沖縄情報

那覇の日帰り入浴施設~ロワジールホテル~瀬長島ホテル~りっかりっか湯~ワイズキャビン那覇国際通り~沖縄逸の彩~

沖縄情報
DSC_0005

私の住んでいる部屋の給湯器が壊れました。数日で直ったのですが、直るまでの間はお風呂に入れませんでした。

仕方なく、入浴できる施設を探すこととなりました。

転んでもただでは起きないYumixことユミは、那覇の日帰り入浴施設をまとめてみました。

沖縄に銭湯はある?

沖縄の方は普段バスタブにつからずに、 シャワーだけで済ませる方が多いと聞きます。実際、賃貸住宅にはバスタブのない物件が多いです。

銭湯も健康ランド的なものも聞かないなぁと思って調べると、いくつかあった銭湯が1軒だけになってしまったことがわかりました。

なかなか興味深い銭湯ですが、汗を流すために沖縄市へ行くのは遠すぎます。銭湯で汗を流しても帰り道で汗かいてしまいますね💦

首里城の近くに住んでいる私が現実的に行ける、日帰り入浴施設を探してみました。

ロワジールホテル/島人の湯

ロワジールホテルの外観を撮影した写真

ロワジールホテルの外観

検索するとすぐに出てくるのが、ロワジールホテルにある、三重城温泉 島人の湯です。

ロワジールホテル 那覇の三重城温泉 島人の湯は、沖縄では数少ない天然温泉。1989年の11月に試掘に成功しオープン。2022年12月にリニューアルしました。

地下800メートルから湯温40.9度の温泉が自噴しており、泉質は、含ヨウ素ナトリウム、塩化物泉。約800万年前の化石海水が地熱で温められたものであり、本土に多い火山性の温泉とは成分が全く異なります。化石海水であるため塩分を含み、なめるとしょっぱいのが特徴で、一般的には食塩泉と呼ばれる場合もあります。火山性の温泉とは異なり、無臭であり通常の入浴気分でご利用いただけます。

引用:ロワジールホテル

宿泊している方はもちろん、日帰り入浴も出来ます。

料金:大人2,000円/子供1,000円
バスタオル:料金に含む
室内クアプール、屋外プール使用料込

 

Twitterのツイートを見てみましょう。

天然温泉は魅力的ですけど、首里からはちょっと遠いですね。

住所:沖縄県那覇市西3-2-1
TEL:098-868-2222

琉球温泉 瀬長島ホテル/龍神の湯

検索すると、すぐに見つかるのが「琉球温泉瀬長島ホテル」です。ウミカジテラスのすぐ隣にあります。

瀬長島ホテルの外観を撮影した写真

瀬長島ホテルの外観

 

瀬長島の地下1,000mから湧き出る天然温泉の成分は身体を芯から温める「ナトリウム塩化物-強塩泉」となっており「子宝の湯」とも言われています。 眼下に広がる青々とした沖縄の空と海と星空、そして那覇空港第二滑走路に着陸する迫力のある飛行機をお楽しみ頂けます。 天然温泉を贅沢に使用した大露天風呂に入りながら、西海岸に広がる雄大なロケーション、慶良間諸島に沈む夕陽の絶景など「龍神の湯」で至高の癒しをお楽しみください。

引用:琉球温泉瀬長島ホテル

オーシャンビューのウミカジテラスも眺めが良いので人気ですが、さらに高台にあるホテルの温泉なので、ロケーションが抜群です。

料金:大人(中学生以上)平日1,360円 土日祝1,570円 /小人(小学生)740円 バスタオル:料金に含くむ
化粧品などのアメニティグッズが充実

※2022年10月1日より料金が変更になります。
平日 大人(現)1,360円 ⇒(新)1,500円
土日祝 大人(現)1,570円 ⇒(新)1,700円
小学生(現)740円  ⇒(新)800円

Twitterのツイートを見てみましょう。

 

夕日がキレイに見える温泉って最高ですね!

 

住所: 沖縄県豊見城市瀬長174-5
TEL: 098-851-7077

那覇セントラルホテル/りっかりっか湯

もう少し家から近いところはないかと探してみると、見つかったのが「りっかりっか湯」です。

りっかりっか湯の外観を撮影した写真

りっかりっか湯の外観

「りっかりっか」は「さぁ、一緒に行こう!」の意味。

まずは旅の疲れを癒して観光へ。
あるいは1日の締めくくりにゆったりと―――――。
南国の天然温泉の温もりで、思い思いにリラックス&リフレッシュ。
地元客にも大人気、ぜひ日替わりで2つのお風呂をお楽しみください。

引用:那覇セントラルホテル

 

国際通りからすぐのところに、天然温泉があるなんて驚きです!宿泊客だけでなく、日帰り入浴も出来ます。

観光やビーチで遊んだ後に汗を流してから、お目当てのお店でグラスを傾けてもいいし、内地に戻る飛行機に乗る前に利用することも出来ますね。

料金:
平日タオル持参大人:1,100円/小学生600円
タオルレンタル付き大人:1,500円/小学生900円
土日祝タオル持参大人:1,350円/小学生750円
土日祝タオルレンタル付き大人:1,650円/小学生1,050円回数券もあり

 

Twitterのツイートを見てみましょう。

内地の銭湯に似た雰囲気です。回数券もあるので、毎日のように利用する地元の方も多いです。

 

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-36
TEL:098-862-6070

ワイズキャビン&ホテル那覇国際通り/大浴場

ワイズキャビン&ホテル那覇国際通りは、国際通りのすぐ近くにあって、カプセルタイプの部屋と通常のベットルームが選べるホテルです。

ワイズキャビン&ホテル那覇国際通りの外観を撮影した写真

ワイズキャビン&ホテル那覇国際通りの外観

ワイズキャビン&ホテル那覇国際通りには、温泉ではありませんが大浴場があり、宿泊していなくても日帰り入浴も出来ます。

料金:
【朝】5:00~10:00(最終受付9:00) 最大2時間
・入浴のみ:大人600円 / 子供300円
・入浴+レンタルタオル付:大人800円 / 子供500円
【日中】16:00~24:00(最終受付22:00)最大2時間
・入浴のみ:大人700円 / 子供300円
・入浴+レンタルタオル付:大人900円 / 子供500円
サウナもあります。アメニティも充実しています。
Twitterのツイートを見てみましょう。

時間が合えばお得ですね!

 

住所:那覇市久茂地3-9-18
TEL:098-869-5137

沖縄逸の彩(ひので) 温泉リゾートホテル

沖縄逸の彩ホテルの外観を撮影した写真

沖縄逸の彩ホテルの外観

牧志駅のすぐそばに2020年にオープンした沖縄逸の彩(ひので)ホテルは、レンタカー店も併設しているので、なかなか賑わっているホテルです。

面白いのが”客室以外の館内サービス”を利用できる”日帰りプランがあります。
プールと水着を着て入る深層水天然温泉、大好評のドリンク・アイスの食べ放題が楽しめます。

利用時間  AM10:00~PM20:00
利用料金  大人:\2800 お子様:\1500(12歳以下)
※オープンシャワーでのシャンプーやボディソープ、ヘアドライヤーなどは利用できません。

体は洗えませんが、プールと飲み放題が付いていてるので、お得なプランですね。

Twitterのツイートを見てみましょう。

給湯器が壊れてなくても行ってみたいホテルですね。

 

住所:沖縄県那覇市牧志3丁目18番33号
TEL:098-863-8877

 

給湯器はすぐに直りましたが、那覇に住んでいても、行ってみたくなる日帰り入浴施設があることがわかりました。ただ、施設によってはリンスインシャンプーしか置いてないこともあるので、気になる方はマイシャンプー&コンディショナーをご持参ください。

もし、リアルに行ってみたら、またご報告します(笑)

コメント

error:Content is protected !!