グルメ

目指せ!沖縄そばじょーぐー~「楚辺(そべ)」は古民家風のお店

グルメ

沖縄県民のソウルフードとも言える沖縄そば。

どこで食べてもおいしいのですが、どんなお店で食べるかも選択肢のひとつなんです。

食堂、沖縄そば専門店、カフェ風なんていうのもありますが、古民家を改装した沖縄そば屋さんもあります。

今日はそんな古民家を改装した那覇市壷川の「楚辺(そべ)」へ行ってきました。

楚辺(そべ)のお店の様子

楚辺の外観を撮影した写真

楚辺は戸建ての家のような佇まい

どーんと迫力がある大きなお店です。

入口はこのフツーの家の玄関なので、お間違いなく。ちょっとだけビックリしますが、那覇でくつを脱ぐお店は間違いないという、Yumixことユミの法則もありますので、ワクワクしますね。

楚辺の店内を撮影した写真

楚辺の広い店内

広い店内は畳敷きの和室にテーブルが置いてあるところと、カウンター席などがあります。

足踏みミシンやピアノが置いてあって、扇風機が出したままで、シャンデリアって、いろんなものがチャンプルーしていますが、違和感がないのも面白いですね。

軟骨ソーキそばの実食です

メニューはこちら。

臨時メニューと書いてあるので、今はメニューを絞ってあるのだと思います。

私が注文したのは軟骨ソーキそばです。(750円)

楚辺の軟骨ソーキそばを撮影した写真

楚辺の軟骨ソーキそば

少しだけ待って運ばれてきたのがこちらです。

軟骨ソーキは別皿で添えられているので、甘辛い味がスープに移っていないので、自分の好きなタイミングでそばにトッピングできます。ホントにトロトロになるまで煮込まれているので、骨を気にせずに食べられました。

スープは豚骨とカツオ節でしょうか。スッキリした味で、麺は細めのストレートでスープによく絡みます。コシもあっておいしいです。

ぷりぷりのかまぼこがいい仕事をしています。ないと寂しいです。

テーブルの上にある、紅ショウガやコーレーグースで味変も出来ますが、コーレーグースは辛いし、酔いますので少しずつ入れてください。

量はごく普通なので、お腹の空き加減でジューシーをプラスしてください。

次回は他のメニューも食べてみたいと思いました。

楚辺へのアクセス

国道330号線 壺川(東)交差点から車で5分くらいです。

説明がしにくいのですが、こちらの看板通りに進んでください。

 

住所:沖縄県那覇市楚辺2-37-40

TEL:098-853-7224

営業時間:11:30~21:00

定休日:正月、旧盆

駐車場:有


※感染拡大防止のため、営業スタイルが変更になったり、臨時休業する場合があります。来店の際はあらかじめご確認ください。

コメント

error:Content is protected !!