カフェ

那覇市首里「caFe木箱」のママが作るランチがおいしい

カフェ

沖縄ではオバアの家などに行って、「あれ食べなさい」「これ食べなさい」と、たくさんお料理が出てくることを「カメーカメー攻撃」と言います。

オバアのおもてなしなんです。おいしいものをたくさん食べられるのは嬉しいことだからなんでしょうけれど、沖縄は他の地域よりも、パワフルなんです。食料状況が厳しかったからかもしれませんね。

食料状況が安定した今でも、沖縄の人々のおもてなしの心は受け継がれていると見えて、沖縄の飲食店はボリュームたっぷりのところが多いです。

今日は首里にある「caFe木箱」行ってきました。那覇人ママの作るランチをご紹介します。

「caFe木箱」はこんなお店

「caFe木箱」は首里の儀保駅の近くの住宅地にお店が点在するエリアにあります。

「おひるごはん」の看板が営業のサインです。ハンガーって。店主さんの気取りのなさが伝わりますねw

ドアから店内に入って右奥が厨房です。厨房というより台所みたいな雰囲気で、その厨房をL字に囲むようにテーブル席が配置されています。

私が伺ったこの日は絵画の展示会が開催されていたので、お店の印象がちょっと違います。

店主さんは3人のお子さんを育てるママでもあります。旦那さんは大工さんだそうで、お店も旦那さんが作られたのかもしれませんね。イスがバラバラなのが、かえって気取りのない感じを演出しています。

「caFe木箱」のランチを食べました

「caFe木箱」のランチは、その日によって変わります。私が伺った時のメニューはこちら。

私は沖縄そば(600円)にプラス250円でぜんざいをセットにしていただきました。

丁寧にそばを茹でて(蒸して?)用意してくださるので、セルフサービスのお茶を飲みながら、のんびり待ちましょう。

のんびり待って運ばれてきたのがこちらです。

レンゲが添えてあるのが嬉しいですね。スープをひと口飲んでビックリしました。たっぷりの豚骨で取ったと思われる濃厚なスープなんです。麺の茹で加減も程よく、ほろほろに煮込まれた三枚肉と、かまぼこがトッピングされています。どこか優しい味なのは、沖縄の塩を使っているからじゃないかな。

おまけとして、紅イモのお菓子を頂きました。

紅イモ風味のくずもちみたいな感じで、ぷるぷるでおいしかったです。

私がお邪魔した時は他にお客様がいませんでしたが、どんどんお客様が来られました。店主さんはひとりでお客様の応対しつつ、合間を縫うようにして、ぜんざいを作ってくださいました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ミニサイズです。甘く煮た金時豆と麦、白玉の上にかき氷が乗っていて、黒糖がトッピングされています。黒糖も添えられているので、追い黒糖も出来ます。沖縄でぜんざいと言ったら、冷たいものを指します。私は内地の温かいぜんざいも好きですが、今ではすっかり沖縄のぜんざいが好物になり、食べるとホッとします。

「caFe木箱」のランチはボリュームたっぷりで、家庭料理の延長のような気取りのなさで、友達の家でご飯を食べているような気分になりました。これが現代のカメーカメーなのかもしれないなと思いました。店主さんの愛情たっぷりです。

「caFe木箱」へのアクセス

龍潭通りの当蔵(とうのくら)の交差点から、石畳の道を儀保方面に下って、左側です。儀保駅からも行けます。

お店の裏手に駐車場があります。「木箱」の札があるところに停めてくださいね。

 

住所:沖縄県那覇市首里儀保町1丁目8

TEL:070-1945-8908

営業時間:11:30~15:00

定休日:月、土、日(変更になる場合もあります。SNSをチェックしてください。)

※感染状況によって、営業スタイルが変更になったり、臨時休業する場合もあります。SNSでご確認ください。

沖縄移住ブログ~As you like~

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました