カフェ

南城市ランチ~椰子並木(やしなみき)は古民家で本格フレンチが楽しめます

カフェ

友人と「ガンガラーの谷」を訪れることにしました。ガンガラーの谷では食事をする場所がないので、友人オススメの南城市佐敷の「椰子並木(やしなみき)」でランチを済ませてから、ガンガラーの谷のツアーに参加することにしました。

「椰子並木(やしなみき)」は古民家の佇まいで本格的なフレンチが楽しめる、お店でした。さっそく紹介します。

椰子並木(やしなみき)のお店の様子

那覇から数十分車を走らせると、お店の前に到着です。意外と近いですね。

お店の外観はこんな感じ。古民家をリフォームしたらしく、隠れ家感が満載なので、どなたかに案内してもらわないと見つけにくいと思います。

門からアプローチを抜けた先にドアがあります。ドアを開けてすぐ左側がレジで、その奥に厨房があるようですが、見えない構造になっています。レジ前に置かれたパンもおいしいと伺いましたが、持ち歩けないので、次回リベンジしたいと思います。

ゆったりした間隔で大きめのテーブルが配置されているので、くつろげます。

古民家の建具をそのまま使ったインテリアでダークブラウンの柔らかい色合いが、落ち着く雰囲気を演出しています。古民家風の飲食店には、マストアイテムの足踏みミシンも置いてありました。

地元の方が多く利用されているので、間違いないお店とわかります。

椰子並木のランチの様子

メニューはこちらです。

テーブルいっぱいにトランプのように並べられたメニューです。古民家でカジュアルなフレンチっておしゃれですね。

どれもおいしそうで迷いましたが、「鯛のムニエル」を選びました。(1,700円・税込み)

ドリンクはドリンクカウンターでおかわり自由で飲めます。美しい器が全て異なっていました。ドリンクバー状態でも、手抜きをしていないのですね。

すぐに前菜が運ばれてきました。ゴーヤーやスターフルーツも使ってあり、野菜たっぷりの前菜になっています。新鮮な野菜がおいしいです。

前菜を食べ終えた頃合いを見計らって、ミネストローネスープが運ばれてきました。野菜たっぷりのミネストローネで体がホッとします。

メインの真鯛のムニエルは皮目はパリッと、身はふっくらと焼き上げてあります。これが鯛を一番おいしく食べる焼き方だと思いますが、難しいんです。トマトソースと絡めて食べると、ぐっと旨みが増しました。うーん、本格的です。

五穀米とパンのどちらかを選べたので、五穀米を選びました。クセがなくて、固さもちょうど良かったので食べやすかったです。

デザートのケーキは3種類から、チーズケーキをチョイスしました。和食によく使われそうな葉っぱが添えられていて、洋食と和食の良いところを取り入れているのだなと感心しました。

コーヒーと一緒に食べました。酸味が効いていて、とてもおいしいチーズケーキでした。

カジュアルな雰囲気で、本格的なフレンチを味わうことが出来ました。コース料理ですが、絶妙なタイミングで次の料理が運ばれてくるので、テンポよく食事が出来ました。ボリュームも丁度いいです。もっと近くにあったらいいのにな、そんな気持ちになるお店でした。

椰子並木(やしなみき)の基本情報

沖縄本島南部、南城市佐敷(さしき)のヤシ並木ロード沿いです。

住所沖縄県南城市佐敷字佐敷477-2
TEL098-947-2695
営業時間11:30~22:00
定休日水曜日
駐車場有 小さい車のほうが停めやすそうです。


※感染拡大防止のため、営業スタイルが変更になったり、臨時休業する場合もあるので、来店の場合はあらかじめご確認ください。

コメント

error:Content is protected !!