京都3歳長男殺害事件

久木山佳代(くきやまかよ)のFacebook「子供にキラキラネームを付けるDQN」京都

京都3歳長男殺害事件

2017年に当時3歳の長男・永時(ながとき)ちゃんを浴槽に沈めて殺害したとして、11月22日、母親の無職・久木山佳代(くきやま・かよ)(37)が殺人の疑いで逮捕されました。

事件から4年経っての逮捕となったため、ネット上で話題になっています。

久木山佳代はフェイスブックを利用しているのでしょうか。

久木山佳代(くきやまかよ)のFacebook「子供にキラキラネームを付けるDQN」に迫ります。

 

久木山佳代のFacebook

久木山佳代の顔画像は報道されていません。

久木山佳代について、報じられてわかっていることをまとめましょう。

  • 事件は4年前
  • 37歳
  • 京都府宇治田原町在住
  • 無職

フェイスブックで久木山佳代と検索して、4つの条件に当てはまるアカウントを探します。

kukiyamakayo-kensaku

久木山佳代、久木山かよ、くきやまかよ、と検索しましたが、似たような名前のアカウントが見つかるだけで、逮捕された久木山佳代のFacebookアカウントは見つかりませんでした。

久木山佳代のFacebookアカウントについて、引き続き調査し、わかり次第追記します。

 

久木山佳代のFacebook「子供にキラキラネームを付けるDQN」

久木山佳代の長男、永時ちゃんが亡くなったのは、今から4年前の2017年です。

久木山容疑者は当時、「子どもが溺れた」と自ら119番。救急隊が到着した際、永時ちゃんは浴室の洗い場で服を着た状態で倒れており、久木山容疑者が心臓マッサージをしていた。久木山容疑者は「浴槽の湯がたまるころ見に行くと、浴槽内に子どもが浮かんでいたので、洗い場に引き上げて通報した」と説明したという。

引用:毎日新聞

久木山佳代の事件のポイントは

  • 永時ちゃんは服を着たまま
  • 久木山佳代が119番通報
  • 久木山佳代が心臓マッサージ
  • 虐待の情報はなし

詳細は明らかにされていませんが、京都府警は事件、事故の両面で捜査を続け、関係者の話などから、4年経った今、殺害した疑いで久木山佳代が逮捕されました。

久木山佳代は、犯行を認めていると報じられていますが、動機はまだ解明されていません。

虐待の情報はなかったとのことですので、ネットでは、久木山佳代が衝動的に永時ちゃんに手をかけたのではないかとの見方が多いです。

ですが、久木山佳代が自分のしてしまったことを後悔しているのなら、警察に出頭しているでしょう。久木山佳代は永時ちゃんが亡くなった後、4年間、出頭することはありませんでした。

例え、久木山佳代がワンオペ育児が大変だったとしても、永時ちゃんの発育に悩んでいたとしても、わが子に手をかけることは、信じられず、許されないことです。

3歳までしか生きられなかった長男の名前が、永時(ながとき)ちゃんと言うのが返って残酷に聞こえます。
永時ちゃんと言う名前は珍しく、フリガナを付けないと読めないキラキラネームです。
久木山佳代は、どんなつもりで我が子に”永時ちゃん”と名付けたのでしょうか。

 

久木山佳代だけでなく、実母が実子に手をかける事件は後を絶ちません。
特に、子供にキラキラネームを付ける母親による事件が目につきます。

新村桜利斗ちゃん(3)が熱湯をかけられて亡くなった事件で、暴行を加えていたとして、母親の行歩寿希(ぎょうぶ・じゅき)(23)も逮捕されました。

gyobujyuki

行歩寿希のFacebook

 

次女の三櫻音(みおん)ちゃん(1)を車に放置したため亡くなったとして、保護責任者遺棄の容疑で逮捕された、大越悠莉奈(おおこしゆりな)(25)。
大越悠莉奈のものと見られるFacebookが見つかっています。

ohkoshiyurina-fb

大越悠莉奈のFacebook

 

行歩寿希も大越悠莉奈も、願いを込めて我が子に名前を付けたのでしょうが、子供のための願いよりも自分のために、キラキラネームを付ける独りよがりのDQNだったのでしょう。

久木山佳代も同じようなDQNで、子供に自分の姿を重ねてしまって、思い通りにならないことに怒りを爆発させたと考えられます。

 

久木山佳代の子供「永時ちゃんには兄弟がいた」

kukiyamakayo-house

写真:久木山佳代らが当時住んでいた集合住宅

 

久木山佳代の夫については報じられていません。

ですが、永時ちゃんには兄弟がいたことがわかりました。

事件当時、久木山容疑者が住んでいた集合住宅に入居する70代の女性は「以前、(久木山容疑者が)歯医者に子ども2人を連れてきた時に大変そうだったので『私が見てるよ』と抱っこしてあげたことがある。

引用:毎日新聞

 

集合住宅に住む女性によると、一家は久木山容疑者と夫、長女と殺害された永時(ながとき)ちゃんらで生活。久木山容疑者が永時ちゃんを連れて車で長女を保育園に送迎する姿をよく見かけた。

集合住宅の大家によると、久木山容疑者は夫と約10年前から住み始め、その後に出産。永時ちゃんの死亡からまもなく、久木山容疑者はほかの子供を連れて引っ越した。

引用:産経新聞

 

事件現場となった集合住宅に住んでいる女性や大家が、久木山佳代が子供2人を連れていた、長女がいたと話しています。4年前のことなので、勘違いや記憶違いがあるかもしれませんが、もし女性らの言うとおり、久木山佳代に子供が2人いたのであれば、永時ちゃんには兄弟がいたことになります。

永時ちゃんと長女のどちらが年上だったのかは、わかっていません。

永時ちゃんが上の子であった場合:

久木山佳代が再婚して下の子が生まれ、上の子が邪魔になった可能性があります。

過去の同様な事件が思い起こされます。
2018年3月、東京都目黒区で、両親からの虐待によって亡くなった船戸結愛(ふなと・ゆあ)ちゃんは、母親の再婚により弟が生まれてから、結愛ちゃんにキツク当たるようになっています。

永時ちゃんが下の子であった場合:

久木山佳代は望まない妊娠で、愛情を持てなかった可能性があります。

上記で紹介した大越悠莉奈は、次女の三櫻音(みおん)ちゃん(1)だけを車に放置しています。長女に問題はありませんでした。

 

どんな事情があったにせよ、永時ちゃんは実母によって、お風呂場で溺死させられたことになり、どんなに苦しかったか想像に余りあります。

4年もの長い年月を久木山佳代は、どんな気持ちで過ごしていたのでしょうか。

永時ちゃんの冥福と事件の真相解明を願わずにいられません。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました