焼肉店立てこもり

荒木あきとのFacebook「長崎出身の元族長か」東京・代々木焼き肉店立てこもり

焼肉店立てこもり

1月8日午後9時ごろ、荒木秋冬(あらきあきと)(28)が、東京都渋谷区代々木の焼き肉店「焼肉牛星代々木店」で男性店長を人質に立てこもりました。

1月9日午前0時過ぎに警察官が突入し、荒木秋冬が逮捕されました。

荒木秋冬はフェイスブックを利用しているのでしょうか。

荒木秋冬(あきと)のFacebook「長崎出身の元族長か」東京・代々木焼き肉店立てこもりに迫ります。

※元暴走族の男性に取材できましたので、追記しました。

※荒木秋冬の犯行動機について追記しました。

荒木秋冬のFacebook「長崎出身の元族長か」

荒木秋冬について報じられてわかっていることは、28歳の年齢だけです。

住所も職業も不詳と報じられていましたが、後になって、長崎出身と報じられました。

フェイスブックで荒木秋冬と入れて検索します。

arakiakito-fb

すると同姓同名のFacebookアカウントが3件も見つかりました。フェイスブックは基本的にひとり1アカウントなので、荒木秋冬(あらきあきと)はキラキラネームと考えられるので、アカウントが複数あるのは意外でした。

もともと荒木秋冬について報じられている情報が少ないので、荒木秋冬のフェイスブックアカウントを特定することは出来ませんでした。

荒木秋冬は28歳です。物心ついた頃から、ケータイが身近にあった世代ですから、SNSを利用していても不思議はありません。

Twitterでも、荒木秋冬のアカウントを検索してみました。

arakiakito-tw

すると1件の荒木秋冬の名前のアカウントがヒットしました。荒木秋冬のTwitterに書かれていることが少なく、逮捕された荒木秋冬のアカウントであると特定することは出来ませんでした。

 

ですが、荒木秋冬とTwitterで検索すると、気になるツイートが見つかりました。

彼女と別れたとたん連絡してくる男 族長:荒木秋冬
荒木秋冬の友人による、2013年のツイートです。ツイートされている荒木秋冬が逮捕された荒木秋冬と同一人物ならば、族長=暴走族の総長ということになります。
荒木秋冬の名前のTwitterアカウントには”PINK BOY”とあります。Facebookにも”PINK BOY”の写真がある、荒木秋冬の名前のアカウントが見つかります。
arakiakito-fb2
荒木秋冬のフェイスブックアカウントに「長崎 PINK BOY改」の写真がアイコンに設定されています。
荒木秋冬のTwitterと”PINK BOY”の写真のあるFacebookの荒木秋冬は、同一人物であると考えられます。

逮捕された荒木秋冬は長崎出身と報じられましたので、ほぼフェイスブックのアカウントを特定と言っていいでしょう。

荒木秋冬は、元暴走族の長である可能性が高くなります。

荒木秋冬は元族長か「安全が第一!」元暴走族だった男性が語る

荒木秋冬は元暴走族だった可能性が出てきました。

そこで、筆者の知人で元暴走族だった男性に取材をしました。

俺が若い時の話です。学校で嫌なことがあったり、ちょっとしたことでイライラするとバイクで走り回っていました。やがて、地元の暴走族に入って、仲間たちとつるんで走っていました。その時は、ルールに従うなんてカッコ悪い、危ないことも恐れない先輩たちがカッコイイって、思っていました。

何度も交通違反で捕まっていました。ある時、白バイに捕まりました。白バイ警官が「バイク好きなのはわかるんだ。命を大事にしろ。お前の命も周りの命も大事にしろ。安全に乗るなら、構わないよ。」
その白バイ警官に白バイの講習を受けるように言われました。いつも大型バイクに乗っているので、チョロいだろうと思ってましたが、その警官に太刀打ちが出来ませんでした。その警官がバイクを降りて、ヘルメットを取ると、白髪交じりのおじさんだったんです。俺の親ぐらいの年齢なのに、無駄な肉が付いていない体でスラっとしていました。カッコイイってこういうことか!と目からうろこでした。

どうせバイクで走るなら、安全でカッコよく走ろうと考えて、バイクレースに挑戦しました。バイクレースをやっているうちに整備に興味を持つようになったので、整備の仕事に就きました。

暴走族のままだった仲間とはもう関わりがないですが、バイクレースで知り合った仲間たちとは今でも親しくしています。俺に白バイの講習を受けさせてくれた警官とは年賀状を欠かしません。あの出会いを今でも感謝しています。

俺には息子がいて、バイクの免許を取れる年齢になりました。「安全に乗ることを約束するなら、大型の免許も取っていい。バイクも買ってやる。」と話しています。学科も整備も教えてやるつもりでいます。

逮捕された荒木秋冬は、ただ仲間とつるんでいるだけだったのかもしれませんね。暴走行為は犯罪ですけど、仲間とちゃんと繋がることは大事です。荒木秋冬は仲間と繋がっていなかったのかな。なんでも話せる友人がいたら、こんなことにはならなかったと思います。

荒木秋冬も取材に応じてくれた男性のように、「安全にバイクに乗ることがカッコイイ」「命を大事にする方がカッコイイ」と肌で感じる体験があったら、自暴自棄になって、騒ぎを起こすことはなかったでしょう。

 

荒木秋冬の顔画像

荒木秋冬の顔画像は公開されています。

arakiakito-face

うつむいた横顔のみなので、荒木秋冬の表情はハッキリわかりません。ですが、髪も乱れていて、清潔感が全く感じられません。28歳らしい若々しさも見られません。

荒木秋冬は住所も職業も不詳と報じられているので、住むところにも困っていた可能性があります。身だしなみに気を配れないほど、追い詰められた状況だったのかもしれません。

荒木秋冬が逮捕された時の一瞬の画像ですが、荒木秋冬の孤独さがにじみ出ています。

 

荒木秋冬の立てこもり「焼肉牛星代々木店」

荒木秋冬が店長を人質に立てこもった焼肉店は「焼肉牛星代々木店」であると報じられています。

焼肉牛星代々木店を地図で見てみましょう。

gyusei-map

東京都渋谷区代々木1丁目38-8 那須ビルB1

gyusei-shop

焼肉牛星代々木店は、代々木駅から近いのですが、大通りから少し入ったところにあるビルの地下にあります。通りすがりに見つけて立ち寄るよりも、目指して訪れるお客様が多そうなお店のようです。

gyusei-taiho

荒木秋冬は、「警察に捕まって人生を終わりにしたかった」「捕まる前に焼き肉を食べたかった」と供述していると報じられていますので、荒木秋冬は犯行当日に代々木駅周辺に来たのではなく、代々木駅周辺に土地勘があったと考えられます。

 

荒木秋冬の立てこもり事件の概要

荒木秋冬の立てこもり事件の概要です。

8日午後9時頃、東京都渋谷区代々木の焼き肉店「焼肉牛星代々木店」で、「爆弾を起動した。騒ぐな。警察に連絡しろ」というメモを店長に渡した。

荒木容疑者は店の出入り口付近に椅子を並べて立てこもったが、説得に当たっていた警視庁の捜査員が9日午前0時過ぎ、店内に突入して身柄を確保した。店長は店の裏口から救出され、けがはなかった。

引用:読売新聞

荒木秋冬は仕事も住居も失い、自暴自棄になって事件を起こしてしまったのかもしれません。

荒木秋冬が仕事も住むところも失ってしまったのは、荒木秋冬の責任だけとは言い切れません。勤務先の寮などに住んでいた場合、退職すると仕事を住まいをいっぺんに失ってしまうからです。筆者は急な派遣切りにあうなどして、職場と住まいの両方を失った人を何人も知っています。

逮捕された荒木秋冬と同一人物の可能性のあるTwitterもFacebookも、繋がっている友人知人がとても少ないです。荒木秋冬が暴走族の総長であったのなら、グループをまとめるだけの人望があったのではないでしょうか。それとも荒木秋冬は、ただ一緒に仲間たちと走っていただけなのでしょうか。

元暴走族だったものの、その後活躍した有名人は、宇梶剛士です。

ukajitakashi

暴走族は許される行為ではありませんが、宇梶剛士のように荒木秋冬も誰かと繋がっていたのであれば、自暴自棄になって、立てこもり事件を起こすことはなかったと考えられます。

追記・荒木秋冬の犯行動機「京王線ジョーカー事件を模倣か」

後から、荒木秋冬は、「2週間前に長崎県内の実家を出て、新宿でホームレス生活していた。生きている意味を見いだせなかった」「最近あった電車内での事件のようにしたかった」と供述していると報じられました。

逮捕された容疑者が、最初から事実を話すとは限りませんが、ある程度の裏付けが取れたので報道されたと考えられます。

「最近あった電車内での事件」とは、服部恭太がジョーカーに扮して起こした京王線刺傷事件を指しているのでしょう。

hattorikyota

服部恭太の生い立ち

残念ながら、日々さまざまな事件が起きています。たくさんの事件の中から、荒木秋冬が服部恭太の事件を模倣したのであれば、荒木秋冬は服部恭太に共感したのでしょう。

服部恭太は「仕事も友人関係も上手くいかず、〇にたかった」と供述しています。友人とは恋人のことだと考えられますので、荒木秋冬の犯行動機も失恋が原因だった可能性があります。

 

逮捕された荒木秋冬が、自分の罪と向きあえるかが今後の課題となるでしょう。

シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました