盗撮事件

林川吉貴(よしたか)の大学「高学歴なのに盗撮癖か」

盗撮事件

9月下旬に兵庫県内の露天風呂に入浴中の女性を盗撮した疑いで、鹿児島県職員・林川吉貴(はやしかわ・よしたか)(40)、茨城県在住の斉藤果林(さいとう・かりん)(49)、岡山市在住の古山輝(ふるやま・ひかる)(32)の3人が逮捕されました。

林川吉貴は鹿児島県の職員だったので、優秀だったと考えられますが、どこで踏み外してしまったのでしょうか。

林川吉貴(よしたか)の大学「高学歴なのに盗撮癖か」に迫ります。

林川吉貴は鹿児島県職員

追記・林川吉貴らが再逮捕されました

林川吉貴らが盗撮の疑いで再逮捕されました。

鹿児島県職員の林川吉貴容疑者(41)は静岡県で、また、無職の斎藤果林容疑者(49)は神奈川県で露天風呂に入っていた女性を盗撮した疑いで再逮捕されました。
警察は押収した動画から犯行場所を特定、再逮捕に至りました。

引用:livedoor NEWS

林川吉貴らは常習的に盗撮していた可能性があるとして、警察は余罪について捜査しています。

林川吉貴のプロフィール「鹿児島県大隅地域振興局近くに住む」

林川吉貴のプロフィールが、鹿児島県の職員採用サイトに掲載されています。

hayashikawayoshitaka-prof

  • 入庁前は約8年間、IT技術のシステム関係の仕事に携わり、転職
  • H25.4~:県立病院課
  • H28.4~:県民生活局青少年男女共同参画課
  • 現在:鹿児島県大隅地域振興局建設部総務課

林川吉貴は今、40歳と報じられているので、32歳の時に鹿児島県の職員になったことがわかります。

kagoshimaken-saiyo

鹿児島県の採用サイトを見ると、民間企業などでの勤務経験がある30~39歳の採用枠が掲載されているので、採用条件と一致します。

林川吉貴は、鹿児島県に入庁する前の8年間、IT技術関連の仕事をしていたとあるので、大学を卒業後に就職したと考えられます。

林川吉貴は、鹿屋市在住です。地図を見てみましょう。

kanyacity

鹿屋市は、九州南東部、大隅半島の中央部にあります。温暖な気候と豊かな自然を活かした農業・畜産が盛んな地域です。

林川吉貴は、鹿屋市打馬2丁目の鹿児島県大隅地域振興局に勤務していました。こちらも地図を見てみましょう。

ohsumioffice

鹿屋市は広いので、林川吉貴は勤務可能なエリアに住んでいたと考えられます。

林川吉貴は鹿児島県職員

林川吉貴(よしたか)の大学「高学歴なのに盗撮癖か」

林川吉貴が大学を卒業しているのならば、どこの大学に通っていたのでしょうか。

鹿児島県内の大学を検索しました。

kagoshima-unv

鹿屋市にあるのは体育大学なので、IT系の会社に就職する確率は低そうです。

女子大や短大を除外すると、鹿児島大学、鹿児島国際大学、志學館大学、第一工科大学のいずれかとなります。

どこも鹿屋市から通学するのは現実的ではなさそうなので、寮に入るか、アパートを借りることになるでしょう。どこでもひとり暮らしが必要ならば、林川吉貴は鹿児島県内の大学も県外の大学も、進学先として検討した可能性があります。

林川吉貴は鹿児島県職員に採用されるほど、高学歴でしたが、その知性の使い道を間違えています。

 

林川吉貴は鹿児島県職員

林川吉貴の高校「地元の高校を卒業か」

林川吉貴が鹿屋市で生まれ育ったのであれば、高校も鹿屋市の学校であったと考えられます。

kanoyashi-hischool

鹿屋市内にある高校は6校で、1校は女子校なので、林川吉貴が通う可能性があるのは5校です。

鹿屋中央高校と鹿屋高校は進学率も高いので、林川吉貴は、2校のどちらかに通っていた可能性が高いです。

林川吉貴は鹿児島県職員

 

林川吉貴だけじゃない「盗撮犯は後を絶たない」

林川吉貴は3人で盗撮をしていたことがわかっています。一緒に逮捕された斉藤果林は、盗撮マニアとして有名だったようで、撮影した画像を販売していたとみられています。

hayashikawayositaka-ohsyu

無職の斉藤果林は画像の販売が目的で盗撮していた可能性もありますが、林川吉貴は鹿児島県職員と安定した収入があるので、性癖だったと考えられます。

盗撮事件は後を絶ちません。
盗撮と聞いて思い起こされるのが、ミラーマンこと植草一秀です。

uekusakazuhide

写真:植草一秀

経済学者の植草一秀は、2004年4月、品川駅で女子高生のスカートの中を手鏡で覗こうとして逮捕されました。手鏡を用いたことから”ミラーマン”の呼び名が定着しました。

植草一秀は、2006年9月に京浜急行の車内で女子高生のスカートの中に手を入れた痴漢行為で、現行犯逮捕されています。

植草一秀は大学の客員教授を勤める頭脳の持ち主であり、テレビにも頻繁に出演していましたが、盗撮と痴漢をしたことで、地位も名誉も失ってしまいました。

 

最近では京王線で刺傷事件を起こした服部恭太。

hattorikyota

服部恭太の仕事や友人関係がうまく行かなくなったきっかけは、盗撮事件ではないかと指摘されています。

盗撮事件は学歴や職業とは関係がない性癖が所以とも言われています。性癖が動機だと再犯を繰り返す恐れがあります。

林川吉貴が再犯をしないためにも、事件の真相解明と再犯防止策が求められます。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました