カフェ

那覇ランチ~首里「pico食堂」はカラフルな野菜がおいしいカフェだった

カフェ

首里城の近くは飲食店が探しにくいのですが、探せばあります。

知らないと行きにくい、知ると通いたくなるお店が「pico食堂(ぴこしょくどう)」です。

早速紹介しましょう。

pico食堂はこんなお店

pico食堂はモノレール首里駅のすぐそばにあります。ですが、階段の上にあるビルの2階にあるので、ちょっぴりわかりにくいんです。

ですが、Yumixことユミの法則「わかりにくいお店は良いお店」がありますので、まったく問題がありません。

「安里駅周辺の場所がわかりにくい飲食店」の記事でも、pico食堂を紹介しています。

安里駅周辺の場所がわかりにくい飲食店食べ歩きマップ~山下珈琲店~pico食堂~田舎公設市場南店~牧志そば~CONTE~TAMAGUSUKUCOFFEEROASTER~定食屋Rhizome~呉屋てんぷら屋
なぜか、那覇の安里駅周辺にあるいいお店は場所がわかりにくいんです。戦後の混乱期に市場が出来て、その周辺にお店が出来たからなのでしょうか。真相は不明ですが、説明するのが難しくて聞いても、お店にたどり着けないこともしばしばあります。今日は、那覇の安里駅周辺のおいしくて場所がわかりにくい飲食店をめぐる、食べ歩きマップを紹介します。

階段を昇って、網戸タイプのドアを開けて店内に入ると、テーブル席が3つほどと、窓際のカウンター席のみのこぢんまりしたお店です。

pico食堂でランチを食べました

何度もお邪魔しているので、まとめて紹介します。

pico食堂のメニューはこちらです。

 

 

ランチとセットにすると、ドリンクがとてもお得です。

しばらくお休みだったアルコールメニューも復活していました。

 

ベトナム鶏飯

メニューを見ると、ベトナム鶏飯がありました。シンガポールで食べたチキンライスを思い出し、懐かしくなって注文しました。(1,200円)

カラフルな野菜がたっぷりで、目でも味わえますね。野菜は意識しないと食べないことが多いのですが、これならおいしく食べられます。体が喜んでいるのがわかります。
ソースはピリ辛ですが、別添えになっているので調整がしやすいですね。

ローストポーク

こちらは友人が注文したローストポークです。(1,400円)

少し味見させてもらいましたが、お肉が柔らくておいしいです。うまく映っていませんが、ご飯も添えられているので、ボリュームたっぷりです。

ミートボールのトマト煮

食べたことのないものを注文しようと思って、ミートボールのトマト煮(1,000円)を注文しました。

メニューにサラダ付きとサラダなしがありましたが、pico食堂は野菜がおいしいので、サラダ付きを注文しました。

すると運ばれてきたのがこちらです。

 

ドーン!

お皿からこぼれそうな勢いで、たっぷりのサラダが別皿で届きました。想定外。
でも、新鮮なカラフルな野菜なので、ペロっと食べられるんです。野菜だけでなく、きのこのソテーや豆も添えられています。

お肉の旨味たっぷりの大きめのミートボールがパプリカや玉ねぎの野菜と一緒にトマト煮になっています。これは嫌いな人はいないんじゃないかしら。ニンマリ。

pico食堂のランチセットのドリンクがお得!

ランチを注文するときにドリンクをセットにするとお得です。

ホットコーヒー

セラードコーヒーの豆を使っているホットコーヒーもおいしかったです。

雑味のないスッキリしたアイスコーヒーは、汗が引きますね。これで250円はお得です。

こちらは友人が注文したジンジャーソーダ。ジンジャーがたっぷりでした。

pico食堂へのアクセス

モノレール首里駅の隣のビルです。

住所:那覇市首里汀良町(しゅりてらちょう)3-17 新垣ビル2F

TEL:098-917-2725

営業時間:11:00~18:00

定休日:日曜、月曜

※駐車場はありません。

コメント

error:Content is protected !!