グルメ

「Liege(リエージュ)」でワッフルを買ってみました

グルメ

感染拡大防止のため、酒類を提供する飲食店の休業も要請された時期もありました。

持ち帰りのお店や昼間営業しているお店は、要請の対象にならないものの、人出が減って売り上げが下がっても助成金の対象になりません。

なにかと制約が多い世の中ですが、おいしいものを食べてお店を応援し、私の心の安定を計りたいなと思います。

そんなワケで、今日はワッフルの専門店「Liege(リエージュ)」へ行ってきました。

Liegeはこんなお店

店名のLiege(リエージュ)とは、ベルギーの都市名であり、ベルギーワッフルの名前から取ったものです。

ベルギーワッフルは2種類あって、四角くてサクサクとした軽い食感のブリュッセル・ワッフルと、丸い形でモチモチした生地にしゃりっとしたパールシュガーの食感が特徴のリエージュ・ワッフルがあります。

リエージュはリエージュ・ワッフルの専門店なので、リエージュと言う店名なのです。

ミントグリーンのドアを開けて、店内に入ると正面にワッフルがずらっと並んだショーケースがあります。欲しいものを告げてスタッフに取ってもらう、持ち帰りのみのお店です。

Liegeのワッフルの実食です

ワッフルの種類が豊富です。

スタッフにワッフルを取ってもらって、「すぐに食べます」というと温めてくださいます。

「持ち帰ります。」というと、こちらの温め方が書いてあるメモを添えてくださいました。

私は持ち帰ることにしました。

袋もかわいいですね。家で温めてから食べました。

ベルギーチョコ(250円)

人気No.1のベルギーチョコは、もちもちの生地に、ほろ苦いベルギーチョコが練りこんであります。時々、ジャリッとしたパールシュガーの食感が楽しめます。パールシュガーは熱に強いから、ワッフルマシンで焼いても溶けずに残るって聞いても不思議な気がします。

ブルーベリーチーズ(270円)

ワッフル生地は県産のキビ糖などを使っているので、甘過ぎないところがいいですね。新鮮なブルーベリーとチーズが練りこんであって、爽やかなスイーツになっています。

りんごちゃん(250円)

角切りにして甘く煮たりんごが生地に練りこまれています。食べてて、りんごが出てくるのが楽しいです。リエージュのワッフルは手のひらくらいの大きさがありますが、甘すぎないのでペロッと食べられます。

コーヒーでも紅茶でも、好きな飲み物と一緒に味わうのが良さそうです。

Liegeのワッフルは冷凍も出来ます

ワッフルの賞味期限は常温で2日です。

冷凍保存も出来ます。1つずつラップに包んで冷凍し、食べる時には自然解凍してから、トースターで温めてください。

つまり、手土産にも良いと言う訳ですね。お得な5個セットは1,100円は、好きなワッフルを選ぶことが出来ます。配達やウーバーイーツにも対応しているので、相談してください。

私が店内にいたほんの数分の間にも、男性のお客様も来店されました。お店もワッフルもかわいすぎないので、男性も立ち寄りやすいと思います。

Liegeへのアクセス

ハーバービュー通りの那覇高校の向かいにあります。

  • 住所:那覇市楚辺1-2-74 1F
  • TEL:098-851-8600
  • 営業時間:平日 10:00~18:00 土:12:00~18:00(売り切れ次第終了です)
  • 定休日:日、祝
  • 駐車場はありません。

※感染拡大防止のため、営業スタイルが変更になったり、臨時休業する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。

コメント

error:Content is protected !!