グルメ

那覇市古島「ふらり酔処酒場感」の食前酒と和風メニューがおいしい

グルメ

飲食店が悪者扱いされている昨今。このご時勢でも新規オープンするお店があります。

新規オープンを応援したいと考えていますが、イメージと違っていて、くじけてしまうこともあります。

今日紹介する「ふらり酔処酒場感」は、久々の大ヒットでした。

早速紹介しましょう。

「ふらり酔処酒場感」はこんなお店

古島駅の近くではあるものの、ちょっぴりわかりづらいところに、「ふらり酔処酒場感」はあります。

”ちょっぴりわかりづらい”というのは、ポイントですね。私が思う良いお店は、どれも”ちょっぴりわかりづらい”んです。期待が膨らみます。

外観にはピンクのネオンで酩酊って書いてあります。これが店名じゃないって言うのもいいなぁ。

入口はちょっと奥まっています。

暖簾とか看板はなさそうで、入口のタイルに「SAKABAKAN」の文字。

入口のすぐ左がトイレです。左側に厨房とカウンター席、窓際にテーブル席があります。

新しいのでピカピカで、基本的に店主さんおひとりで切り盛りしていますが、掃除が行き届いていて、清潔感があります。

「ふらり酔処酒場感」でお酒を楽しみました

お酒のメニューはこちらです。

ビール、酎ハイ、泡盛、と何でもありますが、

日本酒の種類が豊富ですね。

食前酒

私がカウンター席に座ったと思ったら、出していただいたのが、食前酒です。目の前で注いでくださいました。

お通しじゃなくて、食前酒なんですね。お通しを断るお客さんもいるって聞きますが、食前酒なら断るお客さんはいないかも。むしろ喜ばれるんじゃないかしら。

私はつい最近日本酒が飲めるようになったんですが、おいしい日本酒でした。

 

うわー!今日は飲んじゃいそう。

琉球王朝

日本酒からスタートしてしまったので、気が大きくなっています。琉球王朝をオーダー。琉球泡盛はスーパーでも販売されてる泡盛ですが、ちょっとお高いのです。お店なら、グラスでオーダー出来ますね。

泡盛は勉強中ですが、水で割っても負けない芯の強さが感じられるタイプが好きみたい。

タンカンサワー

メニューにはないのですが、店主さんから案内していただいたので、タンカンサワーを注文しました。たっぷりのタンカンを絞って頂いたので、柑橘系の爽やかさが満載です。

丹沢山

日本酒を冷で飲みたいとオススメを伺ったところ、出していただいたのがこちらです。甘いお酒は苦手だけど、こちらは辛すぎず、きりっとした感じがおいしかったです。

チェイサーのお水のコップもかわいいです。

「ふらり酔処酒場感」でフードを楽しみました

フードメニューはこちらです。

原稿用紙に書くって、センスいいですね。店主さんの文字だと思いますが、字がキレイです。時々、字が下手過ぎる貼り紙などを見かけるので、どうなっちゃってるの?と思っていました。店主さんは若いですが、きちんと経験を積んで、お店を出されたことが伺えます。

島魚の青唐のカルパッチョ(680円)

食前酒の日本酒でスタートしたので、おつまみは和食がいいかなとチョイスしてみました。辛いのが苦手と伝えると、ソースを控えめにしてくださいました。

爽やかな青唐辛子の辛さが、厚めにカットしたメバチマグロによく絡んでます。マグロが分厚いので食べ応え十分です。

店主さんが「今日はメバチマグロです。」と言っていたので、旬によって魚が変わると考えられます。他の魚でもおいしそうです。

あさりとアーサの酒蒸し(680円)

貝類が苦手な私ですが、アサリは好きです。私は、酒蒸しがメニューにあると注文する確率が高いです。

酒蒸しには、こちらの日本酒使いますって、見せてくださいました。

そのまま飲んでもおいしそうな日本酒です。贅沢ですね。

アサリの酒蒸しはイヤな臭みがなくなっていますが、ほのかに日本酒の味がします。アーサとの組み合わせもバッチリです。スープも飲みたくなりますね。どのお酒でもおいしく食べられて、お酒が進む味でした。

他にもポテトサラダとか、唐揚げとか気になるメニューがあったのですが、お腹がいっぱいになってしまいました。

店主さんの好みのBGMも楽しく、距離感も程よく、ちょっとおしゃべりも楽しめました。なかなか、ニクい感じのお店です。

家からもギリ歩ける距離だし、(帰りは歩けませんが)、リピ決定です。少人数でお邪魔してシェアして食べるのが良さそうです。

追記・「ふらり酔処酒場感」再訪しました

このご時勢、飲み友を誘ってもフラれまくる日々。ならばとひとりで再訪しました。

食前酒

本日の食前酒はこちらです。

私はつい最近、日本酒を飲めるようになったので、ちっとも詳しくないんですが、おいしいです。

日本酒/花垣

「日本酒を冷で辛めがいいな」とリクエストして、出していただいたのがこちら。無濾過の日本酒だそうで、お米の甘みは感じますが、ベタっとした甘みではないので、お料理との相性もバッチリです。

この日のメニューはこちら。

前回と少しメニューが変わっていますね。

酒場感のメニューは、どんな料理か想像が出来そうで出来ないんです。いいなぁ。ワクワクしますね。

ポテサラ

ポテサラ大好きです。自分でもよく作りますが、お店でもよく注文しています。ポテサラがおいしいお店は間違いがないってユミの法則があるからなんですね。

ポテサラにゆで卵が乗っていますので、自分で崩しながら混ぜて食べましょう。ピリッとした粒コショウと下に敷いてあるガーリックチップで大人のポテサラになっています。ポテサラって食感が大事なんですね。メモしておこう。

和牛カルビとイクラの磯部巻き

いい意味で想像を裏切ってますね。こう来たか!って嬉しい驚きがあります。

炙った和牛とイクラを海苔で巻いただけなんですけどね、思いつかないです。カイワレや穂紫蘇などの薬味がいい仕事をしています。ひと口か二口で食べられるので、作り手の意図した味が口の中に広がります。

タンカンサワーとカルパッチョ

  前回おいしかったタンカンサワーがまだあるとのことだったので、頂くことにしました。タンカンサワーに魚を合わせたいと伺うと「今日のカルパッチョはカンパチです。」とのことだったので、オーダーしました。店主さんは「前回はマグロでしたね。」って、覚えててくださいました。こういうのに弱いです。青唐辛子を使っているので辛いんですが、少なめにしていただいたので、爽やかな辛さが楽しめました。 

他にも気になるメニューがあるので、2人くらいで伺ってシェアするのが良さそうです。早く友人と一緒に心置きなく飲めるようになって欲しいものです。

追記・女友達と2人飲みしました

「ふらり酔処 酒場感」に一緒に行ってくれる人を探して、女友達と2人でお邪魔しました。
おいしいフードとおしゃべりで、お酒が進みました。

琉球王朝とポテサラ

今日の琉球王朝のグラスはブルーです。涼しげですね。おいしかったのでポテサラをリピートです。

日本酒/荒走り

冷蔵庫にあった日本酒からラベルで選んだのがこちらでした。ユミは初めてのにごり酒でしたが、ふわっといい香りがして、飲みやすかったです。

日本酒/ちかっぱ

ちかっぱとは、とてもの意味ですね。こちらもにごり酒ですが、キレがあります。おいしい。

麦焼酎/クラフトマン多田 スパニッシュオレンジ

友人がソーダ割でオーダーしたのを、味見させて貰いました。滑らかで、焼酎の野暮ったいところがなくて、麦焼酎じゃないみたいです。オシャレ~。

肉じゃがコロッケ

コロンとまん丸のコロッケが2つ。出汁の効いた肉じゃがをペーストにしてから、コロッケにしてます。出汁が味わえるコロッケって、凄いなー。

和牛カルビとイクラの磯部巻き

友人お目当ての和牛カルビとイクラの磯部巻きです。ちゃんとひとつずつ、お皿に盛り付けてくださる心遣いがニクイです。

酒盗バターちゃんぷるー

酒盗とはカツオやマグロで作った塩辛です。食べたことがないので、味が想像できなかったのですが、生臭さは全く感じられず、豚肉とゴーヤがコクのあるバターをまとった感じです。これはマネできないなぁ。

アタマのキーマ

アタマのキーマって何?と思って、スタッフに伺うと、「キーマカレーのアタマだけ、ご飯なし」ってことでした。スパイスを使ったキーマカレーなんですが、不思議とカレーの味が強すぎないんで、お酒の味を邪魔しませんでした。すごい。

マグロのネギマ焼き

ネギマですが、串に刺さってませんでした。下仁田ネギとマグロを焼いてあります。コショウとトウガラシでピリ辛なんですが、お酒が進む味でした。

 

お酒→フード→お酒の無限ループが完成です。うーん。参った。

引き続き私Yumixことユミは、「ふらり酔処 酒場感」でフードをシェアしてくださる方を募集してます(笑)

「ふらり酔処酒場感」へのアクセス

「ふらり酔処 酒場感」は那覇市古島の那覇環状2号線と国道330号線がぶつかったところにあります。古島インターチェンジの下です。古島駅やOK家具の近くです。


住所:沖縄県那覇市古島1丁目23−2 譜久原ビル1階

営業時間:日〜木曜:17:00〜24:00/金・土曜:17:00〜27:00

定休日:不定休(インスタをチェックしてください)

※駐車場はありません。

※感染状況によって、営業スタイルが変更になったり、営業時間が変更になる場合があります。あらかじめ、インスタでご確認ください。

沖縄移住ブログ~As you like~

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました