お酒

那覇市松尾「らう次郎」はおつまみもおいしいセンベロのお店

お酒

私Yumixことユミはお酒が強くないので、時間制限のあるセンベロのお店は、あまり行ったことがありませんでした。

また、センベロにシステムはお店によって異なるので、慣れないと戸惑ってしまうことも敬遠してしまう理由のひとつでした。

「らう次郎」はセンベロなのにクオリティが高いと聞いたので、友人とお邪魔してきました。

「らう次郎」はこんなお店

「らう次郎」は、牧志公設市場の奥、サンライズなはのアーケードの路地裏にあるお店です。

らう次郎の外観を撮影した写真

らう次郎の外観

夜だとちょっとわかりにくいでしょうか。

らう次郎の外観を撮影した写真

明るい時間のらう次郎

昼間撮るとこんな感じです。お昼の12:00から飲めるので、明るい時間でもお客様の姿があります。

店名の「らう次郎」は、路地裏(ろじうら)を逆さに読んだものが由来とか。シャレてますね。

旅行者は簡単に探せそうにない場所にあるのですが、いつも賑わっています。
店内は思ったよりも広く、まん中に厨房とカウンター、左右にテーブル席があります。

らう次郎の店内を撮影した写真

らう次郎は思ったより広いです

テーブルの脚はビールケースだったりと、気取りのないお店です。

「らう次郎」のセンベロの仕組み

「らう次郎」のセンベロは、飲み物3杯+お任せおつまみ2品=1,000円です。先払いでお会計を済ませたら、ドリンクを注文します。

センベロメニューはこちら。

らう次郎のせんべろドリンクメニューを撮影した写真

らう次郎のせんべろドリンクメニュー

ドリンクが運ばれるたびに、こちらのチケットにハンコを押してくれます。

らう次郎のせんべろ券を撮影した写真

らう次郎のせんべろ券

これで何杯飲んだかわからなくなるのを防げますね。

お店を紹介した人は同伴者が不安にならないように、説明してくださいね。

 

「らう次郎」のお酒とおつまみを楽しみました

まずは生ビールを注文し、のどを潤しましょう。

らう次郎の生ビールを撮影した写真

らう次郎の生ビール

すると、お任せのおつまみが運ばれてきました。

らう次郎のお任せおつまみを撮影した写真

お任せおつまみ 左:ツナ白菜 右:肉豆腐

この日は、肉豆腐とツナ白菜。これがとてもおいしいのです。他の居酒屋のお通しよりもずっと丁寧に作られていて、センベロのフードでいいのかな?と思うくらいです。路地裏にある「らう次郎」が人気のワケは、このフードにあるんだろうなと思いました。

らう次郎のレモンハイを撮影した写真

らう次郎のレモンハイ

私はおいしいおつまみを食べつつ、生ビール2杯とレモンハイを飲みました。

「らう次郎」はおつまみを追加できます

センベロのお任せおつまみがおいしかったので、おつまみを追加することにしました。

メニューはこちらです。

らう次郎のおつまみメニューを撮影した写真

らう次郎のおつまみメニュー

オーダーするときに、テーブルの上の小さなザルにお金を入れておきます。

キャッシュオンで支払う仕組みです。お店が混雑している時は、紙に書いて渡してください。

キャベツの浅漬け(100円)

らう次郎のキャベツの浅漬けを撮影した写真

らう次郎のキャベツの浅漬け

ざくざくとカットしたキャベツを浅漬けにしています。塩昆布がいい仕事していて、なんとなく、つまむのにちょうどいいです。

らう次郎のおつまみを撮影した写真

左:チーズパイ揚げ 右:とり皮ポン酢

左:チーズパイ揚げ(200円)
餃子みたいなカタチしていますが、中身はチーズです。カリっとした皮の食感とチーズの塩加減でお酒が進みます。

右:とり皮ポン酢(200円)
とり皮を揚げて、ポン酢と和えてあります。カリカリした食感とさっぱりした口当たりが心地よいです。

どれも明朗会計なので、気軽にお酒が飲めて、友人とのおしゃべりも弾みました。親しい方と是非どうぞ。

「らう次郎」へのアクセス

サンライズなはのパチンコ店の裏手にあります。

住所:沖縄県那覇市松尾2-24-21

TEL:098-960-3445

営業時間:12:00~21:30

定休日:火曜日

コメント

error:Content is protected !!