グルメ

那覇新都心「Cucina KiYO(クッチーナキヨ)」は隠れ家的な本格イタリアン

グルメ

感染拡大防止のためとは言え、飲食店に対する規制が厳しかったように思います。

本来は夜営業のお店が、臨時的にランチ営業したり、お弁当を販売するなどしていました。

「Cucina KiYO(クッチーナキヨ)」には、ランチ営業の時にお邪魔したことがありましたが、本来の夜営業に戻ったと聞いたので、友人とお邪魔してきました。

「Cucina KiYO」はこんなお店

夜だと外観がわかりにくいので、昼間の様子を載せます

「Cucina KiYO(クッチーナキヨ)」は新都心の飲食店が多いエリアにあります。
ですが、ビルの2Fなので、ちょっとわかりづらいかもしれません。

店名のCucinaは台所の意味で、KiYOは伺っていませんが、大文字なのでお名前なのではないかと推測しています。

右奥のエレベーターで2Fに上がります。

Cucina KiYOの入り口を撮影した写真

Cucina KiYOの入り口

店内に入るとすぐ厨房があります。窓側にテーブル席があります。

Cucina KiYOの店内の様子を撮影した写真

Cucina KiYOの店内

重厚感あふれるイスは背もたれに彫刻もあって、豪華な印象です。

一瞬、普段着でいいのかしら?と思いましたが、実際は本格的なのに、カジュアルな雰囲気のお店なんです。ホッ。

 

店内は広く、バリアフリーなので、ベビーカーや車椅子の方も利用しやすく、小さなお子さんもウェルカムなお店となっています。まさに隠れ家のようなお店ですね。

「Cucina KiYO」のお酒を楽しみました

「Cucina KiYO」は、スマホで注文する仕組みです。

Cucina KiYOのQRコードを撮影した写真

注文はQRコードを読み取る仕組みです

テーブルの上にあるQRコードを読み取って、オーダーします。

「Cucina KiYO」の仕組みは独特です。滞在時間に応じた入場料がかかりますが、ドリンクは、ほぼ原価で飲めるのです。

Cucina KiYOのメニューを撮影した写真

Cucina KiYOのメニュー

コースをお客様が選ぶと、チョイスの失敗がありますが、時間帯に応じて計算していただけるので、チョイスの失敗がありません。これはいいですね。

スパークリングサワー・ブラッドミモザ

ブラッドミモザを撮影した写真

ブラッドミモザ

スパークリングワインで作ったサワーは初めて飲みましたが、ブラッドオレンジの爽やかさが感じられます。大きなグラスにたっぷり入っているのが嬉しいですね。

スパークリングサワー・ざくろ

スパークリングサワー・ざくろを撮影した写真

スパークリングサワー・ざくろ

友人が頼んだ”ざくろ”。バリエーションが豊富なのも楽しいですね。

白ワイン

Cucina KiYOの白ワインを撮影した写真

Cucina KiYOの白ワイン

本日のワインの中から、ポルトガル産のワインをお願いしてみました。爽やかなワインで、食事を妨げることがなく、相乗効果で両方おいしく頂きました。

赤ワイン

Cucina KiYOの赤ワインを撮影した写真

Cucina KiYOの赤ワイン

友人が注文した赤ワインです。肉料理との相性は間違いないですね。

「Cucina KiYO」のフードを楽しみました

お通し

Cucina KiYOの枝豆のパンナコッタを撮影した写真

枝豆のパンナコッタ

お通しとして運ばれてきたのは、枝豆のパンナコッタです。冷たいスープと思ったら、パンナコッタって。いい意味で裏切られているので、お料理に期待できますね。

前菜3種盛り

Cucina KiYOの前菜盛り合わせを撮影した写真

味玉、生ハム、自家製ベーコン、豚肉のリエットなど

前菜3種盛り(780円)とお願いしたのに、3種以上の盛り合わせを作っていただきました。どれもおいしかったのですが、自家製ベーコンがとてもおいしかったです。

和牛すじデミグラス煮込み

Cucina KiYO和牛すじデミグラス煮込みを撮影した写真

和牛すじデミグラス煮込み

以前、ランチで食べた「和牛ホホ肉のリガトーニ赤ワインソース」がとてもおいしかったので、「和牛すじデミグラス煮込み」(580円)をお願いしました。

ホロホロになるほど柔らかくなるまでデミグラスソースで煮こまれた牛すじが、とてもおいしくなっています。まん中にあるのは温玉です。崩して食べると、ニンマリするおいしさです。

ゴルゴンゾーラクリームペンネ

Cucina KiYOのゴルゴンゾーラペンネを撮影した写真

ゴルゴンゾーラペンネ

パスタはどれもおいしそうで悩みましたが、ゴルゴンゾーラクリームペンネ(1,080円)を選んでみました。チーズ臭さは感じられず、チーズの旨味がペンネに絡んでとてもおいしいです。

もう少し、塩味は控えめのほうが良いかもしれません。

 

豚肉のビール煮込み

Cucina KiYOの豚肉のビール煮込みを撮影した写真

豚肉のビール煮込み

厚みのある豚肉を大きめにカットして、ビールで煮込んであります。豚肉がビールの作用で柔らかくトロトロになっています。アルコールは飛んでいますので、お酒が苦手な方もおいしく食べられます。

ビールとの相性もよさそうですが、ワインとの相性も良かったです。

「Cucina KiYO」のデザートを楽しみました

Cucina KiYOのホットコーヒーを撮影した写真

デザートにホットコーヒーは不可欠

お酒とフードをたくさん頂いたので、デザートで締めくくることにしました。

濃厚ガトーショコラ

Cucina KiYOのガトーショコラを撮影した写真

ガトーショコラ

濃厚でしっとりした食感のガトーショコラでした。

チーズケーキ

Cucina KiYOのチーズケーキを撮影した写真

チーズケーキ

スフレタイプのチーズケーキは、チーズの風味がたっぷりで、食事締めくくりにふさわしいですね。

もともと2つにカットした状態で提供されているようですが、多くのお客様が同席した方とシェアして食べていることでしょう。食べやすくてとてもいいなと思いました。添えられたアイスクリームもおいしくて、かけてあったラズベリーのソースが絶品でした。

追記「Cucina KiYO」に再訪しました

女友達と再訪しました。飲み物は同じものを注文したので、フードだけ紹介します。

お通し

Cucina KiYOのサツマイモのパンナコッタを撮影した写真

サツマイモのパンナコッタ

サツマイモのパンナコッタです。パンナコッタなのにお菓子っぽくはなく、冷製の前菜って感じです。

前菜盛り合わせ

Cucina KiYOの前菜盛り合わせを撮影した写真

前菜盛り合わせ

やはり、ワインとの相性の良い前菜は、はずせませんね。どれもおいしく頂きました。

フェットチーネカルボナーラ

Cucina KiYOのフェットチーネカルボナーラを撮影した写真

フェットチーネカルボナーラ

幅広麺のフェットチーネのカルボナーラです。自家製ベーコンの程よい塩味と重すぎないクリームと卵、チーズの相性が抜群でした。

牛ハラミのタリアータ

Cucina KiYOの牛ハラミのタリアータを撮影した写真

牛ハラミのタリアータ

テーブルでチーズを削って仕上げてくださいました。牛ハラミの旨味とシャキシャキ野菜がお互いの良さを引き出しあっています。

いずれも気軽に本格イタリアンが味わえました。お酒もおしゃべりも進み、楽しい夜となりました。

4人以上で訪れる場合や週末・祝日などは、あらかじめ予約されることをオススメします。貸し切りにも応じてくださるそうです。

「Cucina KiYO」へのアクセス

330号線、真嘉比交差点から58号線方面に進んで、左側のファミリーマートの向かい、うどん店の2Fにあります。

住所:那覇市銘苅1-2-17

TEL:080-9102-8717

営業時間:18:00~22:00

定休日:日曜日

※駐車場は向かいのファミリーマートの隣です。

コメント

error:Content is protected !!