グルメ

那覇市首里「ななほし食堂」は豆腐がおいしい沖縄の食堂

グルメ

県外から沖縄に遊びに来た方に「沖縄料理のお店に行きたい」とよく聞かれます。

気持ちはわかりますが沖縄県民は沖縄料理のお店には、あまり行かない気がします。

そこでオススメなのが「沖縄の食堂」です。沖縄の食堂は沖縄らしさが満載で沖縄県民も日常的に利用します。

那覇市首里の「ななほし食堂」は豆腐がおいしい沖縄の食堂です。さっそく紹介しましょう。

「ななほし食堂」はこんなお店

ななほし食堂の外観を撮影した写真

ななほし食堂の外観

「ななほし食堂」は首里駅の近くにあります。首里城からも歩けるので旅行者も立ち寄りやすく、沖縄県民も日常的に利用します。

沖縄の食堂は働き者のオバチャンが付き物で、キビキビと動く様は見ていて心地よいです。

以前、オバチャンは働き者なのに、若い女性はそうでもない方が多いですねと言ったら、よくわからないキレ方をされました。でも事実ですから。いずれ働き者のオバチャンが絶滅するのでは?と危惧します。

 

ななほし食堂の店内の様子を撮影した写真

ななほし食堂は広いですが順番待ちが常にあります

「ななほし食堂」はステップフロアのような2階もあります。カウンター席、テーブル席、小上りと席数の多いお店です。広いのですが、いつも順番待ちが出来ています。待ってでも食べたい味です。

近くにある「あやぐ食堂」と姉妹店です。「あやぐ食堂」と「ななほし食堂」の豆腐は「ななほし食堂」で作られています。

「あやぐ食堂」は働き者のおばちゃんが作るボリュームたっぷりの定食屋さん
旅先で地元の方と同じような食事をしたかったら、食堂に行くといいとよく言われます。確かに沖縄の食堂も、地元の方たちが普段食べているものを食べることが出来ます。ですが「あやぐ食堂」は、内地の食堂とはかなり違っています。早速紹介します。

 

「ななほし食堂」の麩ーチャンプルーを食べてみました

「ななほし食堂」のメニューはこちらです。

ななほし食堂のメニューを撮影した写真

ななほし食堂のメニュー

沖縄の食堂はメニューが豊富なんです。チャンプルーなどの沖縄らしいメニューもありますし、県外の食堂にもありそうなメニューも並びます。

私は麩ーチャンプルーをお願いしました。

ななほし食堂の麩ーチャンプルーを撮影した写真

麩ーチャンプルー

私が東京にいた頃は、麩はお吸い物くらいでしか食べたことがありませんでした。最初は麩を炒め物にするの?と思いましたが、汁を吸っておいしくなるんです。「ななほし食堂」の麩-チャンプルーの具材は、豚肉、スパム、麩、もやし、にんじん、葉野菜、ニラなどなど。野菜たっぷり、ボリュームたっぷりでお腹がいっぱいになりました。

チャンプルーとは、島豆腐を使った炒め物を指すので、ゴーヤーチャンプルーだけではないんです。

 

「ななほし食堂」の豆腐チャンプルーを食べてみました

別日にお邪魔してランチを食べることにしました。メニューが多いので悩みますが、この日は「豆腐チャンプルー」をお願いしました。

ななほし食堂の豆腐チャンプルーを撮影した写真

豆腐チャンプルー

オーダーが重なっていたタイミングで少し待ちましたが、このクオリティなので帳消しになりました。

具材は豚肉、スパム、もやし、キャベツ、葉野菜。島豆腐はしっかりしていて崩れないのに、豆腐の持つ柔らかさも併せ持っています。旨味たっぷりでホントにおいしいです。ボリューム満点ですが、おいしいので完食しました。お腹いっぱいです。

ボリューム満点なので、小さな子供連れの場合はオーダーにご注意ください。人数分定食を注文すると食べきれないことになります。

食べきれなかった分は持ち帰ることも出来ます。有料の容器をお願いしてください。

「ななほし食堂」はメニューも豊富なので、いろいろ食べてみたいなと思いました。

「ななほし食堂」へのアクセス

モノレール首里駅から首里城に向かって進み、鳥堀交差点近くの琉球銀行の近くにあります。

住所:沖縄県那覇市首里鳥堀町1-45-2
TEL:098-917-1747
営業時間:11:30~15:00
定休日:土、日。何度か変更になっていますのでインスタで確認ください。
駐車場:お店の前に3台ほど停められます。

error:Content is protected !!