イベント

那覇市「一万人エイサー踊り隊」を観てきました

イベント

感染拡大防止のため、様々なイベントやお祭りが中止となりました。

ようやく、夏の風物詩「一万人エイサー踊り隊」が、3年ぶりにリアル開催となりました。

2022年8月7日(日)12:00~です。

感染対策をしてリアルに見てきましたので、イベントの様子をお届けいたします。

エイサーとは

エイサーとは、旧盆の最終日の夜に先祖供養のために踊る踊りです。

盆踊りと同じと表現されることもありますが、意味合いとしては同じでも内容は全く異なります。エイサーは華やかさがあり、音楽を聞くだけでもワクワクします。

エイサーの起源は諸説あるようですが、福島県出身の袋中上人(たいちゅうしょうにん)が、琉球に滞在している間に、浄土念仏とともに伝えた念仏踊りがエイサーのルーツであるとする説もあります。そのため、袋中上人は「エイサーの祖」とも呼ばれています。

エイサーのグループは、大きく2つに分けられます。

・伝統エイサー

地域の青年会が中心となっていて、衣装や音楽、隊列も伝統を重んじ、先祖供養を目的にしています。

・創作エイサー

創作エイサーグループは、伝統的なエイサーをもとに、ポップスやダンスの要素を組み入れて、華やかな衣装が特徴的です。大学や職場のグループが母体となっていて、年齢層が幅広いです。先祖供養を目的にしていません。

 

東京出身のYumixがエイサー語るのは、おこがましいですが、エイサー検定1級持っているので、お許しを。

エイサーの隊列

一万人エイサーの演舞を撮影した写真

2017年の一万人エイサーの様子

エイサーの隊列はグループによって異なりますが、基本的なものを紹介します。

・大太鼓

エイサーの音頭を取る役割です。大きな重い太鼓を抱えたまま舞い踊ります。

・締太鼓

紐で締めた両面張りの太鼓です。

・パーランクー

片面張りの手持ちの太鼓です。持ち手は付いていません。

・手踊り

伝統エイサーグループは、手踊りを女性が担当し、太鼓を男性が担当することが多いです。

創作エイサーグループは、男女関係なく、ほとんどのメンバーが太鼓を持ちます。

・チョンダラー(京太郎)

着物を着崩し、顔を白塗りした道化役です。ふざけているように見えますが、実は観客を盛り上げたり、隊列を整えたりします。全体を見渡すことのできる人が担う、とても重要な役割です。

チョンダラーは子供を見つけると近づいてきます。赤ちゃんを抱っこしてくれますが、子供の中には怖いって号泣する子もいます。

・地謡(じうてー)

三線を演奏しながら歌っています

三線を演奏しながら歌う唄い手のこと。踊り手のテンポをリードするので、年長者が担当することが多いです。グループによっては、CDを用いるところもあります。

・旗頭(はたがしら)

地域のシンボルのような顔のような存在です。エイサーのリズムに合わせて上下に振ることもあります。

2022年の「一万人エイサー踊り隊」の様子

恒例であれば「一万人エイサー踊り隊」は毎年8月の最初の日曜日に、国際通りを通行止めにして行われるエイサーイベントです。

通常は、さいおんスクウェアから、県庁前に向かって移動しながら、道路上に設置された7~8か所のポイントのうち3,4か所で演舞しますが、2022年は演舞会場をさいおんスクウェア前、てんぶす前、ホテルコレクティブ前、パレットくもじ前の4か所のみ、演舞するエイサー団体の数を少なくして開催となりました。

観客は好きなところで自由に見ることが出来ます。どこで見ても楽しめますが、人気のグループを追いかけて見る方もいます。お目当てのグループがなければ、トイレが近いところがオススメです。

那覇大綱挽に便利!久茂地会場周辺快適なトイレマップ~ファミリーマートリースビル店~ローソンタイムスビル店~パレット市民トイレ~パレットくもじ~御菓子御殿~ドン・キホーテ~国際通りのれん街~てんぶす那覇~さいおんスクウェア~
那覇3大祭りのひとつ、那覇大綱挽(なはおおつなひき)は、他のお祭りとは趣が全く異なるお祭りです。なんと会場は国道58号線の久茂地(くもじ)交差点。中央分離帯のブロックを外して、綱を設置するのです。人出が多く、会場が路上なので、トイレ対策がマストになります。そこで那覇大綱挽に便利!久茂地会場周辺トイレマップを紹介します。

てんぶす前

てんぶす前のスケジュールはこちらです。

てんぶす前では、旗頭(はたがしら)の演舞からスタートしました。

旗頭は地域のシンボルのような存在で、綱ひきの時は欠かせないものです。

国際通り青年会のエイサーの演舞

エイサーはFECのグループ「国際通り青年会」からスタートしました。お笑い芸人さんらしく、歌詞は面白くアレンジしてありますが、振り付けは伝統的ですね。

左矢印:テレビ局のカメラ 右矢印:大型ビジョン

てんぶす那覇の大型ビジョンには、エイサーの様子が映し出されていて、沖縄のテレビ各局や新聞社も取材に来ていました。

琉球國祭り太鼓のエイサー

「一万人エイサー踊り隊」は演者と観客の距離が近いので、飛び散る汗や息づかいまで感じられます。

MABUI太鼓のチョンダラーを撮影した写真

ふざけているようで、実は大事な役割のチョンダラー

NTT沖縄「MABUI太鼓」はチョンダラーが2人いました。マスクの上からメイクって良いですね。

MABUI太鼓のエイサー

創作エイサーのグループは衣装が華やかで美しいです。MABUI太鼓のメンバーは沖縄出身の人も県外出身の人もいるそうです。

パレットくもじ前

パレットくもじ前のスケジュールはこちらです。

演舞スポットの4か所のどこで見ても楽しめますが、それぞれ演舞するグループが異なります。

パレットくもじ前のスペースには大きな屋根(ウフルーフ)が出来たので、日陰が出来て快適な空間になりました。

他の会場は日陰がなく、カメラやスマホ、PAまで熱くなってしまいました。

 

私が見たエイサーグループは創作エイサーグループでした。創作エイサーグループは現代の曲も使い、アクロバットや獅子舞を取り入れるグループもあります。

創作太鼓集団心(SHIN)の獅子舞を撮影した写真

創作太鼓集団心(SHIN)の獅子舞

沖縄の獅子舞は、毛むくじゃらなのが特徴です。
獅子舞に嚙まれると幸せが訪れると言われていますので、獅子舞のほうから寄ってきます。特に子供の近くに寄ってきますが、びっくりして泣く子供が多発します(笑)

獅子舞は中国の影響が感じられますね。

創作太鼓集団心(SHIN)のエイサーを撮影した写真

創作太鼓集団心(SHIN)のエイサー

創作太鼓集団心(SHIN)は、毎週日曜日の国際通りのトランジットモール(=歩行者天国)で演舞していたのをよく見かけました。久しぶりの演舞の披露はとても嬉しそうでした。

パレットくもじ前でトリを務めたのは「那覇太鼓」でした。メンバーには小さな子供もいますし、手踊りの女性もいます。三線も生演奏でした。

那覇太鼓のエイサーを撮影した写真

那覇太鼓のエイサー

大きな大太鼓を抱えたまま飛んでいます。エイサーは文字通り”舞い踊る”のです。

途中でバチが折れてしまうなどのトラブルが発生しても、臨機応変に対応できるのは経験値の違いなんでしょう。

多くのグループの最後の曲は「唐船ドーイ(とうしんどーい)」でした。この曲はカチャーシーの曲として有名で、観客も一緒に踊ったり、手拍子をして盛り上がります。
観客も演者も楽しめるエイサーって、最高です。

 一万人エイサーを見る時の注意点

国際通りは通行止めになります。すべての路線バスも迂回しますので、ご注意ください。

公式サイトに書いてないみたいで…書いてあったほうがいいと思います…

 

なるべくバスやモノレールで会場入りしてください。バスも国際通りを通りません。安里or県庁北口で下車が便利です。

車の場合は安里三差路or県庁周辺の駐車場を利用してください。ただし、混雑が予想されます。

 

観客は基本的に立ったまま見ることになるので、動きやすい服装&スニーカーで参加してください。

ベビーカーや日傘は危険なので、避けたほうが良さそうです。

会場が暑くなるので、打ち水をします。滑らないようにご注意ください。

那覇の8月は暑いので、紫外線対策、水分補給はマストです。飲み物を持って、帽子とタオルも忘れずに。

国際通りには、トイレとゴミ箱がありません。ゴミは持ち帰ってください。

トイレはこちら。

那覇大綱挽に便利!久茂地会場周辺快適なトイレマップ~ファミリーマートリースビル店~ローソンタイムスビル店~パレット市民トイレ~パレットくもじ~御菓子御殿~ドン・キホーテ~国際通りのれん街~てんぶす那覇~さいおんスクウェア~
那覇3大祭りのひとつ、那覇大綱挽(なはおおつなひき)は、他のお祭りとは趣が全く異なるお祭りです。なんと会場は国道58号線の久茂地(くもじ)交差点。中央分離帯のブロックを外して、綱を設置するのです。人出が多く、会場が路上なので、トイレ対策がマストになります。そこで那覇大綱挽に便利!久茂地会場周辺トイレマップを紹介します。

 

エイサーの曲を聞くと、東京出身のYumixも”ちむどんどん”(胸がわくわくするの意味)します。

22年は例年よりは小規模でしたが、旅行者も沖縄県民も楽しめるイベントでした。23年以降は通常通りに開催されることを祈りましょう。

コメント

error:Content is protected !!