グルメ

那覇市真地「下地そば」で沖縄そばの原点の唐人そばを食べた

グルメ

私Yumixことユミは那覇に住んでいます。「識名園」が好きで何度も訪れています。

「識名園」のそばに休憩するお店がないなぁと思っていたら、「沖縄そば屋の”下地そば”がある。」と教えて貰ったので、お邪魔してきました。

沖縄そばの原点”唐人そば”を食べたので、早速紹介します。

「下地そば」はフツーの家のような佇まい

識名園の落ち着いた雰囲気が好きなので、私Yumixことユミは何度も訪れています。

「下地そば」は識名園から歩いてすぐのところにあるので、識名園→王朝食パンで食パンを買う→下地そば と言うのが私の定番ルートになりました。

識名園と王朝食パンについてはこちら。

「賀数仁然さんと行く組踊”執心鐘入”ツアー」に参加してきました(前編)
ローカル番組「Aランチ」で、以前「沖縄ふしぎ発見!」という特集が放送されました。琉球史芸人の賀数仁然(かかず・ひとさ)さんがMCを務めていました。その賀数仁然さんが解説をしてくださる、組踊「執心鐘入(しゅうしんかねいり)」観劇と創始者の玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)ゆかりの地をめぐるツアーに参加してきました。
王朝食パン識名園がプレオープンしました!
識名園は美しい庭が素敵で何度か行っているのですが、識名園の周辺には休憩できるカフェがありません。売店はありましたが、うーんという感じで、その売店もいつの間にかなくなってしまいました。その売店だったところに高級食パンのお店「王朝食パン識名園」がオープンすると伺ったので、プレオープンの日にお邪魔してきました。

 

下地そばの外観を撮影した写真

下地そばの外観はフツーの家みたい

こちらが「下地そば」の外観です。

下地そばの看板を撮影した写真

下地そばの看板をお見逃しなく

フツーの家のような佇まいなので、看板を見逃さないでください。

下地そばの入口を撮影した写真

下地そばの入口。左の黒い棚が靴箱です

こちらでくつを脱いでから上がりましょう。

下地そばの店内を撮影した写真

下地そばの店内

店内はお座敷にゴザが敷いてあって、テーブルが置いてあります。扇風機やテレビもあるので、”親戚の家”のような親しみがあります。

子供用の小さなイスやおもちゃも置いてあったので、家族連れの地元のお客様が多いことがわかります。

「下地そば」は注文の仕方が独特だった

「下地そば」は注文の仕方が独特です。

下地そばの注文ボードを撮影した写真

下地そばの注文の仕方が独特です

こちらで注文を決めたら、マグネットを順番に貼りつけます。私は開店時間にお邪魔したので、”唐人そば(とうじんそば)”を選んで1番に貼りつけました。

唐人そばについて説明が貼ってありました。

初めての沖縄そば屋「支那そばや」の麺料理「唐人そば」を約110年ぶりに再現した。

「支那そばや」については、1902年(明治35年)4月の新聞の広告に「那覇市警察署下りに『支那そばや』開業」という記事が確認されている。
大和の商人が「清国ヨリ料理人ヲ招キ」とある。
これが資料として確認される沖縄で最も古い「支那そば屋」であるの記述がある。

唐人そばはしょうゆ味の黒いスープで、具材はネギと豆粒大の豚肉であった。

つまり、沖縄そばの原点は「唐人そば」なのですが、レシピが残っていません。調査して醬油味の黒いスープだったとわかったので、その特徴を抑えつつ、お店の要素を加えた再現メニューが食べられるのです。

唐人そばは沖縄県内の数軒で再現されていますが、お店によって味が異なるそうです。食べ比べても楽しそう♪

 

下地そばはセルフサービスのお店なので、自分で注いだお水を飲みながら、のんびりとテレビを見つつ待つことにしましょう。

下地そばのメニュー受け取り口を撮影した写真

こちらで受け取ります

出来上がったら呼ばれますので、取りに行きましょう。コーレーグースや紅ショウガなどプラスしたいものもこちらで入れます。

出来上がった唐人そばはこちら。

下地そばの唐人そばを撮影した写真

黒いスープが印象的な唐人そば。もずくと冬瓜も添えられています

黒いスープが印象的です。黒いですが、しょっぱくはありません。これまで食べた沖縄そばとは全く違っていて、ラーメンみたいな感じがします。でも食べ進めていくと、やっぱり沖縄そばだと思えて、どこか懐かしい感じもします。太い麺にスープが絡んでおいしいです。

細かく切った豚肉、かまぼこがないところなど、現在の沖縄そばとは異なっているところもたくさんあります。いろんな方の努力や工夫で、多くの方に愛される沖縄そばへと紡がれていき、これからも変化していくのかもしれないなと思いました。

他のメニューも気になるのですが、またお邪魔したらまた唐人そばを注文しそうな気もしますw

「下地そば」へのアクセス

識名園の斜め向かいにあります。

住所:那覇市真地(まあじ)41

TEL:090-2967-6531

営業時間:11:00~15:00

定休日:日曜日、祝日

駐車場:道路を挟んで向かいにあります

下地そばの駐車場を撮影した写真

下地そばの駐車場

error:Content is protected !!