斎藤真悠男児遺棄事件

斉藤真悠のアパート特定「同居男性が気が付かないのは不自然」埼玉県川越市

斎藤真悠男児遺棄事件

9月2日に生まれたばかりの男児の遺体を遺棄したとして、斉藤真悠が逮捕されました。

赤ちゃんはいつ生まれて、いつ亡くなったのか明らかになっていませんが、斉藤真悠は亡くなった赤ちゃんをクローゼットの中の衣装ケースに入れたまま、同居男性と現場のアパートで生活をしていました。

現場となった斉藤真悠のアパートが特定できました。

斉藤真悠のアパート特定「同居男性が気が付かないのは不自然」を深堀します。

斉藤真悠のFacebook

追記・齋藤真悠が再逮捕されました

齋藤真悠は川越市内のアパートで生後間もない男児の遺体を遺棄した容疑で逮捕されていましたが、殺人の容疑で再逮捕されました。

川越市内のアパートの部屋で、生後間もない男の子の遺体が見つかった事件で、県警は13日、26歳の母親を殺人の疑いで再逮捕しました。  殺人の疑いで再逮捕されたのは、川越市大塚の無職、齋藤真悠容疑者26歳です。  齋藤容疑者は、ことし8月、自宅アパートで、湯をはった浴槽の中で男の子を産み、そのまま放置して、殺害した疑いが持たれています。  警察の調べに対し齋藤容疑者は「子どもを育てる覚悟がつかなかった」などと、話しているということです。

引用:テレ玉

斉藤真悠は望まない妊娠だったのかもしれません。何らかの事情で病院に行けなかったのかもしれません。

斉藤真悠が市役所などの相談窓口を知っていたら、男児は命を落とすことがなかったかもしれません。
必要な人が必要なサポートを受けられる仕組みと周知が十分であったらと、考えずにいられません。

斉藤真悠のアパート特定「男児を隠したまま生活を続けた」

9月2日に「知人の彼女が出産したかもしれないが、子供の行方がわからない」と通報があり、警察官が現場のアパートを訪れ、斉藤真悠の事件が発覚します。

報道では現場のアパートは「埼玉県川越市大塚」とありました。

事故物件を提供している”大島てる”のサイトから、住所を割り出せました。

埼玉県川越市大塚2丁目4-3とあります。

kawagoe-map

地図で見ると住宅街のようです。

住所から不動産会社のサイトへ飛ぶと、現場のアパートはアヴァンサールであることが判明しました。

saitomayu-house

報道されている現場写真と同じなので、特定できます。

間取り図を見ると、報道と同じ2DKで一致しています。

madori

クローゼットの写真もありました。

saitomayu-syuno

クローゼットの中の縦40cm、横80cm、高さ30cmという一般的な衣装ケースに生まれたばかりの男児の遺体を遺棄したまま、斉藤真悠は生活を続けていたのです。聞いただけで気分が悪くなります。

 

斉藤真悠のアパート特定「同居男性が気が付かないのは不自然」

saitomayu-house2

斉藤真悠は現場となったアパートに、同居男性と暮らしていたと報じられています。

斉藤容疑者には同居する男性がいた。この男性は、斉藤容疑者が妊娠していたことは知っていたが、いつ生まれたかはわからないと話していて、遺体が家の中にあることは全く知らなかったという。

引用:FNNプライムオンライン

斉藤真悠は26歳ですから、同居していた男性も同じくらいの年齢でしょう。男性が女性の妊娠や出産に対する知識がないのはある程度仕方ないですが、出産したことに気が付かない、男児が隠してあることに気が付かないのは不自然です。

 

注目したいのが、事件が発覚するきっかけとなった通報です。

9月2日(木)午前1時13分。警視庁八王子署に、通報が入ります。

「知人の彼女が出産したかもしれないが、子供の行方がわからない」

通報を受けた八王子署は埼玉県警に連絡し、朝になって警察官が現場へ赴き、事件が発覚します。

通報者は知人の彼女と言っていることから、男性であった可能性が高くなります。通報者が女性であったら、知人の彼女とは言わないでしょう。女性なら、近隣住民など、斉藤真悠を直接知っている可能性が高いからです。

通報されたのは、東京の八王子署です。埼玉県の川越から八王子は電車でも1時間以上かかります。車ならもっと掛かるでしょう。距離が離れているのに、斉藤真悠の出産前と出産後の様子を知っていることになります。

同居男性が斉藤真悠の行動を不審に思ったものの、同居男性が通報したとバレないように、わざわざ県境を越えて深夜に通報したのか、もしくは同居男性が友人などに相談し、通報してもらったなどが考えられます。

追記

9月22日放送の「news zero」で、通報したのは女性だったと報じています。

事件発覚のきっかけは、ある女性からの通報でした。

深夜の通報であること、斉藤真悠のアパートから遠く離れた八王子署への通報であることから、同居男性が友人に頼んだ可能性があります。あるいは同居男性には、斉藤真悠の他にも交際している女性がいて、交際女性からのタレコミの可能性もあります。

斉藤真悠は無職で「お金に困っていたか」

saitomayu-face

斉藤真悠の顔画像は警察官と移動する際のものしか公開されていません。

金髪と黒髪が混ざっているのは、意図したものではなく、金髪が伸びてプリン状態になってしまったのでしょう。

斉藤真悠は無職だったと報じられているので、お金に困っていたのでしょう。

筆者が美容師に取材をしたところ、興味深い話が聞けました。

僕は美容師なので、毎日たくさんのお客様の髪を見ます。髪からいろんなことがわかるんです。
髪にダメージがある人は、ストレスや栄養状態が悪いのです。ズバッと指摘するのは、ためらわれるので、「仕事忙しいですか?」なんて声を掛けて、さりげなく、ケアの方法をアドバイスします。
長年美容師をしていると、髪を触らなくても、すれ違っただけでもある程度はわかります。顔立ちがかわいいのに、髪が傷んでいる若い女性はムリなダイエットをしている可能性が高く、子供の髪がぼさぼさなのは、虐待や育児放棄が疑われます。逮捕された女性は、髪を染め直していないだけでなく、手入れをしていないし、傷んでいることがわかります。ノーメイクなのは、時間がなかったからではなく、自分のことを大事にしていないからでしょう。大きなストレスなどで自暴自棄になってしまって、ファッションを楽しむどころか、身だしなみもどうでもよくなってしまったのかなって思います。

斉藤真悠は自分の身だしなみを整えられないほど、お金に困っていたのでしょうか。
斉藤真悠は出産前後に病院に行ってなかったのではと、指摘する声も聞かれます。

自治体にもよりますが、妊婦検診が無料で受けられたり、補助があることもあります。DVなど望まない妊娠であれば、相談に乗ってくれる窓口もあります。お金がないからと言って、妊婦検診を全く受けず、早産なのどのトラブルや出産直前に救急搬送されるケースも少なくありません。

斉藤真悠は赤ちゃんが見つからないように衣装ケースに服を詰める小細工をするのではなく、赤ちゃんの命を守る方向で工夫をしていたらと、考えずにいられません。

 

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました