幼児虐待事件

西岡竜司の顔画像「めざまし8で関係者語る」擁護するTwitterも発見

幼児虐待事件

2021年4月、大阪市東住吉区に住む会社員の西岡竜司(にしおかたつじ)(42)が、家族で旅行中に宿泊していた福岡市内のホテルで、生後2カ月の次男を冷凍庫に入れるなどの暴行した疑いで、2022年1月に逮捕されました。

西岡竜司のFacebook

1月12日放送の「めざまし8」で、西岡竜司を知る人が取材に応じました。

西岡竜司を擁護するTwitterも発見しました。

西岡竜司の顔画像「めざまし8で関係者語る」擁護するTwitterも発見に迫ります。

西岡竜司の顔画像「めざまし8」で関係者が語る

nishiokatatsuji-face

1月12日放送の「めざまし8」で、西岡竜司を知る人が取材に応じていました。

近所の人:びっくりびっくり子供がかわいそう

 

知人A:経済的に余裕があってよいご家族なんだろうなっていう印象があります。感情の起伏が激しかったりとか、そういうことはなくて、良識のあるかという認識しか記憶にないですね。

 

知人B:よく子供と出かけ写真を撮っていたなという印象ですね。温厚な感じで子供想いの父親だったので、今でも逮捕されたことが信じられません。
「めざまし8」の番組内で専門家は
「冷凍庫に入れるのは異常な感じがしますが、SNSにアップするために面白おかしさだけを求めた写真を撮って、子供の気持ちを考えていない親が増えています。」と話しました。
MCの谷原章介は、「子供がかわいくてつい構ってしまうのはわかりますが、骨折させるのは行きすぎだと思う。長男がどのように育てられたかが気にかかる」と話しました。

西岡竜司の評判を匿名掲示板で調査

西岡竜司のFacebookを見ると、パッと見は子煩悩そうな父親のフェスブックに見えます。

実際の西岡竜司の評判を知るべく、匿名の掲示板を調査しました。

nishiokatatsuji1
西岡竜司は金持ち
nishiokatatsuji2
そこそこ豪邸に高級車
どうせ父親が土方派遣や産廃・解体業で成金になった家の息子だろ
いびつな甘やかし方をしたから42歳にもなって幼児性が抜けない
西岡竜司の家の画像を見ると、なかなかの豪邸なので金持ちであることは容易に推測できます。親譲りではないかというのも、推測でしょう。
nishiokatatsuji3
いや本当に楽しんで面白いと思ってやってたんじゃね
そうじゃなきゃ撮らんだろ
撮る行為自体が面倒じゃん イライラしてる時にやるか?
nishokatatsuji4
誰が動画撮ったの?自撮り?
nishiokatatsuji5
離婚していないだろ?
ぶちゃけ母親も同類かと思う
西岡竜司の仕業を鬼畜と批判するコメントが多く、同級生や仕事仲間など西岡竜司を直接知る人の書き込みが見つかりませんでした。
匿名の掲示板では、妻はどうしていたのだろうか、妻も同類なのではないかと指摘する投稿も多く見つかります。
生後2か月の赤ちゃんを連れて、大阪から福岡まで旅行するのも考えが浅いです。首が完全に座っていない赤ちゃんを連れて歩くのは容易ではなく、授乳やおむつ替えも頻繁なので、旅行を避ける時期です。
また、ホテルのどこに冷凍庫があったのかと、不自然さが気になります。

西岡竜司を擁護するTwitterを発見

Twitterで西岡竜司と検索すると、西岡竜司を擁護しているツイッターアカウントを発見しました。
yougo1
虐待は本当に心の痛い問題ですが、このケースは冤罪です。もっと調べて下さい。骨折は遊んでいた2歳長男君が次男君のお腹に乗ったことが原因と考えます。長男君に確認を。長男君はものすごく父ちゃん子です。マスコミが煽って親子を引き離すようなことはして欲しくない。
yogo2
うつ伏せさせたのは首据わり期だったためで頑張って首を持ち上げる姿を西岡氏が撮影していますが、次男君が泣いちゃっているので奥様が後ろからストップの声がけをしたものです。 奥様の声をよく聞いて下さい。
yogo3
冷凍庫に入れて写真を撮った事実について、度の過ぎた悪ふざけを父親は猛省するべきですが、虐待の冤罪が覆しにくい現状にもスポットを当てて頂きたい。 この家族に未来はあると思います。
西岡竜司を擁護するアカウントは、2022年1月にツイッターアカウントを設定し、西岡竜司を擁護するツイートしかしていません。
妙に具体的でリアリティのあるツイートなので、西岡竜司の嫁が投稿したのではないかと指摘する声もあります。
西岡竜司の次男の虐待は、病院の医師が次男が足や肋骨が骨折していることで虐待を疑い、児童相談所に通報したことがきっかけと報じられています。
西岡竜司の次男がいつ児童相談所に保護されたのかは不明ですが、次男が保護された後で警察がパソコンなどを捜査したと考えられます。
病院or児童相談所から虐待ではないかと指摘されてから、西岡竜司の逮捕まで時間があったと考えられますが、西岡竜司はFacebookにカギも掛けていませんし、動画も削除していません。つまり、西岡竜司はヒドイことをした、虐待であったと自覚していないのでしょう。
西岡竜司の妻もFacebookの投稿を削除させていないことになるので、西岡竜司の妻にも捜査が及ぶ可能性があります。
シマリスの新聞斜め読み

コメント

タイトルとURLをコピーしました