沖縄情報

沖縄本島を走るバスの上手な活用方法

沖縄情報

沖縄は鉄道がないので、移動は車の方がほとんどで、各家庭に車が1台あると言われるほどです。

旅行者の方は、レンタカーを利用する方が、ほとんどですね。

でも、沖縄に遊びに来た方の中には、長距離の運転が不安な方や慣れない道を運転するのが、苦手な方もいると思います。

私Yumixこと、ユミのように免許も持っていない方もいるかと思います。

そんな方にオススメなのがバスです。沖縄はたくさんのバスが走ってますので、詳しく紹介します。

路線バス

沖縄の路線バスはルートが複雑です。路線は多いのに本数は少ないこともあるので、ご注意ください。

webの乗換案内の利用をオススメします。https://www.busnavi-okinawa.com/top/

 

また、前乗り前降り、前乗り後ろ降り、後ろ乗り前降りのバスがあるのでややこしいです。
系統番号での規則性もないので、慣れるしかありません。ご注意ください。

料金の支払い方法は、現金 or Okica(オキカ)のみです。suicaなどの交通系ICカードは使えません。

また、二千円以上のお札は両替できないので、小銭をご用意くださいね。バスが停留所に止まって、ドアが開かないと支払いができない仕組みです。

 

番号札を取るバス:後払い方式
番号札がないバス:先払い方式→市内線に多いです。大人240円です。

那覇バスターミナルだけでなく、県庁北口やおもろまち駅前など、路線バスがたくさん停車するところを覚えておくと便利なんですが、県庁北口もおもろまち駅前も、案内所がないので迷います。宝くじ売り場みたいな規模でいいから、乗換案内所があるといいのに・・・と思ってしまいます。

 

時刻表通りの運行はなかなか難しいので、バス停の時刻表にあるQRコードを読み取って、バスがどこにいるかを確認してください。

また、路線バス内での飲食は禁止されています。

高速バス

系統番号111:那覇空港~名護バスターミナル

系統番号117:那覇空港~オリオンモトブリゾート

那覇空港から美ら海水族館まで2時間ちょっとで行けます。路線バスなので、予約も不要、現金支払いです。

やんばる急行バス

↑本部からの帰りに利用して、トイレ休憩の際に撮影しました。

 

那覇空港から本部港、美ら海水族館、運天港まで運行している高速バスです。

予約なし、事前のチケット購入なしで利用できます。運賃の支払いが現金だけでなく、カードや電子マネーにも対応しています。
ただ、那覇バスターミナルには停車しないのでご注意ください。

バスなら渋滞してもイライラしないで済みますね。

詳しくはこちら。https://yanbaru-expressbus.com/

 

空港リムジンバス

↑バンタカフェへ行く時に利用しました。

 

那覇空港から本島中北部エリアの主要リゾートホテル間を乗り換えなしで運行しています。

A~Eの路線がありますので、目的地に合わせて選んでください。

座席定員制なので、ゆったりシートに座れるのがいいですね。
あらかじめ、空港やホテル、ネットなどでチケットを購入します。支払い方法はクレジットカード、コンビニ払い、dカードが使用できます。

大きな荷物を持っていても、眠ってしまってのOK!の快適さ。アルコール以外の飲み物は持ち込みもOKです。トイレ休憩もしてもらえます。

詳しくはこちらの公式サイトを見てください。https://okinawabus.com/wp/

 

エアポートシャトルバス

那覇空港から恩納村経由美ら海水族館方面を運行していて、ビーチやホテルへのアクセスが良いです。

飲み物の持ち込みも出来ますし、特急以外はトイレ休憩もしてくれます。

事前にネットや那覇空港やホテル、ファミリーマートでもチケットを購入できます。

那覇バスターミナルには停まりませんので、ご注意ください。

詳しくはhttps://www.okinawa-shuttle.co.jp/

 

空港から中北部のホテルの往復はバスを利用して、ホテル周辺でレンタカーを借りる方法もあります。

目的地やスケジュールに合わせて選ぶと快適です。是非ともバス旅でストレスなく移動してくださいね。

沖縄移住ブログ~As you like~

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました