沖縄軽石漂着

沖縄のビーチに大量の軽石が漂着「漁業・観光業に影響」動画あり

沖縄軽石漂着

10月18日ころから、沖縄の青い海と白い砂浜が灰色に変わっています。

8月に小笠原諸島で起きた、海底火山の大規模噴火で噴き出した軽石が漂着したためと見られています。

2か月もかけて1,450キロも移動したことになります。

沖縄に漂着した軽石の様子を、ツイッターの動画と画像でご紹介します。

どんどん更新します。

※11月末の様子を追記しました。

沖縄本島北部・大宜味村

アイモコさんとは、沖縄の大宜味村に暮らすご夫婦のローカルタレントで、テレビやラジオに頻繁に登場しています。

モコさんが大宜味村の海に潜っています。

モコさんはどこからが砂浜で、どこから海かの区別もつきにくく、軽石は30センチくらいの厚みがあるので、大変危険で大変深刻と話しています。

10月30日の朝、自然の力で軽石がすっかりなくなりましたが、夕方にはまた漂着していると映像にあります。

大宜味村役場前の海の軽石は、業者に撤去を依頼したとのことですが、高校生も頑張っているようです。


他の方の動画も見てみましょう。

 

沖縄本島北部・辺戸岬

沖縄本島最北部の辺戸岬(へどみさき)の様子。

辺士名漁港

辺士名漁港では重機を使って、軽石の撤去が始まりました。

 

全てを撤去するまで、長い時間がかかりそうです。

 

 


太平洋側の港に軽石が漂着しやすいわけでもないことがわかります。

今帰仁村

今帰仁村(なきじんそん)は美しい天然ビーチがたくさんあります。

ウッパマビーチも様変わりしてしまいました。

 

 

軽石の被害は深刻なので、業者だけでなくボランティアによって、撤去作業も進められています。
今帰仁村の古宇利島(こうりじま)は、車で行ける離島で、「嵐」がCM撮影したハートロックが人気のスポットです。

普段は青い海にハート型の岩が見られます。

こんな美しいビーチが灰色になってしまいました。

 

 

沖縄本島北部・恩納村の様子

女優の田中律子さんが恩納村に移住しています。田中律子さんは芸能活動もしながらヨガのインストラクターとしても活動しています。

田中律子さんはインスタに、家の前にも軽石が漂着したと投稿しています。

tanakarituko-in

過去の写真と比べているツイートもありました。

 

恩納村はリゾートホテルもたくさんあります。寄せては返す軽石の音って、せつないです。

伊江島の様子

本部港(もとぶこう)から、フェリーで30分ほどの距離に浮かぶ伊江島。

普段は美しいビーチが広がります。

 

こんな美しい伊江島にも軽石が漂着しました。

 

沖縄本島と伊江島を結ぶのはフェリーだけです。フェリーが運休してしまうと、新聞や郵便、生活物資の供給、急病人の輸送にも影響してしまいます。

賢明な軽石の除去作業が行われているようですが、軽石はまた流れ着くとも言われています。
フェリーの運航状況をマメにチェックしてください。

瀬底島の様子

沖縄本島北部の本部半島と瀬底大橋で繋がっている瀬底島は、美しいビーチで有名ですが、軽石が漂着しています。

 

 

沖縄本島中部・読谷村の様子

読谷村(よみたんそん)にも軽石は流れ着いていました。

 

 


ビーチの地形や風向きによって、軽石の漂着の程度が異なると考えられます。

宜野湾漁港の様子

宜野湾漁港にも軽石は漂着しています。

重機を使った除去作業が行われていますが、除去した軽石の処分方法も悩ましいところです。

 

那覇市・波の上ビーチ

ついに、那覇市唯一の波の上ビーチにも軽石が漂着しました。


国際通りからも頑張れば歩ける距離にあるので、地元民も観光客も訪れるビーチです。
遊泳期間は過ぎていますが、漁業や海上輸送への影響も心配されます。

 

波の上ビーチでは、ボランティアによる軽いし除去作業も行われています。ローカルテレビニュースでも報じられました。

 沖縄本島南部・糸満の様子

糸満のビーチに軽石が漂着したというツイートは見つかりませんでしたが、糸満市の南を航行していた巡視艇が軽石を吸い込んで航行不能になっています。

10月27日のTwitterで、糸満にも軽石が見つかったとの投稿がありました。

 

糸満に迷い込んだクジラが亡くなったのも、軽石のせいではないかと指摘する声もあります。

糸満市は軽石で被害を被った漁業関係者への支援のため、ふるさと納税を活用することにしました。

沖縄本島南部・南城市の様子

那覇市からも近い、南城市にも軽石が漂着しています。

安座間港(あざまこう)は大変なことになっています。

 

南城市は那覇からも近いのですが、美しいビーチがたくさんあります。

 

久高島へは安座間港からの船しかありませんので、航路に軽石があると船が出せません。

 

追記・久高島へのフェリーが欠航になりました

神の島である久高島へは、沖縄本島の安座間港(あざまこう)からフェリーしかありません。
10月28日の14:00のフェリーが最終となり、29日からの運航が出来なくなりそうです。

観光はもちろんできなくなりますが、物資の供給、急病人の搬送に不安が高まります。

10月31日は衆議院選挙ですが、投票箱が運べない場合は自衛隊に要請するようです。
急病人が出た場合も、自衛隊が対応してくれるのでしょうか。

 

追記・伊是名島の様子

沖縄には離島がたくさんあります。それぞれ風景も文化も異なるのが、興味深いのですが、軽石の漂着は大変なことになります。

伊是名島(いぜなじま)の様子です。

伊是名島へは今帰仁村の運天港からのフェリーしかありません。フェリーが欠航になると物資も食料も急病人も運べなくなってしまいます。

 

伊是名島へガソリンが運べないため、給油制限となっています。

追記・渡嘉敷島の様子

渡嘉敷島は島民総出で軽石を除去しました。

 

追記・宮古島

沖縄本島と宮古島の間にも軽石が漂着してきました。

 

 

追記・石垣島にも軽石が漂着

ついに石垣島にも軽石が漂着しました。

 

 


時間の経過とともに、沖縄に漂着する軽石はどんどん増えると考えらます。

美しい海は沖縄の大きな観光資源です。通常、10月末までは遊泳可能で、マリンスポーツは通年で楽しめます。これらの観光に与える影響が心配されます。

また、漁業にも深刻な影響をもたらしそうです。軽石を吸い込んで船が航行不能になったり、酸素不足で魚介類の生態にも影響すると考えらます。

沖縄は離島がたくさんあります。飛行機の運行がない島もたくさんあります。船がストップしてしまうと島の人々の生活物資が賄えなくなる心配があります。

台風21号も発生しました。潮の流れが変わり、風向きが変わることで、軽石にも大きな影響があると考えられます。

台風21号発生

県や民間すべての力を結集して、緊急事態宣言の次に来た困難を乗り越えていくことが求められます。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました