東大阪衣摺事件

東大阪衣摺事件の犯人逃走中!「寺沢忠さんの会社絡みの恨みか」

東大阪衣摺事件

11月20日午前10時前、東大阪衣摺(きずり)で、ゴミ収集会社の社長である寺沢忠さん(56)が胸を刺される事件が発生しました。

犯人は逃走中ですが、寺沢忠(てらさわただし)さんの知人ということです。

東大阪衣摺事件の犯人逃走中!「寺沢忠さんの会社絡みの恨みか」を深堀します。

※寺沢忠さんを刺した犯人が逮捕されましたので、追記しました。

追記・刺した犯人が逮捕される

11月22日、寺沢忠を刺した犯人が逮捕されました。

男を大阪市東成区で発見し、殺人未遂の容疑で逮捕しました。
男は無職の岡田竜洋容疑者(25)で、20日午前、東大阪市衣摺の駐車場で、56歳の男性の胸を刺し、傷害を負わせた疑いがもたれています。

男性(56)の症状は回復傾向にあるものの、警察の聞き取りがまだできない状況で、岡田容疑者を本格的に取り調べ、動機の解明などを進めたいとしています。

引用:ABCニュース

刺された寺沢忠さんと逮捕された岡田竜洋(たつひろ)の関係、動機などは明らかになっていません。

東大阪衣摺事件の概要

寺沢忠さんが襲われた東大阪衣摺事件の概要です。

午前10時前、東大阪市衣摺で、「胸を刺されたと言って助けを求めてきた」と、不動産会社の男性から110番通報がありました。
警察と消防が駆けつけたところ、近くに住むごみ収集会社社長の寺沢忠さん(56)が胸から血を流していましたが、意識はあったということです。警察によりますと、現場近くで凶器は見つかっておらず、犯人は凶器を持ったまま立ち去ったとみられるということです。

引用:TBS NEWS

東大阪衣摺事件について、報道されていることをまとめます。

  • ごみ収集会社社長の寺沢忠さん(56)が胸を刺された。
  • 寺沢忠さんが分譲住宅のモデルルームに助けを求めた。
  • 寺沢忠さんが「知人に刺された」と話す。
  • 犯人は逃走中。
  • 凶器は見つかっていない。

報道されている内容から、寺沢忠さんは襲われた時に、携帯電話を持っていなかったことがわかります。

寺沢忠さんが「知人に刺された」と言うのは不自然と考えられるので、名前を告げた可能性が高いです。

今後、捜査の進展状況によって、防犯カメラの画像や名前が公開されると考えられます。

 

東大阪衣摺事件「現場の様子」

terasawatadashi-genba

寺沢忠さんが刺されたところは、東大阪市衣摺3丁目であると報じられています。

地図で見てみましょう。

terasawatadasi-map

東大阪市衣摺3丁目は、近くに幼稚園や小学校もある住宅地です。

 

Twitterでは、警察や報道陣で騒然としている様子が投稿されています。

近所にお住まいの方は、さぞ不安な日々を過ごしていることでしょう。早期の犯人逮捕が求められます。

 

東大阪衣摺事件の犯人逃走中!「寺沢忠さんの会社絡みの恨みか」

刺された寺沢忠さんは、「知人に刺された」と報じられています。寺沢忠さんは、ゴミ収集会社の社長であると報じられているので、会社絡みの恨みである可能性もあります。

寺沢忠さんの会社はどこなのでしょうか。

東大阪市衣摺3丁目  ゴミ収集会社と検索すると、リサイクル会社がヒットしました。

gomi-kensaku

いずれも社長が寺沢忠さんではありませんでした。

東大阪市に登録しているゴミ収集業者も確認しましたが、東大阪市衣摺3丁目の会社も、寺沢忠さんの名前で登録されている会社も見つかりませんでした。

higashiohsakacity

寺沢忠さんの会社について、引き続き調査し、わかり次第追記します。

 

東大阪衣摺事件で「硫酸事件が思い起こされる」

東大阪衣摺事件の犯人は、寺沢忠さんを狙ったと考えられています。

被害者を特定して襲っていることから、8月24日に白金高輪駅で男性(22)に対し、硫酸をかけた事件が思い起こされます。

hanamorihirotaka

写真:花森弘卓

後に逮捕された静岡市葵区の花森弘卓(はなもりひろたか)は、被害者に個人的な恨みを持っていて、硫酸をかけたと報じられています。

花森弘卓のTwitter

寺沢忠さんだけでなく、社会生活をしていくうえで、人間関係のトラブルは生じやすいです。

加害者が逆恨みや一方的な恨みを抱いていた場合は、対処のしようがないと考えられます。

寺沢忠さんが早期に回復されることを願います。犯人逮捕と事件の真相解明をすることで、再発防止の策を講じられることが求められます。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました