東京女子高生行方不明事件

小森章平の両親がめざまし8で語る「女子高生をかばって章平が被害に遭えばよかった」

東京女子高生行方不明事件

東京都の女子高生、鷲野花夏さんが殺害された事件で、小森章平と小森和美夫妻が逮捕されました。

小森章平の両親が「めざまし8」でインタビューに応じました。

小森章平の両親がめざまし8で語る「女子高生をかばって章平が被害に遭えばよかった」に迫ります。

小森章平のFacebook特定

小森和美の生い立ちが悲惨

小森章平の両親がめざまし8で語る「女子高生をかばって章平が死ねばよかった」

komorishohei-izumi

小森章平の両親が”めざまし8”の取材に泣きながら応じました。

小森章平の母親は、「被害者をかばって翔平が被害に遭えばよかったのに。」と涙を流しました。両親へのインタビューの様子は次の通りです。

両親によると小森章平と小森和美は2021年の5月に結婚しました。両親は結婚をしたことは知っていましたが、結婚に至るまでのいきさつは知らないと言います。

結婚後しばらくは、小森章平の実家の敷地内の離れに夫婦で住んでいましたが、突然いなくなったと言います。

小森章平の父親は「群馬に行くことは聞いていたが、引っ越したことは知らなかった。」と言っています。実家の離れに住んでいても、自分たちのことはあまり話さず、夫婦2人だけで生活をしていたのです。

小森章平の母親は語ります。

コミュニケーションが苦手な子だったので、ネットの中でしか自分が出せないっていうか、そういうところがあったから、それで話がはずんで仲良くネットの情報とか見ていると、亡くなられた女の子と趣味とかが合うところがあったんですね。そういうので話が盛り上がってただけじゃないのかなって思うんですけど。

ただ和美さんの方は結構焼きもち焼きっていうか、そういうところはきつかったかなって思うところはありましたけど。
生活する時間帯が違ったんで、私があんまり接してはなかったんですよ。

「小森章平がいきなりカッとなることは?」の問いに、小森章平の父親は「それはない。そういう子ではない」と答えています。
小森章平の母親は
「そういう子ではない。(小森和美と)いるようになってだいぶ変わってしまったなって。いなくなったって時も私らの手には負えないと思うところはありましたね。」と答えています。
母親は泣きながら続けます。
被害者の方をかばって章平が死んでくれたらなってくらいの気持ちで入るんですけども。どうせなら章平が〇んでくれればなって。たぶんそういう気持ちを持ってないことはなかったはずの子なんですよ。
どうしてそれを見ているだけで止めてくれなかったんやろうって。自分が〇んででも止めて欲しかった。
小森章平の両親からしてみたら、自分の子供が犯罪者になってしまうのは受け入れがたく、妻の小森和美のせいで変わってしまったと思いたいでしょう。
ですが親心を差し引いて考えても、小森和美は絡みにくい人物であったことは間違いなさそうです。

小森章平の中学時代からの友人が語る

komorishohei-game
つい1か月くらい前にこっち(三重県)に戻ってきてコーヒーを飲んだという、小森章平の中学時代からの友人が語りました。
会社ともめごとがあって、「新しい仕事やりたいんだけど、どうしょうかな」という悩みで、「自分のやりたい事したらいいんじゃない」と俺が言ったら「新しいこと探してみるわ」と言っていた。今どこに住んでいるのかは全く言ってくれないので、わかったらそのうち連絡するわと言っていた。
カッとなって手が出るとかは?の問いに
よっぽどなことがないとないね。それこそオンラインゲームしている時も、ふいにやられたパターンがあって、そのときはそいつが落ちるまでやりつぶす。
ただゲームの世界での話で、人間にやるかって言うとそれはないと思う。あんなやつがそんなことしないと信じていたので。

小森章平はサバゲー好きだったことは知られています。ゲームと現実の区別が、本当についていたのでしょうか。

小森章平について異なる印象を話す同級生もいる

小森章平について異なる印象を話す同級生もいます。

文春オンラインの記事を抜粋します。

小学校時代の同級生が覚えているのは、章平容疑者が「会話が苦手で友達が少なく、いつも孤立しがちだった」ことだ。

中学校に入ってからも、章平容疑者の“謎の行動”は続いた。当時の同級生が語る。 「常に挙動不審で会話が続かない。友達もいないのであだ名も特になく、私たちは先生たちと同様に彼を『小森』と呼んでいました。

引用:文春オンライン

同級生によって印象が異なることもあるかもしれませんが、人付き合いが下手なところは、小森章平と小森和美に共通しているところです。

小森章平は自分と似たところのある小森和美に興味を示したところ、より執着心が強く、サイコパスだった小森和美という名の蜘蛛の巣に小森章平は絡めとられてしまったのでしょうか。

どこかで小森章平が蜘蛛の巣を切ることが出来たならと、考えずにいられません。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました