神戸市ヘッドロック事件

渡邊竜太のインスタ「カッとしやすいプロレス好き」兵庫県神戸市

神戸市ヘッドロック事件

2020年5月、マスクをするように注意してきた65歳の男性に対し、ヘッドロックをかけるなどの暴行を加え、下半身不随になる大ケガをさせたとして、2021年12月に、神戸市長田区の運送業・渡邊竜太(わたなべ・りゅうた)(25)が逮捕されました。

渡邊竜太はInstagramを利用しているのでしょうか。

渡邊竜太のインスタ「カッとしやすいプロレス好き」に迫ります。

渡邊竜太のインスタ「カッとしやすいプロレス好き」

渡邊竜太について、報じられてわかっていることをまとめます。

  • 25歳
  • 神戸市長田区在住
  • 運送業

インスタで渡邊竜太と検索して、3つの条件に当てはまるアカウントを探します。

watanaberyuta-in

渡邊竜太と同姓同名のアカウントが非常に多く、特定することは出来ませんでした。

渡邊竜太のインスタグラムアカウントについて、引き継続き調査し、わかり次第追記します。

 

渡邊竜太の顔画像

渡邊竜太の顔画像は、爆サイに掲載されているものだけが見つかりました。元ネタがわからないので、モザイク処理をします。

watanaberyuta-face

 

爆サイに掲載されている写真の男性は、渡邊竜太なのでしょうか。
写真の男性は、フードを目深にかぶった横顔なので、表情がよくわかりません。

かろうじてわかるのが、高い鼻のせいで、マスクが嫌いらしく鼻出しマスクであること、色白で肌がキレイであることくらいです。

 

渡邊竜太は、マスクなしを注意されて、”ヘッドロックした”や”男性の首をつかんで地面に背中を打ちつけてけい椎を損傷させた”と報じられています。まるでプロレスのような行為です。

2020年5月は、日本中の人が、未知のウイルスに怯えていた時期です。被害にあった男性は、マスクなしの渡邊竜太を見つけて注意したのでしょう。

渡邊竜太は、マスクなしを注意されたことに憤ったのではなく、上司でも警察官でもない、注意される立場ではない見ず知らずの人に注意されたことに、カッとしたのでしょう。

例え、”なぜ知らない人から注意されるんだ”と腹を立てたとしても、無視するか、暴言を吐く人がほとんどでしょう。

ですが、渡邊竜太は、プロレスのような技を仕掛けているのですから、カッとしやすい性格で、普段からプロレスが好きで、プロレス技をマネしていたことがわかります。ヘッドロックも男性の背中を打ち付ける行為は、咄嗟に出来ることではないからです。

 

渡邊竜太だけじゃない「注意されて逆上する人が多発」

10月31日の京王線ジョーカー事件で、逮捕された服部恭太は、注意した72歳の男性を刺したところから、犯行がスタートしています。

hattorikyota

写真:服部恭太

男性が、咄嗟に注意したのか、高圧的に命令口調で注意したのかはさておき、注意されたことに逆上するのは、渡邊竜太に限ったことではありません。

渡邊竜太の暴力行為によって、被害を受けた男性は、下半身不随となってしまい、1年以上たった今でも、歩くことも文字を書くことも出来ない状態であると報じられています。

暴力をふるうほうが悪いのですが、なかには”お前に言われる筋合いではない”と逆上する人もいますので、然るべき人に通報するほうが良さそうです。

匿名の掲示板の爆サイで、渡邊竜太についての書き込みが見つかりました。

渡〇竜〇容疑者の同業者です。
日頃から粗暴で誰彼と無く乱暴する人物です。
事件現場に居なかったから事実関係は全く分かりません。
丁寧な言葉で諭しても老人だろうと子供だろうが女性だろうと暴行する人物だと指摘します。
自分の非を指摘された時点でもう手が出る人物です。
もう一度書きますがこの事件の詳細は知りません。
やはり、渡邊竜太は普段からカッとなりやすく、暴力的な人物だったのでしょうか。

渡邊竜太のヘッドロック事件現場

渡邊竜太が男性に対し、ヘッドロックをした事件現場は、兵庫区福原町の駐車場と報じられています。

兵庫区福原町を地図で見てみましょう。

fukuharacho-map

福原町は歓楽街らしく、匿名の掲示板である爆サイでの書き込みがたくさん見つかります。

福原かーパチンコか風俗帰りやな
調べによりますと
容疑者と被害者は福原の同じ店の同じ女の子に入っていたことが分かりました
最近は福原の高級店でもモンスターが出るからね
渡邊竜太の職業はDQN格闘家?
渡邊竜太は福原町のパチンコ店や風俗店に行ったものの、思った通りにならなくて、イライラしていたのかもしれません。機嫌が悪かったとしても、暴力行為は許されることではありません。

渡邊竜太のヘッドロック事件の概要

渡邊竜太のヘッドロック事件の概要です。
去年5月、神戸市内の駐車場で「マスクを着けて」と注意されたことに腹を立て、65歳の男性を地面に打ちつけてけい椎を損傷させたなどとして20代の容疑者が傷害の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、容疑を一部否認しています。逮捕されたのは神戸市長田区の運送業者 渡邊竜太容疑者(25)です。
警察によりますと、渡邊容疑者は去年5月31日、神戸市兵庫区の駐車場で、近くに住む65歳の男性の首をつかんで地面に背中を打ちつけてけい椎を損傷するなど大けがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれています。
男性は下半身不随の後遺症が残り、歩いたり文字を書いたりすることができなくなっているということです。
警察によりますと2人に面識はなく、マスクを着けずに歩いていたことを注意され、腹を立てたということで、調べに対し、「背中を打ちつけたことに間違いないが、首を締めたことは覚えていない」と容疑を一部否認しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

引用:NHK NEWS WEB
被害にあってしまった男性が少しでも回復することと、渡邊竜太の事件の全容解明を求めます。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました