グルメ

那覇新都心「けんぱーのすばや」は外観とのギャップが激しい

グルメ

那覇にも、おいしい沖縄そばのお店はたくさんあります。

麺xスープxトッピングだけでもその組み合わせは無限大ですが、どんなお店で食べるか?って要素も加わるのが面白いところです。

今日は那覇新都心の「けんぱーのすばや」へ行ってきました。

けんぱーのすばやはこんなお店

けんぱーのすばやの外観を撮影した写真

けんぱーのすばやの外観

那覇新都心は近年返還されて開発された地域なので、比較的町並みが新しく、道路が碁盤の目のように通っています。

そんな中でひときわ目立つ、手作り感満載の外観。評判は聞いていたものの、ちょっと躊躇してしまってお邪魔したことはありませんでした。ちょっとだけ勇気を出してお店にお邪魔しました。

「すば」とは「そば」の意味で、「けんぱー」は店主さんの愛称らしいとの噂もあります。つまりは「ケンちゃんのそば屋」的なネーミングのようです。

入り口を入ると思ったより店内が広いことに驚きました。

けんぱーのすばやの店内を撮影した写真

けんぱーのすばやの店内

テーブルがずらっと並んでいます。早めに伺ったので空いていますが、ランチタイムは混雑します。どことなく、県外の海の家みたいな雰囲気もあります。

三枚肉すばの実食です

まずは入って左側の券売機で食券を購入します。

けんぱーのすばやの券売機を撮影した写真

けんぱーのすばやは食券は商品と引き換えです

メニューはこちらです。

けんぱーのすばやのメニューを撮影した写真

けんぱーのすばやのメニュー

ランチタイムは混雑しますので、お店の外にあるメニューを見て注文を決めておくとスムーズです。

私は「三枚肉すば」(730円)をチョイスしました。

自動的に注文が厨房へ届く仕組みになっていますので、食券は引換券として使用します。

出来上がりを取りに行って、返却するまで、全てセルフサービスのお店です。

好きな席に座って、番号で呼ばれるのを待ちますが、ホントにあっという間に呼ばれますので、スタンバイしておいてください。

けんぱーのすばやの三枚肉すばを撮影した写真

けんぱーのすばやの三枚肉すば

呼ばれて取りに行ったのがこちら。お水、レンゲ、紅ショウガなどは受取カウンターの右にありますので一緒に取りましょう。

11:00~15:00はそばを注文すると、じゅーしーがサービスしてもらえます。
サービスのじゅーしーがうれしかったです。じゅーしーは内地の炊き込みご飯よりも、優しい味付けですが豚肉の旨みが感じられて沖縄そばとの相性は間違いなしです。

スープは豚とカツオと塩で作られています。どちらかと言えば豚寄りなのだと思いますが、スッキリしていて深みのあるスープで私の好きな味でした。

麺は細めのストレート麺。とても長いのが特徴で、すすれなかったので歯で切って食べました。

三枚肉とは豚バラのことです。肉が三切れあるからじゃないですよ。

三枚肉が程よく煮込まれていて、スープや麺とのバランスがいいなと思いました。「調和」にこだわって作られたと公式サイトに書いてあったのが納得です。

ソーキすばの実食です

久しぶりに再訪して、ソーキすば(800円)をチョイスしました。

私と同じタイミングでお客様が入店されたので、注文したタイミングもほぼ一緒ですが、やはり出てくるのが早いです。

けんぱーのすばやのソーキすばを撮影した写真

けんぱーのすばやのソーキすば

スープをひと口すすって、「ああ、これだ」と思いました。ラーメンのスープに似ているようで似ていない、どこかホッとする味です。

ソーキはトロトロになるほど軟らかく煮こまれています。味が濃すぎないのでスープを邪魔しないでいいなと思いました。

 

ソーキとは豚のあばら肉です。骨が付いていますのでご注意くださいね。

 

セルフサービスなので、スタッフとの交流はありませんが、「お待たせしました」「ありがとうございました」の声が全力だったので、お店に対する愛情を感じられてホッとしました。

けんぱーのすばやへのアクセス

那覇新都心公園の向かい、サンエーメインプレイスの並びにあります。

住所:沖縄県那覇市おもろまち4丁目9-11
TEL/FAX :098-869-9281
営業時間: 11:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:火曜日
※お店の前に駐車場が9台分あります。

※感染拡大防止のため、営業スタイルが変更になったり、臨時休業することもあります。来店の際はあらかじめご確認ください。

コメント

error:Content is protected !!