沖縄情報

台風12号「ムイファー」が発生しました

沖縄情報

台風11号の影響がまだ残っている状態で、台風12号が発生しました。

台風は自力で動くことが出来ず、高気圧、風向き、偏西風などによって、進路が変わります。

台風は対策することによって、被害を少なくすることが出来ますので、天気予報をマメにチェックして、早めの台風対策が必要です。

米軍、ヨーロッパの予報と合わせて見てみました。どんどん更新していきます。

追記・9月12日の台風12号の様子

台風12号は先島諸島方面に進んでいます。
私はずっと離れた那覇に住んでいるので、今のところ台風の影響は感じません。台風12号の様子をTwitterで探しました。

 

台風12号は速度が遅いので、長い間停滞する予報になっています。既に停電している地域もあります。被害が少ないことを祈ります。

追記・9月11日気象庁の進路予報

台風12号の動きをチェックしましょう。

 

当初の進路予報よりも西寄りになりました。

先島諸島周辺への影響が心配になります。

9月11日は沖縄県知事選挙の投票日なのですが、離島は投票箱の輸送に海保のヘリも使われています。


私の住んでいる那覇は、時々雨が降る程度です。那覇と先島諸島が東京~大阪位離れていることがよくわかります。

台風12号の進路がそれたので、ちょっとホッとしたところでしたが、実際はそんなこと言っている場合ではありませんでした。

9月11日気象庁発表の天気図です。

熱帯低気圧があと2つもあることがわかります。

米軍(JTWC)の予報も見てみましょう。

米軍(JTWC)は東側の熱帯低気圧が発達していると予報しています。

台風は自然災害ですので避けることは出来ませんが、予報することが出来て、対策が出来ますので、マメに天気予報をチェックしてください。

9月9日の気象庁の台風12号の進路予報

まずは気象庁発表の進路予報を見てみましょう。

台風12号は9日(金)正午現在、フィリピンの東にあって、時速15キロで北西に進んでいます。
中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっています。

この台風は今後、発達しながら北西へ進み、11日(日)から14日(水)頃にかけて沖縄地方に接近する見込みです。先島諸島では台風の進路等によっては、11日頃から大しけや警報級の大雨、12日(月)頃から暴風となるおそれがあります。

引用:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

台風12号の「ムイファー (Muifa) 」の名前は、マカオが名付けたもので、「梅の花」の意味です。

台風の進路予報の円は、台風の大きさではなく、〇の中のどこかに進むと予報されているのです。

今のところ、台風11号のようには発達しないと考えられていますが、まだまだ海水温が高いので、注意が必要です。

9月9日の米軍合同台風警戒センター(JTWC)の進路予報

米軍合同台風警戒センター(JTWC)の情報を見てみましょう。

JTWCは、アメリカ・ハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関です。
アメリカ海軍とアメリカ空軍が、ハワイ州真珠湾海軍基地の海軍太平洋気象海洋センターに共同で設置した機関で、一般の人も簡単にアクセスすることができます。

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

JTWCを見るときは日本時間に直すには時差の9時間を加えて下さい。
赤い矢印が台風を示しています。Muifa(ムイファー)と書いてありますね。

米軍合同台風警戒センター(JTWC)の進路予報も見てみましょう。

やはり、先島諸島方面に進む予報になっています。

9月9日のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予報

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)でも、台風の進路予報を見てみましょう。

ECMWFの時刻表記も協定世界時(UTC)なので、日本時間に直すには時差の9時間を加えて下さい。

9月9日発表のwindyの台風12号の進路予報

windyはチェコの会社で、リアルタイム天気予報サービスを世界中に提供しています。

誰でも自由に見ることが出来て、カラフルな画面はとてもわかりやすいです。

画面の下の▶を押すと、台風12号が先島諸島で停滞する予報になっています。

windyは10日先の予報もあります。日付が先になるほど予報の精度は落ちますが、9月18日合わせると、台風12号を追いかけるような渦巻きがあるのが気になります。

台風が来ないと珊瑚が白化します。魚の住処がなくなってしまい、生態系が崩れます。

また、大きな川のない沖縄は台風が来ないと水不足になりがちです。沖縄県民は台風対策に慣れているので、比較的人的被害が少ないのですが、大きな台風は農作物に対するダメージが大きくなるので心配になります。

過去の台風に関する記事も併せて読んでいただいて、台風による被害を少なくしていただけたらと思います。

台風11号「ヒンナムノー」が発生しました
沖縄には毎年、7~8個の台風が影響を及ぼし、だいたい3個くらいが沖縄を通過するというデータがあります。22年は台風が少ないなぁと思っていたら、8月28日、台風11号が発生しました。台風が発生しないと珊瑚が白化してしまい、魚の住処もなくなってしまいます。ですが、被害が大き過ぎるのも困ります。台風11号は予報がしづらいと報じられているので、米軍、ヨーロッパの予報と合わせて見てみました。
沖縄の台風対策はきちんと準備&しっかり後片付けが重要です!
沖縄には毎年、台風が来ます。本土の台風と比べて、ずっと強烈で恐怖感が強いです。移住したばかりの方は驚くことばかりですし、「こんなはずじゃなかった」と思う旅行者をリアルに見ています。台風の影響を受けてから対策をすることは難しいので、私は「沖縄の台風はしっかり準備して、きちんと後片付けをすることが大切です。」とお伝えします。
台風9号が沖縄を直撃しました(2020年)
2020年は7月に全く台風が発生しませんでした。毎年沖縄には7~8個の台風が沖縄に影響し、3個くらいが沖縄を通過します。 沖縄は台風銀座とも言われるので、沖縄県民は台風対策が身についていて、人的被害が少ないと言われていますが、台風9号はかなりキョーレツな台風でした。

コメント

error:Content is protected !!