グルメ

おやつにも!行事食にも!呉屋てんぷら屋でてんぷらを食べてみた

グルメ

街を歩いていて、小腹が減った時はどうしますか?

カフェ?ファストフード?コンビニ?

どれもおいしいですが、沖縄では”てんぷら”っていう選択肢もあるのです。

那覇にある「呉屋(ごや)てんぷら屋」へ行ってきました。

沖縄のてんぷらは本土のてんぷらと全然違う!

本土でてんぷら専門店と言うと、店員さんが着物を着ているような高級店をイメージしますが、沖縄のてんぷら屋さんは、お惣菜屋さんのような感じでとても身近です。

たいていの沖縄のてんぷら屋さんは、働き者のおばちゃんたちがキビキビと動き回っています。

沖縄でてんぷらは、旧盆や清明(しーみー)などの行事には欠かせない行事食であり、おやつでもあります。友人の家でお茶うけとして出してもらったこともあるし、部活などの日常的な差し入れにもするそうです。

呉屋てんぷら屋のお店の様子

呉屋てんぷら屋はこんな店構えです。

厨房がそのままお店になっているような感じです。

ケースにはてんぷらが並んでいます。

プラスチックの大きな箱には、サーターアンダギーがたくさん入っています。サーターアンダギーのサーターは砂糖、アンダギーは油で揚げるの意味で、オバアなどは「砂糖てんぷら」と呼ぶ人も多くて、てんぷら屋に並んでいるのはよくある光景です。

どれでも1個70円です。コスパが素晴らしいですね。

呉屋てんぷら屋のてんぷらの実食です

私がこの日購入したのは、魚、イカ、もずく、サーターアンダギーです。

魚って、ものすごくざっくりした表現ですが、お店の仕入れ状況によるので具材が変わることがあるせいか、魚って表示されていることが多いです。

呉屋てんぷら屋はマグロのことが多い気がします。

沖縄のてんぷらは衣が厚ぼったくてふかふかしているので、魚とイカの区別がつきにくいのです。

魚だと思ったらイカだった、イカだと思ったら魚だったなんてことになりがちなんですが、それさえも沖縄の方は楽しんでいるように思います。私もだんだん、「どっちもおいしいから、どっちでもいいや!」ってカンジになってきました。

魚はホクホクしていて、イカはプリプリです。沖縄のてんぷらは衣に出汁などで味をつけていることが多いので、そのままでもおいしく食べられます。なにか付けたい時は”ソース”です。

もずくは水気が多いので、よくてんぷらにしようと考えたなぁと感心してしまいますが、おいしいです。

お店によって、にんじんなどの野菜が入っていることもありますし、大きさも違います。

サーターアンダギーは、外はカリカリ中はふわふわの沖縄のドーナツですが、ここのは油っぽくないので気に入っています。

どれも大きいので、てんぷらだけでもお腹がいっぱいになります。

持って歩いていると、いいニオイがするので、家に着くまでの間に食べちゃうことも。

実際、お店の前で立ったまま食べているお客さんも見かけます。

沖縄のてんぷらと本土のてんぷらは異なりますが、どっちもおいしいです。是非、食べてみてくださいね。

呉屋てんぷら屋へのアクセス

呉屋てんぷら屋は牧志公設市場と浮島通りの間にあります。

浮島通りからは、ここを曲がって右側です。ちょっとわかりづらいですが、迷いながらでも行く価値はありますよ。

 

住所:那覇市松尾2-11-1

営業時間:8:00~18:00

定休日:無休

TEL:098-868-8782

コメント

error:Content is protected !!