グルメ

那覇市首里「四季彩」はおいしい和菓子のお店だった

グルメ

沖縄は和菓子のお店が少ないです。

ちょっと前まで、どら焼きや大福などのアンコもののお菓子は、あまり人気ないと言われていました。コンビニやスーパーに並ぶようになったのも、つい最近の印象です。

ですが、和菓子屋さんも探せばあります。今日は、ローカルテレビ番組の「こきざみぷらす」と「Aランチ」でも取り上げられた「四季彩」へ行ってきました。

「四季彩」はこんなお店

「四季彩」は首里駅から首里城側ではなく、住宅地にあります。

落ち着いた佇まいで、ちょっと高級そうに感じられます。

ですが、店内に入ると、高級な和菓子だけでなく、大福やシュークリームもあります。
私は茶道クラブ出身なので、ガラスケースに、ずらっと並んだ和菓子を見てテンションが上がりました。

店内はこぢんまりしているので、混雑してる場合はドアの外で待ってください。

「四季彩」の和菓子の実食です

悩んで4つ購入しました。「四季彩」は持ち帰りのみのお店なので、家に帰ってから食べることにしました。

うぐいす餅

鳥のうぐいすをモチーフにした定番の和菓子ですが、最近は、なかなか見なくなりました。
「四季彩」で、うぐいす餅を見つけたので、急いで購入しました。

食べてみると、今までに食べた食感と全然違うんです!まわりは、お餅じゃなくて、求肥かな?プルプルの食感がとてもおいしかったです。

さくら餅

春先なので、さくら餅もありました。

関西風の道明寺ですね。沖縄で道明寺を販売しているとは驚きです。中身は上品なこしあんで、桜の葉に包まれているので、ふわっと桜の香りがして、春を感じられました。

くずざくら

くずまんじゅうなど、葛を使ったお菓子は気温が低くなると固くなってしまうことと、透明なので、内地では夏のお菓子とされています。

沖縄は気温が高いことを考慮して、「四季彩」のオリジナルのお菓子として作られました。

ぷるぷるで滑らかな食感の葛に、さくらあんが包まれていて、桜の花の塩漬けがトッピングされています。桜の花の塩漬けの塩味が、程よい甘さのさくらあんを引き立てています。

花明り

上生菓子とも呼ばれる練切(ねりきり)は、お茶席でも食べられるお菓子です。季節に合わせて作られるので、15日くらいで入れ替わります。

練切は季節を先取りするのがポイントですが、バレンタインデーに合わせた”恋心”というのもあって、遊び心がいいですね。

「花明り」の中からうつるピンク色が控えめでいいですね。中身のこしあんは、丁寧に作られているので、しっとりしています。程よい甘さなので、しつこく感じません。

お抹茶との相性は間違いないのですが、煎茶や紅茶、コーヒーともおいしく食べられます。

沖縄でアンコものに人気がなかったのは、昔は小豆が入手しづらかったので、金時豆が使われていたために、小豆に馴染みがなかったと考えられます。おいしいことがだんだん広まってきたのでしょう。もっと気軽に和菓子を食べて欲しいなと思います。

「四季彩」のお菓子はどれもおいしくて、茶道教室を開こうとしている友人に、急いで教えたくなるお店でした。

「四季彩」へのアクセス

首里駅から石嶺向けに進み、首里コープの先、首里高校野球場の向かいの脇道を右折して、すぐ右側です。

住所:那覇市首里石嶺町2-260-1

TEL:098-884-3813

営業時間:8:00~17:00

定休日:日曜日


当蔵店には「知念製菓」の暖簾が掛けてあります。どちらも気軽に本格和菓子が購入できます。

普段のお茶うけだけでなく、お祝い事にもピッタリです。

コメント

error:Content is protected !!