水落雄基わいせつ事件

水落雄基のFacebook特定「くつフェチに潜む歪んだ欲求」大阪市

水落雄基わいせつ事件

水落雄基(みずおちゆうき)は野球部員の男子生徒に対して、性的暴行をしたとして、逮捕されていましたが、他の部員に対してもわいせつ行為をしていたとして、再逮捕されました。

水落雄基はFacebookを利用しているのでしょうか。

水落雄基のFacebook特定「くつフェチに潜む歪んだ欲求」に迫ります。

※追記あり

 

水落雄基のFacebook特定「くつフェチに潜む歪んだ欲求」

mizuotiyuki-face

水落雄基(みずおちゆうき)は、野球部のコーチであった立場を利用して、野球部員に対し、わいせつな行為をしていました。

水落雄基のFacebookアカウントはこちらです。

mizuotiyuki-fb

投稿が少なく、20106年3月の投稿を最後に止まっています。

水落雄基の数少ない投稿のわりに、くつの写真の投稿が妙に多いです。

mizuotiyuki-shose

他の方が撮ったと思われる水落雄基の写真に、靴店で働いている姿があるので、水落雄基はくつに興味があったことがわかります。

mizuotiyuki-shop

ですが、フロイトの夢判断によれば、くつは性的な意味とされています。水落雄基のくつ好きには、歪んだ欲求が隠れているのでしょう。

水落雄基のFacebookに書いてある経歴を見ると華々しいです。

mizuotiyuki-life

子供の頃から野球をやっていて、高校や大学で活躍していても、プロ野球選手になれるのは、ほんの僅かです。水落雄基は指導者としての評価は高かったと言われていますので、指導者としての才能があったのでしょう。

ですが、自分の欲求を間違った形で満たそうとしてしまったため、逮捕されることになってしまいました。

 

水落雄基の顔画像「穏やかそうな仮面をかぶっていた」

水落雄基のFacebookには、友達として登録されている人が672人もいます。なかなかの人数ですから、親しみやすい人柄だったのでしょう。

Facebookには他の人が撮影した写真は、穏やかな表情で好青年のように見える、水落雄基の写真がたくさんあります。

mizuotiyuki-1

福岡ベースボールのFacebookに載っていた写真です。1番の背番号をつけているのが、水落雄基です。

mizuotiyuki-koushien

水落雄基は東福岡高校出身で、甲子園でも活躍した投手でした。

mizuotiyuki-sea

性的な嗜好は食べ物の好みとは違って、変わることがないと言われています。水落雄基は穏やかそうな仮面をかぶっていたことになり、ゾッとします。

 

水落雄基はどこの高校のコーチか

水落雄基は野球部のコーチで、レギュラーを決める立場であったことを利用し、野球部員に対して性的暴行を加えていたと報じられています。被害に遭った野球部員の中にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥ってしまったほどですので、かなりの悪質な行為であったことがわかります。

水落雄基はどこの高校のコーチだったのでしょうか。

匿名の掲示板で名指しされているのが、

ohsakakisei1

ohsakakaisei2

大阪偕星学園です。

大阪市内にある、甲子園に出場したことがある、寮がある、と報道されている内容と一致しているので、水落雄基がコーチをしていたのは、大阪偕星学園である可能性が高いです。

ですが、水落雄基の知人は、水落雄基が大阪偕星学園でコーチをするようになったのは、昨年からと言っています。

水落容疑者は福岡出身。小学3年で野球を始め、中学2年の時に九州大会準優勝。東福岡高では1年夏から先発を任され、2007年、2年の夏には左のエースとして県予選を勝ち抜き、同校を夏の甲子園初勝利に導いた。本格派左腕として将来性を期待され、ドラフト候補として名前が挙がったこともあった。  卒業後は福岡大に進学。その後、肩を壊し、外野手としてクラブチームに所属していた。 「福岡で野球を続け、いったん引退して、関西の高校で指導者をしとった。それでもまた野球をやりたいいうことで、3年前、大阪のクラブチームで現役復帰したんや。指導者の勉強を続けながら1年間、現役生活を送り、昨年から私立高で指導していた。高校の指導者になって、教え子を甲子園に連れていきたいという夢があったから、一生懸命、努力しとったんやけどな。練習態度やチームメートと接する様子を見とっても、申し分なかったし、むしろ、マジメでおとなしい印象やったな」(知人)

引用:日刊ゲンダイ

警察は、水落雄基が別の複数の高校を含めて10年ほど前から約50人の野球部員らにわいせつな行為などを繰り返していたとみて調査をしています。

大阪偕星学園の野球部員以外にも、性的暴行の被害を受けていた部員がいると考えられます。性的暴行は身体の被害だけでなく、心にも大きな傷を負います。

徹底的に真相を解明し、被害にあった部員たちの心のケアが求められます。

 

追記・水落雄基は大阪偕星のコーチだった

文春オンラインは、水落雄基に面会した時の様子を報じています。

(水落雄基は)50人ほどいる被害者のほとんどは大学時代の後輩と、大阪偕星学園の生徒だと打ち明けた。
ただし、奈良の中高一貫校や福岡の甲子園常連校で働いていた時も、冗談で生徒の股間を触るようなことはあったという。
そして強い調子で「私は同性愛者ではありません」と断言すると、「性接触が目的ではありませんでした」と続けた。

引用:文春オンライン

文春オンラインは、水落雄基は性的欲求を満たすために、野球部員に対してわいせつな行為をしていたのではなく、ストレス発散が目的だったと報じています。

水落雄基ではなくてもストレスは溜まりますので、身勝手な理屈と言えます。

水落雄基は、わいせつな行為をされた野球部員がどう思うか、相手を思いやれなかったのでしょう。そんな人間は指導者としてふさわしくありません。

水落雄基だけじゃない「男性が男性を性的暴行する事件が後を絶たない」

男性が男性を襲う事件を起こすのは、水落雄基だけではありません。

2020年9月に、大阪市内の元中学校教師、北條隆弘と埼玉県の元会社員、矢上大助が逮捕されました。

dansei

写真:左・矢上大助、右・北條隆弘

 

2人は7年ほど前から、SNSを通じて写真撮影に協力してくれる人を募集し、酒を飲ませて泥酔させ、睡眠薬を飲ませてから、性的暴行を加え、動画に撮っていたのです。

被害者は300人にも及ぶと言われていますが、被害者は意識がなく、被害を認識していない人も多かったと報じられています。

 

男性が性的暴力の被害に遭う事件は後を絶ちませんが、被害者は恥ずかしくて被害届を出せなかったり、信じてもらえないために、誰にも相談できないまま、トラウマに苦しむ人も多いのです。

相手のことを考えることを育む教育と、性的暴行の被害を届けやすくすることが必要でしょう。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました