東京女子高生行方不明事件

小森和美の生い立ちが悲惨「男に依存するサイコパス」東京女子高生行方不明

東京女子高生行方不明事件

東京都内の女子高生の鷲野花夏(かな)さんが行方不明となり、最悪の状態で発見された事件で、8月31日に、小森章平と小森和美の夫婦が逮捕されました。

マスコミ各社が新しい情報を出していますが、未だに謎が多い事件です。

小森和美(いずみ)の生い立ちについて、調査をしました。

小森和美の生い立ちが悲惨「男に依存するサイコパス」を深堀します。

※小森和美の中学時代の文集が公開されましたので、追記しました。

※小森和美容疑者が「前夫からDVを受けていたのはウソ」を追記しました。

小森和美の生い立ちが悲惨「学生時代から不思議ちゃん」

komorikizumi3

小森和美は夫の小森章平とツイッターで連絡を取っていた鷲野花夏さんに嫉妬して、鷲野花夏さんに手をかけたと供述しています。

小森和美は、夫の小森章平を愛していたから嫉妬したのでしょうか。

小森和美の生い立ちを知ると、夫を愛していたわけではないことがわかります。

小森和美と小・中学校の同級生は、「恋愛とか彼とかの話は聞いたことがなかった。親しい人が離れてしまうことに対する執着心を感じる。」と話しています。

小森和美は、学生の頃に教室に女性向け同人を持ち込んでいました。男子にからかわれると大声で「うるせぇよ!」とキレていたと言われています。

アニオタから同人誌オタに移行するのはよくあるケースですが、学校にまで持ち込んでしまうのは、やり過ぎでしょう。

小森和美は、クラスメイトから”空気の読めない不思議ちゃん”と思われていました。

むしろ、単純な不思議ちゃんであれば、まだマシだったでしょう。特徴的な釣り目から、発達障害であったことが推測されます。

追記・小森和美の中学時代の文集が”めざまし8”で公開される

9月2日放送の”めざまし8”の中で、小森和美の中学時代の文集が公開されました。

知らない色の糸
きっと 友達になる瞬間は糸が
結ばれて友達になれるのかな?
そして引かれ合って親友になれ
るのかな?
そうだったらいいな 私と君を
つなぐ知らない色の糸がね
小森和美が中学時代に文集に書いた文章から、友達関係に悩んでいたことがわかります。友達に恵まれていたのなら、こんな文章は書かないからです。
クラスメイトと友達になることが出来ず悩んでいますが、友達や親友がいない理由を”糸”のせいにして、小森和美自身に問題があることを認識していません。
最後の”私と君をつなぐ”のところで、”君”よりも”私”が先に来ていることから、自分中心であったことがわかります。

小森和美の生い立ちが悲惨「離婚歴あり」デブスゆえに男に依存

 

komoriizumi-yukata

小森和美と小森章平が暮らしていたのは、群馬県渋川市の古い戸建て住宅でした。もともとは、小森和美容疑者と元夫と子供の3人で住んでいました。元夫のDVがひどかったため、小森和美容疑者は今年の初めに三重県に転居し、離婚します。

今年の6月ごろに再婚相手の小森章平と戻ってきましたが、子供は実家に預けていました。

2人が住んでいる渋川市の築約50年の自宅は昨年(2020年)12月、和美容疑者が「長谷部和美」の名前で購入している。購入当時、和美容疑者は別の男性と結婚していた。

引用:日刊ゲンダイデジタル

時系列を整理します。

2020年12月:渋川市の自宅購入し前夫と暮らす

2021年の初めころ:三重県に転居、離婚。

2021年6月頃:渋川市に戻り、小森章平と暮らす

小森和美容疑者は前夫と離婚してすぐに、小森章平と再婚したように報道されていますが、女性の場合、離婚してすぐに再婚することは出来ません。

離婚した後に再婚をすることは自由ですが、妻側については、特別な場合を除いて、離婚してから100日間は再婚をすることが法律上で認められていません。

 

「再婚禁止期間」と呼ばれているもので、以前は半年間でしたが、平成28年に再婚禁止期間が100日に短縮されました。

再婚禁止期間の開始日は、離婚届が提出された日からです。結婚生活が破綻した日からではありません。そのため、DV夫が離婚に同意せずに離婚できないこともありますし、女性に新しい恋人がいても、すぐに結婚することが出来ないのです。

小森和美容疑者は入籍できるようになるまで、小森章平の気持ちを必死に繋ぎとめていた可能性があります。

小森和美容疑者は前夫との間に3人の子供がいますが、実家に預けています。

 

小森和美容疑者は現在、妊娠しているとの噂が匿名の掲示板で見られます。

この犯人の女、妊娠してるみたいだよ
ツイッター?特定した人が8月に妊娠報告してるって書いてた

 

小森和美容疑者が妊娠していると報じているマスコミはなさそうですが、逮捕時の小森和美容疑者はケガなどもしてなさそうに見えたのに、病院で診察を受けています。通常の身体の確認とは異なるように見えます。

小森和美容疑者はDV夫から逃れて、小森章平との新しい生活を送ろうとしていたのです。

小森章平と鷲野花夏さんは、2年前にTwitterで知り合っていた、つまり小森和美容疑者より前に知り合っていたと知って、逆上したのです。

小森和美容疑者はデブスだったので、ひとりで生きてゆく自信もなく、男性に依存していたので、夫なしの生活は考えられなかったのです。小森和美容疑者は、自分がジャイ子似であることを自覚していたので、小森章平に捨てられてしまったら、もう次がないのです。

小森和美容疑者の怒りの矛先が、二股をしていたor不倫をしていた夫の小森章平に向かわずに、高校生の鷲野花夏さんに向かってしまったのは、小森章平をなきものにする選択肢がなかったからです。

鷲野花夏さんの事件は、小森和美容疑者がデブスだったから起きた悲劇だったのです。小森和美容疑者が美人だったり、かわいかったら、ひとりでも生きていく自信があったでしょうし、夫や彼とうまく行かなくなっても、次の相手を探すことに気持ちを切り替えられたはずです。

 

小森和美の生い立ちが悲惨「コミュ障のサイコパス」

 

komoriizumi-face

小森和美と小森章平は、群馬県渋川市で新婚生活をスタートさせますが、明るい雰囲気はなかったと近隣住民が話しています。

「自宅からすぐ近くのところにあるコンビニで働いていましたが、外出する姿はあまり見かけませんでした。家と職場を行き来するだけの生活だったんだと思います。しかも見かける時はピンク色のパジャマのような服を着ていたり、爪も長く、髪もぼさぼさで地味。前髪が目にかかっているので表情もわからず、すれ違っても挨拶したことがありません。コンビニでの勤務中も同じような雰囲気で、会計が終わると『ありがとうございました』とは言うものの、棒読みでした。いつも元気がなくて、何か悩みでもあるのかなと思っていました。

記憶に残っているのは、コンビニの制服のネームプレートに書かれた名前が、ずっと『ゆでたまご』だったことです。他の従業員が全員、苗字なのにどうして1人だけニックネームなんだろうと。詳しい理由はわかりませんが、少し変わった人なのかなと思っていました」

引用:文春オンライン

小森和美は、コンビニで働いているのに、棒読みの応対しかできず、挨拶もないままに辞めてしまいます。

別の近隣住民によると、小森和美は「暗い性格で周囲との交流を持たないタイプだった」と言っていることから、小森和美は他人と関わることが下手な”コミュ障”だったのでしょう。

小森章平が鷲野花夏さんとツイッターで知り合ったことがわかると、28歳の小森和美が18歳の鷲野花夏さんに嫉妬し、逆上しました。

鷲野花夏さんに連絡して、3人で会う約束をします。大人同士の三角関係ならまだしも、高校生相手に嫉妬し、自宅に招き入れてまで話し合うのは常軌を逸しています。小森和美は相手の気持ちを考えることのできないサイコパスだったのです。

 

追記・小森和美容疑者が「前夫からDVを受けていたのはウソ」

komoziizumi-hischool

写真:小森和美高校の卒業アルバムより

 

小森和美容疑者は前夫からDVを受けていたために、群馬から三重に転居したと報じられています。

しかし、調べていくと前夫からDVを受けていたのはウソだったことがわかりました。

komoriizumi-house

小森和美と小森章平が暮らしていた群馬県の自宅は、小森和美名義で購入されたものです。

 

5ちゃんねるでは、小森和美がバイトしていたコンビニについてのコメントがたくさん見つかります。

5ch1

和美容疑者は当時、元夫らとアパートに暮らしていたが、何らかの理由で退去を求められて困っていたという。
アルバイト先の経営者が男性の親族だった関係で、使い道がなかった家を十数万円で譲った。

5ch-2

この(コンビニ名)のオーナー、嫁の元旦那の親族だろ

5ch-3

結婚してたのに急に家を出て離婚
違う土地で再婚
新しい旦那と元の壇がいる家に戻る
元の旦那が出ていく
元の旦那の親戚の経営するコンビニに働く

なんかいろいろよくわからない

 

小森和美が前夫からのDVから逃れるために三重に転居したのであれば、また群馬に戻るのは危険です。小森和美の実家は群馬にあるようですが、実家や実家周辺に立ち寄るのも危険です。

 

夫や恋人からのDVに悩む女性はたくさんいます。過去にもDV被害の女性が転居先で襲われた事件や被害女性の実家で親族が殺害される事件も起きています。DV被害の女性を守るために各地にシェルターがあるのです。被害女性を守るために情報が公開されていないので、ほとんどの人が知らないのです。

このことから、小森和美が前夫からのDVにあっていたというのは、ウソの可能性が高くなります。

 

文春オンラインで、小森章平の母親が語っています。

2人が結婚の意思を持っていると聞いたのは、それから2カ月後のことでした。章平が私に『和美が自分が働いていた元バイト先で週2日働きたいと言ってるんだけど、彼女は身分を証明するものもないし、給料の振込先もない。とりあえず籍を入れさせてほしい』と頼み込んできたのです。本当に和美がその店で働いていたかは知りません」

小森和美が働いていた元バイト先とは、群馬のコンビニのことだったのでしょうか。

文春オンラインによると、小森和美と小森章平は、7月22日にPCで作成した置手紙を残して夜逃げをします。

「これから2人で生きていきます。探さないでください。探したら容赦はしません」

 

前夫と住んでいた家に戻り、前夫を追い出して、前夫の親族のコンビニでバイトをするのはDV被害者の取る行動ではありません。小森和美が前夫からDVにあっていたというのはウソでしょう。

”DVの被害にあった”と言うと、多くの人はあまり突っ込んだことを聞きません。小森和美は逆手にとって、言われたくないこと(例えば、働けや掃除しろなど)を言われた程度で、DVだと吹聴した可能性が高いのです。

 

鷲野花夏さんの事件は、小森和美がデブスで、サイコパスで大ウソつきだったから起きた悲劇だったのです。

小森和美がもう少し容姿に恵まれていたらと、残念でなりません。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました