福島県郡山市殺害事件

田中ルビーさんのFacebook「色白美人はLGBTの可能性ありか」福島県郡山市

福島県郡山市殺害事件

7月に福島県郡山市のアパートでフィリピン国籍の田中ルビーこと、アゴノイ・ルビー・ベルヘルさん(32)が殺害されました。

9月30日に、交際相手だった安住亮吾(あずみりょうご)(34)が殺人容疑で逮捕されました。

田中ルビーさんはフェイスブックを利用しているのでしょうか。

田中ルビーさんのFacebook「色白美人はLGBTの可能性ありか」を深堀します。

安住亮吾の顔画像

田中ルビーさんのFacebook特定

tanakaruby-face

亡くなった田中ルビーさんは、フェイスブックを利用しているのでしょうか。

Facebookで”田中ルビー”と検索すると、3件もヒットしました。

ですが、いずれも亡くなった田中ルビーさんのアカウントではありませんでした。

そこで、田中ルビーさんの本名、アゴノイ・ルビー・ベルヘルの英語表記”Ruby Vergel Agonoy”で検索すると見つかりました。

 

tanakaruby-fb1

アイコンの写真と報道されている写真が同じなので、田中ルビーさんのFacebookであると特定できます。

名前のRuby Vergel Agonoyの隣に(ゆり)とあるのは、ニックネームであると基本情報に記載してあります。

tanakaruby-name

田中ルビーさんのフェイスブックの投稿は、アイコンの設定など写真ばかりで、コメントがないものが大半です。Facebookはタガログ語などフィリピンの言葉にも対応しているにもかかわらずです。

フィリピンの友人と思われる人からのコメントには、田中ルビーさんがレスをしているので、友人とのやり取りを楽しんでいたのかもしれません。

田中ルビーさんのFacebook「色白美人はLGBTの可能性」

田中ルビーさんのFacebookの基本情報には、気になる書き込みが見つかります。
tanakaruby-prof
恋愛対象:女性と男性
フェイスブックはタガログ語でも英語でも書くことが出来ますので、間違えた可能性は低いと考えられます。田中ルビーさんはLGBTだったのでしょうか。
基本情報を見た後に、女性との2ショット写真を見ると、印象が変わってきます。
tanakaruby-2shot
顔立ちがよく似ているので、友人からは「姉妹?」と聞かれていますが、田中ルビーさんは笑っているだけで、答えていません。
よく見ると水着がお揃いです。大人になって、姉妹でお揃いの水着を着るでしょうか。
本当に、田中ルビーさんの恋愛対象は、女性と男性の両方だったのかもしれません。
現代では、LGBTは珍しいことではなくなりましたが、安住亮吾にとっては、嫉妬の対象が男性と女性の両方になってしまい、ケンカの元が増えてしまった可能性があります。

田中ルビーさんのFacebook「日本を愛する色白美人」

田中ルビーさんのFacebookに投稿された写真を見てみると、どれも大きな瞳が印象的な色白美人であることがわかります。

tanakaruby-fb2

田中ルビーさんが、桜と一緒に撮影したものもフェイスブックに投稿されていました。

tanakaruby-fb3

夏祭りに参加したのでしょうか。田中ルビーさんが浴衣を着ている写真もFacebookで見つかりました。

tanakaruby-fb4

浴衣は見よう見真似では着られないので、誰かに着付けをしてもらったのでしょう。田中ルビーさんは、地域に溶け込んでいたことがわかります。

美しい紅葉と撮影したものは、田中ルビーさんが珍しくコメントを添えています。

tanakaruby-fb5

Autumn Feels!(訳:秋の感じ)

田中ルビーさんは、フィリピンとは異なる日本の風景や季節を楽しんでいたのでしょう。そんな田中ルビーさんに対して、安住亮吾のしたことは、とても許しがたい残虐非道な行動だったのです。

安住亮吾の顔画像

田中ルビーさんのFacebook「来日したのは2018年か」

田中ルビーさんのフェイスブックの自己紹介を見ると、

tanakaruby-prof2

San Jose, Nueva Ecija出身とありますので、
田中ルビーさんは日本に住んでいるフィリピン人の家庭で生まれたのではなく、フィリピンから来日したことがわかります。

田中ルビーさんは2010年からFacebookを利用していますが、2018年から日本で撮影したと考えられる写真をたくさん投稿しています。

田中ルビーさんのFacebookのチェックインを見ると、

2017年に福島県郡山市にチェックインしているので、田中ルビーさんは2017年に福島県郡山市と接点があり、2018年頃に来日したのかもしれません。

 

安住亮吾の顔画像

田中ルビーさんの知人が語る「物静かで穏やかなタイプ」

田中ルビーさんの知人が、福島テレビの取材に答えています。
tanakaruby-tijin
ルビーさんの知人:「どっちかというと物静かな感じで穏やかな性格の子で、いつも会ってもにこっとして。口数は特に多いタイプではなかったと思うので、そんなに人ともめるようなタイプには、とても思えなかったですね。車の免許を取りたいということで、一生懸命教習所に通って。免許取るために頑張っていたという話は伺っていましたね」
田中ルビーさんは、夢や目標があって日本に来たのでしょう。
フィリピンと日本の文化や風習の違いに戸惑うこともあったでしょうが、田中ルビーさんは日本を愛し、目標のために頑張っていました。
安住亮吾が逮捕されても、田中ルビーさんは戻ってきませんが、田中ルビーさんの無念を晴らすためにも真相を解明して欲しいものです。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました