高市早苗

高市早苗の子供は3人「長男は福井県議員で中学生の孫もいる」

高市早苗

高市早苗は自民党総裁選に出馬することを明らかにしています。

自民党総裁選は、ただの自民党のトップを決めるものではなく、自民党総裁=総理大臣になる可能性がとても高いので、注目されています。

もし、高市早苗が自民党の総裁になったら、総理大臣になるかもしれないのです。

高市早苗に子供はいるのでしょうか。

高市早苗の子供は3人「長男は福井県議員で中学生の孫もいる」を深堀します。

高市早苗の子供は3人「長男の山本建は福井県議会議員」

takaitisanae

高市早苗は1961年3月7日生まれの60歳です。

takaitisanae-yamamototaku

高市早苗は、2004年に衆議院議員の山本拓と結婚しました。

yamamototaku

当時、高市早苗は43歳、山本拓(たく)は52歳でしたが、子供は授かりませんでした。2017年7月19日に高市早苗と山本拓は、政治スタンスの違いから離婚したと発表しました。

前夫の山本拓は、長男の山本建が福井県議会議員であると公表しています。

山本建のプロフィールを見てみましょう。

yamamotoke-prof

福井県議会議員  山本  建

山本 建(やまもと けん)  プロフィール

【生年月日】1984年2月18日
【出 身 地】 福井県鯖江市水落町1丁目
【学       歴】神明小学校、中央中学校、鯖江高校、金沢学院大学卒業

現在慶應義塾大学(通信課程)に在籍

【経       歴】民間企業勤務、国会議員秘書を経て福井県議会議員2019年4月初当選

元・神明小学校そだての会(PTA)会長

現・公益社団法人鯖江青年会議所(JC)専務理事

【趣       味】映画鑑賞・釣り
【家       族】妻・長男・ネコ

 

山本建は1984年生まれですから、山本拓と前妻の間に生まれた子供とわかります。

 

高市早苗のコラムを見ると

残念ながら私の身体は、婦人科の病気で手術をしてから妊娠や出産が困難な状態にあるようで、子供を授かることを切望しつつも諦めた次第です(血は繋がらないものの素直でかわいい息子や娘が居りますので、十分に幸せですが)。

とありますので、息子=山本建と娘がいることになります。

 

山本建のFacebookを見てみましょう。

yamamotoken-fb

基本データを見ると

yamamotoke-family

姉と妹がいると書いてあります。

断定が出来ないので、加工処理をしますが、杏子さんと涼子さんが娘である可能性が高いです。

姉、山本建、妹の3人兄弟だったと考えられ、高市早苗と山本拓が結婚した時に、山本建が20歳ですから、姉と妹も同じくらいの年頃と考えられます。養子縁組をしなくても問題のない年頃であったと考えられるので、高市早苗と養子縁組の手続きをしていない可能性が高いです。

 

高市早苗の孫「中学生の男の子だけでなく、孫が複数いる可能性あり」

長男の山本建のFacebookを見ると、息子の漣くんがいると書いてあります。

yamamotoren

漣くんの誕生日は2007年11月3日生まれ。今は中学生ですね。

yamamotoren2

2017年、漣くんが小学生の頃の写真です。漣くんと見られる男の子が花束を持っていて、後ろにエレクトーンが映っているので、発表会の写真でしょうか。

 

高市早苗のコラムにも、孫誕生のことが書いてありました。

 11月3日の夜、選挙区に居た私に長男から電話が入りました。「産まれたよ!男の子。お医者さんに、元気過ぎるって言われた。おばあちゃんだね。エヘヘ・・」。

46歳で「おばあちゃん」になったことに少々ショックを感じつつも、電話を切った後、嬉し涙が溢れました。出産予定日を過ぎても誕生する気配のない長男夫婦の子供のことを案じながら過ごしていましたので、ホッとしました。

高市早苗は子供を授かることが出来ませんでしたが、山本拓と結婚したことで、おばあちゃんになれたのです。嬉し涙がこぼれたとあります。

長男の山本建のFacebookに姉と妹と書かれているアカウントに飛んでも、ほとんど投稿がないので、断定が出来ませんが、アイコンが子供の写真なので、高市早苗には漣くん以外にも孫がいる可能性もあります。

高市早苗と息子・山本建の関係「政治的に関わることも」

高市早苗は、2017年に山本拓と離婚しましたが、子供や孫たちの関係はどうなのでしょうか。

山本建のFacebookをさかのぼると、2019年の投稿に、高市早苗と一緒に写真と撮っているものがありました。

yamamotoken-takaitisanae

今週は研修で東京に来ていますので、総務省で公共施設等の維持管理について、国交省で公共施設等への民間資金活用について勉強させて頂きました。高市総務大臣からも来年度に向けて取り組んでいる政策を聞かせてもらいましたのでしっかりと福井県で活かせるようにしていきます
長男の山本建は福井県議員なので、当時総務大臣だった高市早苗にも会う機会がありました。
関係が良くなかったら写真は撮らないと考えられるので、関係は良いのでしょう。

高市早苗は「選択制夫婦別姓に反対している」

高市早苗は、選択制夫婦別姓に反対しています。

takaitisanae-hp

高市早苗のコラムを見てみましょう。

私は、「子の氏の安定性」が損なわれることを懸念するという理由で、同法案に対しては、反対の立場でした。
仮に将来、「夫婦別氏制度」が導入されたとしても、「戸籍の夫婦親子同氏を維持した上で、婚姻前の氏の通称使用を希望する」という方々は必ず残るはずですから、その方々の利便性向上の為にも、「夫婦別氏制度」導入への賛否に関わらず、同僚議員の皆様に早期に賛同していただきたい法律案です。
高市早苗のコラムの内容を要約すると、夫婦別姓制度の法案は、子の氏の定め方の規定が不十分である、結婚前の姓と結婚後の姓を併記し、使用も認められる枠を広げることで、日常的な利便性は保てる、仮に夫婦別姓制度が導入されても、戸籍は同一の姓にしても、結婚前の姓を使いたい人もいるはずだとしています。
子の氏の定め方の規定が改定された場合の、賛否は明らかにしていません。
高市早苗は山本拓と結婚したことで、子供と孫の縁も出来ましたが、離婚となってしまった経験から、夫婦別姓に反対している可能性があります。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました