沖縄情報

沖縄にはお正月が3回あった~正月・旧正月・旧十六日祭~

沖縄情報

私は沖縄に移住して、10年が経ちました。もう少しで丸11年です。

地域で大切にしているものは、文化が詰まっているので、リスペクトしたいと考えています。

なんと、沖縄のお正月は3回もあったのです。

調べてみたので紹介します。

※22年1月のブログに加筆して公開します。

沖縄のお正月1~1月1日~

まずは新暦、1月1日のお正月ですね。

親戚が集まったり、初日の出や初詣に行ったり、年賀状を送ったり、お年玉をもらったりするのは、県外と同じです。

沖縄独特なのは、おせち料理がなく、お雑煮も食べないことでしょうか。(おせちやお雑煮を食べる家庭は少数派です。)

沖縄では、重箱料理をお供えして、オードブルや中身汁などを食べるのです。

最近では、県外出身の方も増えたので、スーパーなどにおせちの材料も並んでますが、種類も量も少ないです。

沖縄のお正月2~旧正月~

次に巡ってくるのが、旧正月です。

旧正月とは旧暦(太陰暦)の正月のことです。

日本では、1872年(明治5年)に、それまでの太陰暦にかわり太陽暦(現代の暦)を採用したので、太陰暦のことを旧暦とも言うようになりました。

沖縄では今でも旧暦で行う行事がたくさんあって、ハーリー、旧盆、タンカユーエー、ムーチーなど。旧正月もそのひとつです。

旧暦と現在の暦はズレがあるので、毎年旧正月の日付が異なることになります。

  • 2021年:2月12日
  • 2022年:2月1日
  • 2023年:1月22日
  • 2024年:2月10日
  • 2025年:1月29日

ややこしいので、沖縄で販売されているカレンダーには、旧暦や行事が書き込まれているものが多いです。県外出身の私でも、旧暦が書いてあるほうが、行事がわかりやすいので使いやすいです(笑)

旧正月も、親戚が集まり、重箱料理をお供えして、オードブル、中身汁などを食べます。スーパーや市場にはお正月料理の材料やお飾りが並びます。

地域によって、家庭によって、新正月と旧正月のどちらを祝うかは異なるようです。

海人の街、糸満は旧正月を盛大に祝うことで有名です。漁船には大漁旗を掲げ、大漁や海の安全を祈願するそうで、いつか見てみたいです。

旧正月は基本的に、学校や職場などは休みになりませんが、施設やお店によっては旧正月はお休みするところもありますので、チェックしてください。

ちなみに那覇の牧志公設市場は、新暦のお正月も旧正月もお休みとなります。

沖縄のお正月3~旧十六日祭(キュウジュウルクニチー)~

3回目のお正月は、旧十六日祭です。あの世(グソー)のお正月とも言われています。

2022年は2月16日です。

この日は、ご先祖様が眠るお墓に重箱料理をお供えして、(または島の方角を向かってお供えすることもあるようです)みんなで重箱料理を頂く、先祖供養の意味合いのほうが強い行事のようです。特に宮古島、八重山地方で大事にされています。旧十六日祭を行うかも、地域や家庭によって異なります。

「十六日祭」の由来は、琉球王朝時代にさかのぼります。元日から15日までの諸行事の勤めを済ませた家来が、16日に故郷の父母に会いに帰省しましたが、すでに父母は他界していたため、年頭の辞を墓前で述べたことが始まりと言われています。

 

重箱料理ってなあに?


↑重箱に入っていませんが、中身は同じです。

お正月だけでなく、沖縄の行事に欠かせないのが、重箱料理です。お正月だけでなく、旧盆や清明(しーみー)の時などにも用意します。

重箱の内容は、地域や家庭によって異なっていますが、基本的には三枚肉、厚揚げ、田いも、ごぼう、こんにゃく、魚てんぷら、赤かまぼこ、カステラかまぼこ、昆布の9品です。

お料理の種類も奇数で、それぞれ盛り付ける数も奇数にする決まりがあります。重箱にきれいに、ぎゅうぎゅうに詰めます。この重箱料理とお餅が定番となっています。

重箱料理は御三味(ウサンミ)とも言います。「天と地と海」の食材を使った料理をお供えする意味です。

生の魚は保存が難しいので、かまぼこになったの説もあります。

田いもは親芋を囲むように小芋がつくことから、子孫繁栄の縁起物とされています。

以前は、おばあちゃんから、お母さん、お嫁さんと引き継がれて、全て家庭で作っていたようですが、今はスーパーやてんぷら店などでも購入することができます。どれをどう手作りするのかの割合は、各家庭で異なっていると考えられます。

重箱料理には決まりがあるのですが、オードブルはおかずを盛り合わせたもののことで、全く決まりがないというのも面白いですね。

観光で沖縄を訪れただけでは、なかなか目にすることが出来ませんし、移住してもなかなか参加できませんが、地域の方が大切にしているものは、脈々と受け継がれてきたものなので、敬意を表したいですね。

コメント

error:Content is protected !!