グルメ

お酒と茶漬けの「空空(そらそら)」は大人の隠れ家のようなお店!

空空:体に染み入るシメのお茶漬けグルメ

お酒が好きな方は1軒だけで終わらずに、2軒3軒とハシゴして楽しみますね。私はお酒が強くないので(誰も信じてくれないけど)ハシゴすることは珍しいのですが、知人に連れて行ってもらった、お酒と茶漬けの「空空(そらそら)」がとてもおいしかったので、取って置きのお店になりました。

お店の様子をご紹介しましょう。

お酒と茶漬けの空空(そらそら)のお店の様子

お酒と茶漬けの「空空」は、県庁前交差点近くの沖縄銀行の裏手にある、通称三角公園と呼ばれる小さな公園の向かいのビルの地下にお店があります。連れて行ってもらわないと気が付かないかもしれません。

お店の入り口はこんな感じなので、スナックみたいにも思えます。漢字の「空」をデザインして顔のようになっているロゴがかわいいです。

ドアを開けて階段を下りると、イメージが一変します。コンクリート打ちっぱなしの壁に和風の照明器具。和風モダンなインテリアが素敵です。左側が厨房とカウンター席、右側にテーブル席があります。

カウンターの上の壁には畳が取り付けてあって、お客様が名刺を好きに貼っていいのです。面白いですね。

カウンター席の正面にはお酒がずらっと並んでいました。

空空でお酒とおつまみを楽しみました

何度かお邪魔しているので、まとめてご紹介します。

空空のメニューはこちらです。(今はメニューを絞っています。)

 

お酒とお茶漬けのお店ですので、お酒の種類も豊富で、お酒にあうおつまみもたくさんあります。どれもおいしいので、迷いますね。

 

お通し

お通しはその日によって異なります。今日は左から、昆布、山クラゲ、いぶりがっこです。

昆布はしょっぱすぎなくていい感じです。山クラゲは見た目はいんげんのようですが、もっと、こりこりした食感が楽しめます。さっと茹でておひたしにしてありました。いぶりがっこは秋田名物で、大根の漬物をいぶしたものです。煙くさくなかったのでおいしく食べられました。どれも、どのお酒との相性バッチリです。すごいなぁ。

 

ビール

オリオンドラフト(380円・税別)

プレミアムモルツ(500円・税別)

ビール好きな私は、たいていどこへお邪魔してもビールを飲んでいます。ビールの爽快感が好きです。

シークヮーサーサワー(400円・税別)

この日はシークヮーサーサワーをチョイスしてみました。たっぷりのシークヮーサーで、爽やかな一杯でした。

レモンサワー(400円・税別)


レモンサワーはシークヮーサーよりは甘めの味わいでした。

泡盛・琉球王朝

この日は2人だったので、琉球王朝を1合頂いて、シェアしました。好きな濃さに調整できるのが良いですね。

空空ポテトサラダ(450円・税別)

この日は仕込がなかったというのに、お願いして作って戴きました。ポテトサラダにいくらを合わせるって発想がすばらしいです!ポテトサラダには、あられを加えて食感のアクセントにして、卵サラダを乗せて、いくらをトッピングしてあります。おいしいなぁ。うっとり。

店主さんは発想力もお料理の腕も素晴らしいのに、気軽に作り方も教えてくださいました。でも、きっとマネしても同じ味にはならないと思います。

いくらおろし(480円・税別)

なんてことないように見えますが、ありそうでないメニューですね。お酒が進みます。

 

マスカルポーネの山葵醤油(400円・税別)

マスカルポーネチーズを海苔に付けて山葵醤油で食べます。

おいしいなぁ。いくらでも食べられそうです。発想が素晴らしいです。

鯛みそきゅうり(400円・税別)

鯛の身を白味噌とあえたものにきゅうりをつけながら頂きます。何気ないように見えてとても奥の深い一品です。お酒が進みます。

豚肩ロースのおろしポン酢(700円・税別)

豚肩ロースをおろしポン酢と柚子こしょうを付けて頂きます。柚子こしょうの風味が効いています。大人のおつまみって感じで、お酒が進みます。

炙り豚とろ(600円・税別)

脂ののった豚とろをサッと炙ってあります。豚肉の脂のおいしさがよくわかります。

ほっけ(650円・税別)

沖縄ではあまり干物が食べられないのですが、メニューにあったので、急いで注文しました。

程よく焼かれたほっけは身が柔らかくてジューシーです。にんまり。

 

鯛のカシラの塩焼き(650円・税別)

鯛の頭の部分だけを塩焼きにしてあります。焼き加減が絶妙!店主さんの料理の腕前がよくわかります。こんなにおいしく焼いてくれたら、鯛もうれしいんじゃないかな。頭だけですが、身もたくさんありますので、骨をしゃぶってもキレイに食べたいですね。日本酒との相性の良さは間違いなしです。

シメはお茶漬け!

お店を訪れるお客様が必ずと言っていいくらい、注文されるのがお茶漬けです。

全種類制覇するくらいの勢いで食べています。どれもおいしいので、毎回どれにしようか悩みます。

梅としらすのお茶漬け(650円・税別)

ご飯に梅としらすを乗せて、透き通った旨みたっぷりの出汁がかけてあります。ネギが効いています。

そのまま食べてもおいしいのですが、途中で玄米茶を加えて味変します。さっぱり感が増すように考えてあるそうで、味が濃くならないのがとてもいいですね。

 

炙り明太子の茶漬け(680円・税別)

炙った明太子のピリ辛がいいですね。ほっこりと温かく、にんまりしてしまいます。

こちらも玄米茶で味変していただきました。「日本人でよかった」と言いたくなりますね。

 

鯛みその茶漬け(680円・税別)

鯛みそは鯛の身と白味噌をあえたものです。

東京出身の私は白味噌に馴染みがないのですが、これはおいしいです。

鯛の旨みをそのままに、白味噌を加えてあって、風味が増しています。すごいなぁ。

 

鮭といくらの親子茶漬け(800円・税別)

この日は2軒目としてお邪魔したので、お茶漬けを食べきれるかな?と思っていたところ、店主さんが「ご飯少なめにしましょうか?」と言ってくださったので、少なめでお願いしました。

出汁をかけても、いくらがふにゃっとならないのが不思議です。あっさりでも旨みたっぷりで、こちらも玄米茶で味変しておいしく戴きました。

牛のねぎそぼろ茶漬け(750円・税別)

牛肉の旨みたっぷりですが、ねぎが効いているのでしつこくない味わいになっています。

うーん、凄いなぁ。こちらも玄米茶で味変しておいしく戴きました。

漬けマグロのお茶漬け

定番メニューではなく、本日のオススメにありました。マグロをちょうど良く漬けにしてからお茶漬けにしてあります。出汁の加減が素晴らしいので、漬けマグロの味がよくわかります。

 

多くのお客様が2軒目、3軒目として立ち寄られ、シメにお茶漬けを食べる感じですが、おつまみもおいしいので、1軒目に伺って、お酒とおつまみをじっくり楽しむのもいいと思います。大人の隠れ家のようで、まったりと楽しむのにピッタリなお店です。

お酒と茶漬けの空空の基本情報

県庁前交差点の近く、沖縄銀行本店の裏手に美栄橋公園(通称、三角公園)があります。その向かいのビルの地下1階です。

  • 住所:〒900-0015沖縄県那覇市久茂地3-11-10 ハーモニー久茂地B1
  • TEL:098-868-1395
  • 営業時間:月~木:18:00~2:00 / 金・土:18:00~3:00
  • 定休日:日曜日

メニューなどはfacebookにも載っています。https://www.facebook.com/okinawasorasora/

※感染拡大防止のため、営業時間や営業スタイルを変更することがあります。来店される場合はあらかじめ確認することをオススメします。

沖縄移住ブログ~As you like~

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました