硫酸事件

硫酸事件の犯人未だ逃走中「加害者は一方的な恨みを抱えていたか」白金高輪駅

硫酸事件

8月24日午後9時ごろ、東京港区の白金高輪駅で「硫酸事件」が発生しました。被害者の会社員の男性(22)と女性(34)が顔や足などに火傷を負い、病院に搬送されました。

犯人の顔写真が公開されたものの、未だに犯人は捕まっていません。

硫酸事件の犯人未だ逃走中「加害者は一方的な恨みを抱えていたか」を深堀します。

 

硫酸事件の加害者の恨み予想1:イケメンを妬んだ

警視庁は早々に加害者の写真と服装を公開しています。ですが、未だに加害者は捕まっていません。

ryuusanotoko1

「容疑者の男は30~50代ぐらいで、身長約175センチの小太り。黒色のポロシャツと長ズボン、スニーカーのいでたちで、黒いキャップに白色マスク姿ということです」

ryusanotoko2

硫酸によってケガをしたのは、22歳の男性と34歳の女性ですが、警察は22歳の男性をターゲットにした可能性が高いとしています。

「22歳の男性をターゲットにしていた可能性が高いと捜査本部は見ています。男性が勤務先近くの赤坂見附駅から乗車して白金高輪駅で降車して犯行に及ぶまで、地下鉄内では容疑者が同じ車両に乗車していたことがわかっています。エスカレーターで追い抜き犯行に及ぶ際には、右手だけ手袋をはめており、両手ではないところからある程度、硫酸の扱いに慣れている風にも見え、実行犯とは別に指示した人物がいるという見立てを捜査を担当する警視庁捜査1課はしている模様です」

引用:デイリー新潮

加害者と被害男性の関係については、報じられていません。

加害者の目的は何か、なぜ被害に遭った男性は狙われてしまったのか、Twitterでは様々な憶測が飛びかっています。

特に多いのが被害男性がイケメンだったので狙われた説です。

硫酸かけられた人、イケメンなのかなぁ
加害者が男性の顔めがけて硫酸を掛けていることから、男性の顔にダメージを加えようとした可能性があります。
ですが、赤坂見附駅から白金高輪駅まで同じ電車に乗っているので、イケメンなら誰でもよかったわけではなく、イケメンかもしれない被害男性を狙った可能性があります。

硫酸事件の加害者の恨み予想2:恋愛関係

ryusan-hannkou
写真:犯行イメージ
被害に遭った男性は赤坂見附駅近くの勤務先を出て、男性は白金高輪駅で下車しています。午後9時ごろに発生しているので、男性は帰宅しようとしていた、白金高輪駅周辺に住んでいたと考えられます。
イケメンで金持ちの男性を狙ったとも考えられるので、恋愛関係のトラブルではないかと推測するTwitter民もいます。
犯人の年齢は写真や靴から20代後半から30代と予想。
恋愛関係の
恨みのような気がする。彼女寝取られたetc…
はっきりと女性を取り合ったことがあれば、被害に遭った男性も心当たりがあるでしょう。横恋慕や逆恨みだと被害男性には心当たりがない可能性もあります。

硫酸事件の加害者の恨み予想3:仕事がらみのトラブル

事件当日に加害者の男が、男性の勤務先周辺をうろついていたとの報道もあります。
赤坂見附駅近くにある男性の勤務先周辺で、男がうろついていたとみられることがわかりました。
このことから仕事がらみの恨みではないかと、推測するツイッターも見つかります。
金銭か会社の取引での恨み
加害者の男が男性の勤務先周辺をうろついていたとの報道から、加害者の男は男性の勤務先を知っていたことになります。
akasakamituke
写真:赤坂見附駅
赤坂見附駅周辺は、ホテルや飲食店もたくさんありますが、オフィス街でもあり、大小さまざまな企業がたくさんあります。
加害者の男はテキトーに網をかけたのではなく、男性の勤務先を特定し、男性が勤務を終えて出てくるのを待ち構えていた可能性があります。
ツイッターでは意味不明な恨みと指摘する声もあります。
どこで誰から意味不明の恨みを買うかわからんから、知人とは限らない
明確に被害に遭ったのであれば、警察や裁判所に相談すればよいことです。そのようなことが報じられていないことから、被害男性に心当たりのない意味不明な恨みの可能性もあります。
被害男性は「目が痛い」と訴えて、全治6か月と報じられています。被害男性のケガが早期に回復することを祈ります。
【情報提供】 警視庁高輪警察署 03-3440-0110
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました