蔓延を観光や飲食店の為に国に要望したら国が緊急事態宣言にしたのか、沖縄県知事の言葉も届かない 政府は何を考えているのか 目先のオリンピック強行しか 考えていないように見える。 もう従う事が厳しい店舗の補償もはっきりしない。 こんな独裁政府など無くなれ!

 

tweet4

緊急事態宣言、「またか」 落胆と諦め、航空も失望大きく 小売り・飲食。沖縄が終わってしまいます。

 

ukui

 

沖縄のみんな! とんでもねーぞ!緊急事態宣言はウークイまでだぞ!

ウークイとは沖縄のお盆のことです。沖縄は先祖をとても大事にするので、お盆には遠方で仕事をしている人たちも帰省し、先祖を供養します。沖縄ではお正月よりも重要視されている行事で、この日まで延長となると、影響がハンパないことがわかります。

 

緊急事態宣言延長で保障は【耐えられないの声続出】

5/22までのまん延防止措置に伴う時短要請に対する協力金は、6/1から受付となり、7/6時点で支払われた件数は申込件数の53%程度です。

協力金は売上の100%を保障されるわけでもなく、支払いまでに日数がかかるのであれば、資金繰りに苦労することになります。

5/23以降の休業要請に対する協力金は申請がスタートしていません。

また、協力金の対象外となる飲食店やその関連企業も多いのが現状です。

  • 屋台、弁当屋、パン屋、ケーキ屋、デリバリーやテイクアウト、飲食店以外
  • 以前から休業中の場合
  • 酒類、食材の卸業ああ
  • 土産物店など

これらは協力金の対象ではありません。

休業要請されず、営業することに規制がないお店でも、売上は下がりますし、アクリル板の設置など感染対策の経費はかさんでいるにも関わらず、協力金の対象ではありません。

 

ネットでは、このままでは持ちこたえられないの声がたくさん見つかります。

iejima

7月12日から沖縄に夏がやって来る!!とゴールデンウィークからずーーーーっと待っていたのにこの仕打ち。どう持ちこたえよう。心が折れます。

このツイートをしたのは、伊江島のビーチで飲食店を経営する人です。ずっとお客さんの来ないお店で、夏になれば!と歯を食いしばって頑張ってきたのに、宣言の延長です。この飲食店は新規開店のため、協力金の対象外なのです。

 

飲食店を多数経営する会社のブログには

blog

・時短協力金は年末から実施されています
・時短協力金は今年2月までで止まっています。
・それ以降は入金されていません。
・休業をし売上0円ですが毎月何百万と支払いはあります。
・税金の支払いもキッチリあります。
と書かれています。この企業の協力金がなぜストップしているのかは、わかりません。
協力金が遅いから、協力金ではお店の維持費が足りないからなどの理由で、要請に応じたくても応じられずに通常営業をしているお店もあります。
通常営業しているお店に人が殺到してしまい、密になって感染を広めている可能性もあります。

緊急事態宣言延長で沖縄の風景が様変わりしている

沖縄では、美ら海水族館や首里城の有料区域など、観光スポットが臨時休業しています。
churaumi
県や市の博物館や図書館などの施設も臨時休業しています。
churasunbeach
写真:美らSUNビーチ
ビーチも閉鎖しているところが多いです。
もともとお酒を提供していない飲食店も臨時休業しているところも多いので、食事をすることもままならず、街を彷徨っている人も多いのです。

 

県庁前交差点に面したお土産店が閉店となり、コロナ検査センターに変わっていました。

 

写真:2021年6月の栄町

 

お酒のお店が軒を連ねる栄町もシャッターが閉まっているお店が多く、怖いくらいです。

 

コロナはいずれ収束するでしょう。しかし、沖縄の街が様変わりしてしまって、魅力が損なわれるのではないかと危惧します。

 

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました