カフェ

那覇のカフェ散歩~珈琲屋台ひばり屋は気づきを与えてくれるカフェ

カフェ

おいしいと聞いて何度も訪れているのに、臨時休業などでちっとも入れないお店があります。
その一方で、何度訪れても”気づき”を与えてもらえるお店もあります。

今日は数回しか訪れていないものの、毎回気づかされる「珈琲屋台ひばり屋」をご紹介します。

珈琲屋台ひばり屋はこんなお店

珈琲屋台ひばり屋はオープンカフェではなくて、珈琲屋台です。国際通りからほど近いところのお庭に、屋台を置いてあります。

珈琲屋台ひばり屋は、千葉出身の女性店主さんがおひとりでやっているお店です。サバサバして気取らないところが魅力的な店主さんは「珈琲屋っぽくない珈琲屋」を目指して、2004年7月にオープンしました。

ちんだみ三線店前(現JALシティホテル)→2007年にパラダイス通り理容たかまつ裏へ移転→2016年3月ゆいレール美栄橋駅のそばの民家の奥に移転→2017年桜坂のグランドオリオン通りのオリオン薬局の横の小道を入ったところという、非常に説明しにくく、探しにくいところに移転しました。

屋外で屋根がありませんので、夏暑くて冬寒く、雨が降ったらお休み、台風の影響がハンパないのに、15年以上も続けてこられているのは、コーヒーの味はもちろん、店主さんのお人柄なんだと思います。

珈琲屋台ひばり屋のお庭の様子

国際通りから脇道を進み、薬局の脇の細い路地を入ると突然開けて、珈琲屋台ひばり屋の門が見えます。

お庭にはテーブルとイスが置かれています。風雨にさらされてすっかり周りの景色と同化していますね。

雨が降るとお休みで、前日までの雨でお庭が濡れていてもお休みです。朝オープンしたものの、雨が降ってしまって早々に店じまいとなることもあります。

きっと店主さんは、”晴耕雨読”と考えているのではないでしょうか。誰よりも雲や風に敏感ですが、「晴れたら開けて、雨ならお休み」と割り切っているように思います。

珈琲屋台ひばり屋のアイスカフェオレを飲んでみた

お庭の右側にあるこちらの屋台で注文と会計を先に済ませるシステムです。タイミングがいいと焼菓子があり、場合によってはお酒が飲めることもあります。

私が注文したのは「アイスカフェオレの優しめ」(480円)です。コーヒーの苦みが選べるのですが、強めor優しめって素敵ですね。

注文したら好きな席で座って待ちましょう。

コーヒーを一杯ずつ淹れてくださいますので、ちょっとだけ待ちますが、この時間が”ご馳走”なんです。

屋根も壁もない珈琲屋台ひばり屋なので、ないものはたくさんあります。ですが、たくさんの「あるもの」に気づかされるのです。

太陽の恵み。風の心地よさ。鳥の声も聞こえます。もしかしたら、”ない”ほうが豊かなのかもしれない。そんなことに気づかせてくれる素敵な”空間”なのです。

運んで頂いたアイスカフェオレ。

店主さんのコーヒーを淹れる腕前は間違いなく、程よい苦みがミルクにぴったり合っていて、気取っていませんがとてもおいしいコーヒーです。

コーヒーを飲みながら、自然の風に吹かれて読書するのは贅沢な気分になり、気持ちがリセットされます。

珈琲屋台ひばり屋はハイヒールもフルメイクも要らないお店です。ジーパンなどいつものスタイルで訪れてください。そのほうがお店の良さが感じられると思います。

珈琲屋台ひばり屋へのアクセス

那覇の国際通りにある、てんぶす那覇のすぐ近くに琉球銀行のATMコーナーがあります。その角を曲がった道がグランドオリオン通りで左側に屋台村があり、その向かいにオリオン薬局があるので、その横を入ります。

この細ーい路地を入ります。

雨が降るとお休みで、お庭が濡れていてもお休みです。ひばり屋のお庭でイベントが開催されることもありますし、県内外、海外のイベントにも出店されていることも多いので、スケジュールはSNSで確認してください。

  • 住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目9−26
  • TEL:090-8355-7883
  • 営業時間:10:30~19:00
  • 駐車場:無し

 

コメント

error:Content is protected !!