幼児虐待事件

西岡竜司(たつじ)のFacebook「わがままで癖のあるドS男」大阪市

幼児虐待事件

2021年4月、大阪市東住吉区に住む会社員の西岡竜司(にしおかたつじ)(42)が、家族で旅行中に宿泊していた福岡市内のホテルで、生後2カ月の次男を冷凍庫に入れるなどの暴行した疑いで、2022年1月に逮捕されました。

西岡竜司は「子どもがかわいいという気持ちで意地悪をした」と供述しています。

西岡竜司はフェイスブックを利用しているのでしょうか。

西岡竜司(たつじ)のFacebook「わがままで癖のあるドS男」に迫ります。

 

西岡竜司(たつじ)のFacebook「わがままで癖のあるドS男」

西岡竜司について、報じられてわかっていることをまとめます。

  • 42歳
  • 大阪市東住吉区在住
  • 会社員
  • 家族は妻と長男、次男

 

フェイスブックに西岡竜司と入れて、4つの条件に当てはまるFacebookアカウントを探します。

大阪市在住で、2021年2月に次男が生まれたという、西岡竜司名義のフェイスブックアカウントが見つかりました。

追記:西岡竜司の顔画像と自宅の外観が報じられましたので、Facebookを特定することが出来ました。

報じられた西岡竜司の顔画像はこちら。

nishiokatatsuji-face1

nishiokatatsuji-face2

自宅の外観はこちらです。

nishiokatatsuji-house

西岡竜司の名前のフェイスブックのトップの写真が報じられた自宅の写真と一致し、顔画像も逮捕された西岡竜司と一致しましたので、モザイク処理をはずし、ご家族のみ顔に加工を施します。

 

nisiokatatsuji-fb1

西岡竜司名義のFacebookのトップは、車が3台も停めてある新しめの戸建て住宅の写真で、アイコンは西岡竜司と長男のイラストになっています。

写真の戸建て住宅が西岡竜司の家であるならば、家族4人で住むには広いと考えられるので、親と同居している可能性もあります。

西岡竜司のFacebookには、2月14日に家族が増えましたと投稿しています。

nishiokatasuji-baby

 

家族が1人増えました
2021年4月に生後2か月の次男を冷凍庫に入れたとあるので、月齢が一致します。
西岡竜司の妻は、西岡竜司と同世代と推測できる女性で、長男は2歳であるとフェイスブックに投稿されています。
報じられた西岡竜司は、雨の日に車の外から撮影されたもので、西岡竜司が目を閉じてうつむいているので、表情がハッキリしません。
西岡竜司のFacebookに投稿された西岡竜司の顔画像は、40代らしく、ややぽっちゃり気味のどこにでもいそうな中年男性に見えます。
西岡竜司は次男の顔の近くに、ラジコンのヘリコプターを旋回させていたとも報じられていますが、西岡竜司のフェイスブックには、次男のすぐそばでラジコンのヘリコプターが飛んでいるように見える投稿も見つかります。
nshiokatatsuji-heri
赤ちゃんのすぐそばでラジコンヘリを飛ばす行為は、即座に虐待と判断するのは難しいかもしれません。
ですが、生まれたばかりの赤ちゃんを沐浴させている画像はヒドイものです。
nishiokatasyuji-baby2
生まれたばかりの赤ちゃんの頭に、水道の蛇口から直接お湯をかけています。赤ちゃんのシャンプーを流すときには、親が手でお湯をすくって流します。お湯の温度が急に変わることもありますし、刺激が強すぎるので、水道の蛇口から直接かけるようなことはしません。
まして、西岡竜司はひとりで片手で赤ちゃんを沐浴させながら、もう片方の手でスマホで写真を撮っているのでしょうか。滑って赤ちゃんが落ちてしまう恐れがあり、とても危険な行為で「頭流していると仮面みたいなった」なんて、のんきな投稿をしている場合ではありません。
西岡竜司の妻は、西岡竜司が我が子を沐浴させているフェイスブックの投稿を、見ていなかったのでしょうか。妻も西岡竜司の行為を知っていて止めていなかったのであれば、同罪に値します。
西岡竜司のFacebookの基本データに自己紹介が投稿されていました。
nishiokatatsuji-prof
S15シルビアでジムカーナをしておりましたが、平成30年1月にエンジンブロー。 その後ロードスターRFに乗り換えてモータースポーツは今も継続中。 基本大阪の舞洲メインでよく走っており、ごくまれにサーキットも走ってます♪ 何か共通な部分がある方は是非ともお声かけて下さいませ♪ ちょっとわがままで癖のある奴ですが是非よろしくお願いします(^人^)
西岡竜司は車が大好きで、ちょっとわがままで癖のある性格であることがわかります。
また、西岡竜司は2021年2月に、長男と次男の写真を載せて、
泣く弟を見て喜ぶドSな兄

とフェイスブックに投稿しています。

友人:困った兄ちゃんや

と友人からのコメントに対して、

西岡竜司:このドSの血は俺だろな
とコメントしています。
西岡竜司は、わがままで癖があって、ドSな性格の持ち主だったのでしょう。
西岡竜司は、フェイスブックにたくさんの子供たちの写真を載せています。
nishiokatatsuji-kodomo
長男や次男の写真を、頻繁にフェイスブックのアイコンに設定変更しています。
西岡竜司は生後2か月の赤ちゃんを冷凍庫に入れる虐待をした後にも、平然と子供の写真をFacebookに投稿していたことになり、ドSどころではない残忍さにゾッとします。
西岡竜司が子供たちをかわいいと思っていたことは間違いなさそうですが、子供を愛しいと思っているのではなく、おもちゃのように扱っていたことが推測できます。

西岡竜司のFacebook「車関係の仕事か」

西岡竜司のフェイスブックを見ると、車がたくさん出てくるので、車好きであることがわかります。

西岡竜司のFacebookには、自宅ガレージで長男と一緒に撮った写真が投稿されています。

nishiokatatsuji-car

将来は整備士になってくれると父ちゃん助かります
長男が将来整備士になったら、西岡竜司が助かるとコメントを書いています。
自宅にリフトがあるのは珍しいのでは、ないでしょうか。
別の日にも、同じ自宅ガレージのリフトの写真をFacebookに投稿して
要相談でリフトと工具貸し出しまつよ。もちろん有料でつ
とコメントを投稿しています。
nishiokatatsuji-tunagi
西岡竜司がつなぎを着て家族と車と一緒の写真も、Facebookに投稿されています。
これらのことから、西岡竜司の仕事は整備など車関係の仕事ではないかと推測できます。

西岡竜司のFacebook「似た者同士の嫁」

西岡竜司の妻は、捜査されているとも逮捕されているとも報じられていませんので、モザイク処理を施します。

nishiokatatsuji-family

次男が生まれたばかりの時に、西岡竜司は家の前で、嫁と長男、次男の4人で写真を撮り、フェイスブックに投稿しています。

西岡竜司の妻は、西岡竜司に似たぽっちゃり体型で、顔立ちも西岡竜司によく似てます。似たもの夫婦とはこのことを指すのでしょう。

次男を出産して退院した日なのでしょうか。西岡竜司の嫁は、化粧っ気のない顔で、髪の根元には白いものも見えます。妊娠中はヘアカラーがしにくいので、白髪が出てきてしまったのでしょう。

西岡竜司の嫁の顎はたっぷりと肉が付いていて、二重アゴになっています。若くは見えないので、42歳の西岡竜司と同じくらいの年齢か、もしかすると嫁のほうが年上に見えます。

nishiokatatsuji-tunagi

先ほど紹介した西岡竜司がつなぎを着ている写真には、コメントとタグが付けてあります。

nihiokatasyuji-yome

久々の愛車との家族写真( * ॑꒳ ॑*)
— 〇〇さんと一緒です。
〇〇さんとは、西岡竜司の嫁のことだと考えられます。西岡竜司のフェイスブックに頻繁にコメントを添えていますし、〇〇さんのFacebookに飛ぶと、同じ子供の写真がたくさん掲載されているので、西岡竜司の妻と特定できます。
つまり、西岡竜司の嫁は、西岡竜司がFacebookに子どもの写真を投稿していることを知っていたことになります。西岡竜司の妻が写真を撮っていたこともあるかもしれません。嫁は西岡竜司の虐待を見て見ぬふりをしていたor夫婦で子供を虐待していた可能性があるのではないでしょうか。

西岡竜司だけじゃない!「幼児虐待事件のニュースが繰り返される」

西岡竜司だけではなく、残念ながら、幼児虐待事件のニュースが連日のように報道されます。
21年10月に、1歳5か月の次男に対し、重体となるほどのケガをさせた疑いで、父親の根岸優貴(ねぎし・ゆうき)(34)が逮捕されました。
negishiyuki
2020年2月ごろ、生後6カ月ほどの女の子の赤ちゃんに暴行を加え、けがをさせた疑いで、2021年11月30日、静岡・沼津市の会社員・斉藤誉弥(さいとう・たかや)(23)と妻の和生(わせい)(22)が逮捕されました。
saitotakaya
根岸優貴も斉藤誉弥も子供が思い通りにならないと、キレて暴力をふるっていたと見られています。
西岡竜司も同じように思い通りにならないとキレていたのでしょうか。

西岡竜司の事件の概要

西岡竜司の虐待事件の概要です。

大阪市東住吉区に住む会社員の西岡竜司容疑者(42)は、去年4月、家族で旅行中に宿泊していた福岡市内のホテルで、生後2カ月の次男を冷凍庫に入れるなどの暴行した疑いが持たれています。 去年8月、西岡容疑者と妻が、次男の「左足が腫れている」と大阪市内の病院を訪れ、次男が受診した際、左足や肋骨などが骨折していることが分かりました。 病院が児童相談所に連絡し、警察が調べたところ、西岡容疑者のパソコンなどから、次男が冷凍庫に入れられている写真が見つかったということです。 また他にも、西岡容疑者が次男の手などを指で弾いている動画や、ラジコンのヘリコプターを顔の付近で旋回させている動画などもあったということです。 次男は現在、児童相談所に一時保護されています。
引用:カンテレ
西岡竜司は42歳にもなって、自分の子供は自分のモノではないことに気が付かなかったのでしょうか。
西岡竜司にとって子供はアクセサリーや車のように、自分自身に箔をつけるものだったのでしょうか。
西岡竜司の長男は虐待を受けてなかったのか、次男がお兄ちゃんや母親とも離されて、児童相談所に保護されて、心に傷を持たないかが気がかりです。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました