東京オリンピック2020

渡名喜風南(となき・ふうな)のインスタ特定「強い目力に沖縄らしさ」柔道銀メダル

東京オリンピック2020

柔道48kg級で渡名喜風南(となき・ふうな)が銀メダルを獲得しました。

渡名喜(となき)という姓は珍しいですが、これはご両親が沖縄の南風原町(はえばるちょう)の出身だからです。

渡名喜風南はInstagramを使っているのでしょうか。

渡名喜風南(となき・ふうな)のインスタ特定「強い目力に沖縄らしさ」に迫ります。

渡名喜風南のインスタ特定「強い目力に沖縄らしさ」

渡名喜風南はインスタのアカウントを持っています。

tonakifuna

ほぼ、柔道に関することばかりです。オリンピックが1年延期になり、マスクをしてのトレーニング風景など、柔道漬けの日々だったことが良くわかります。

funainst

 

tonakifuna-face

tonakifuna-face2

目力が強くてカッコイイですね。

渡名喜風南は神奈川出身ですが、ご両親は沖縄の出身で、沖縄の人らしい目力の強さが感じられます。

沖縄出身のタレントは目力が強い人が多いです。

例えば、黒木メイサ。

kurokimeisa

例えば、仲間由紀恵。

nakamayukie

黒木メイサも仲間由紀恵も、キリっとした眉と目元が特徴的です。沖縄出身のほかのタレントも目力の強い人がたくさんいます。安室奈美恵、満島ひかり、山田優、二階堂ふみなどなど。沖縄出身のタレントには、独特の目力があります。渡名喜風南も目力が強くてカッコイイです。

 

渡名喜風南のインスタはほとんどが柔道に関することですが、2枚チューリップの写真がありました。

funa-flower

渡名喜風南はお花が好きなところもあるのでしょうか。時にお花を見てホッと一息ついて、気持ちを切り替えていたのでしょう。

渡名喜風南のネイルの写真もありました。

nail

25歳の女性らしく、ネイルを楽しんでいるわけではありませんでした。

投稿されているコメントには

私の姉が”アスリートネイル”という資格を取りました!
私は爪が割れやすいので、姉に爪のケアをしてもらっています。自爪を強くするためや綺麗な形をキープできるように等の理由で、私はケアしています!
とあります。
渡名喜風南の爪が割れてしまっては、柔道で相手と組む時に支障が出るので、爪を強くするケアを行っているのです。なにもかも、柔道に結びついているのですね。

渡名喜風南の決勝戦の様子

渡名喜風南は大健闘しましたが、決勝戦で惜しくも敗れ銀メダルとなりました。

 


素晴らしい銀メダル、おめでとうございます。

渡名喜風南としては敗れて手にするメダルなので、複雑な思いがあるようです。畳を降りてから泣き崩れる姿に胸が詰まります。

渡名喜風南の柔道に対する真摯な姿勢がインスタからも伝わりました。素晴らしい健闘を称えます。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました